home003.gif

2015年10月03日

アサド政権の延命狙う IS拡大脅威 ロシア空爆

朝日新聞 2015年10月1日

201510036.jpg


プーチン大統領が30日、シリア領内の過激派組織「イスラム国」
(IS)への空爆に踏み切った。ISがロシアにとって無視できない
脅威となっていることは事実だが、中東でロシアが影響力を発揮
するための足場となってきた、シリアのアサド政権の延命を
狙っていることは明らかだ。

空爆は、プーチン大統領がニューヨークで開かれている国連総会
から帰国した翌日というタイミングで始まった。プーチン氏はわずか
半日のニューヨーク滞在中、オバマ米大統領のほか、イラン、
イラク、トルコ、サウジアラビアの首脳と相次いで会談した。
いずれもシリア問題やIS問題に深くかかわっている国々で、
ロシアの対シリア政策をプーチン氏から直接説明したとみられる。

ロシア軍は8月末からシリアに戦闘機を配備するなど、急速に
軍事支援を進めていた。国連での首脳外交を終えた時点で
空爆に踏み切ることを、このころから想定していたとみられる。

ウクライナ東部での親ロ派武装勢力とウクライナ政府軍の衝突は、
これと軌を一にして沈静化している。モスクワ・カーネギー研究所の
トレーニン所長は「おそらく偶然ではない」と指摘する。
ロシアがシリアに専念せざるを得ない状況になったという見方だ。

ロシアはシリアの地中海沿岸タルトスに海軍の補給基地を
持っている。地中海に海軍を展開するための貴重な拠点だ。
武器取引やエネルギー分野でもロシアと深い協力関係に
あったアサド政権が崩壊し、欧米からの支援を受けた反政府
勢力主体とする政権が誕生することは、プーチン氏にとっては
容認できない事態だ。

また、ISにはロシアから約2400人が参加しているとされており、
ISの勢力拡張がロシアにとって深刻な脅威となっていることも
背景にはある。

プーチン氏は30日、アサド氏に対して「自国と自国民のために、
譲歩に向けた柔軟性を発揮することを期待している」と述べた。
政権の崩壊を避けて、事態を軟着陸させたい意向をにじませた。

 (モスクワ=駒木明義)

 ■安保理で米国を牽制

国連安全保障理事会で30日午前(日本時間同日夜)、
シリアやイラクで勢力を拡大するISなど、国際テロの脅威に
ついての自由討論が始まった。直前にシリアでの軍事介入に
踏み切ったロシアは、シリアのアサド政権も含めた関係国との
協力の必要性を強調した。昨年来、アサド政権の同意なく
空爆を続ける米主導の軍事作戦への牽制(けんせい)とみられる。

安保理の9月の議長国はロシアで、ラブロフ外相が議長席に
座った。ラブロフ氏は演説で、シリア軍だけでなく、イラク軍や
クルド人勢力、シリアの一部反体制派の力を結束する必要が
対テロとの取り組みには必要だと述べた。また、プーチン
大統領がシリア国内での武力行使の同意を議会から
得たことも説明した。ロシアはシリアで始めた空爆について、
米国や、米国の有志連合への参加国にも報告済みで、
作戦の効果を最大化するため、各国との情報交換を密に
する姿勢を示した。

ラブロフ氏は、ロシアが対テロで各国が結集する趣旨の
安保理決議案を提出すると宣言した。米主導の対IS作戦が
行き詰まる中、ロシアが主導権を握る意欲を示した形だ。

欧州に流入する難民危機については「根本原因を除去
しなければ、解決できない」として、残虐行為を繰り返す
IS打倒の必要性を重ねて強調した。

一方、米国のオバマ大統領は29日、国連本部でIS対策の
ハイレベル会合を開き、シリアでISを打倒するには
「新しい指導者とシリアの人々を結束できる政権が必要だ」と
述べ、アサド政権の「退陣」を求める姿勢を改めて示した。

オバマ大統領によると、米国主導の有志連合への参加国は
約60カ国に増加しているという。

 (ニューヨーク=金成隆一)

 ■シリア領内での対IS空爆

 <14年9月>

米とサウジアラビアなど中東5カ国の有志連合が空爆開始

シリアのアサド大統領が空爆開始を受け「テロと戦う
国際社会の努力を支持する」と発言

 <15年6月>

有志連合の9カ月間の空爆でIS戦闘員1万人以上を
殺害したと米が表明

 <8月>

 トルコが空爆に参加

 <9月>

 豪、仏が空爆に参加

 ロシアも空爆を開始

関連記事です。
ロシア、IS以外も空爆 シリアで続行、米は懸念

201510044.jpg201510043.jpg

ロシアが1日、シリア領内で過激派組織「イスラム国」(IS)以外の
過激派の拠点を空爆した。AFP通信が伝えた。9月30日に空爆を
始めた際には、標的をISに限定すると説明していた。

シリアのアサド政権延命のため、米国が支援する反体制派を
攻撃している可能性もあり米国とロシアの対立が深まる恐れがある。

AFP通信によると、シリアの治安当局者は1日、ロシアが、シリア
北西部イドリブ県にある国際テロ組織アルカイダ系組織の拠点を
攻撃したと話した。

ロシアのラブロフ外相も同日、米ニューヨークでの会見で
「ロシアはISやその他のテロリストを攻撃している」と述べ、
空爆の対象を拡大する意向を示した。ISへの空爆を大義名分に、
他の反体制派の拠点を攻撃している疑いがある。

30日にシリア中部ラスタンなどで行った空爆でも、米欧などが
支援するシリア反体制派の統一組織「シリア国民連合」の
ハーリド・ホジャ議長が「ロシア軍はISもアルカイダもいない
場所を襲撃した」と、ツイッターに投稿した。米国のカーター国防
長官も「恐らくISの軍は存在しなかった」と話すなど、ロシア側の
説明には疑念が出ていた。

また、ロシアのノーボスチ通信によると、ロシア外務省高官は1日、
イラク政府から要請があれば、イラク領内のISへの空爆も検討
すると述べた。ただ、ラブロフ氏は1日の会見で現時点ではイラクでの
空爆は計画していないとした。

ロシアは、8月末からシリアに自軍の戦闘機を配備するなどアサ
ド政権を支える立場だ。シリアの地中海沿岸に海軍の補給基地を持ち、
武器取引やエネルギー分野でも関係が深い。米国の求めるアサド
大統領の退陣が実現し、欧米が支援する反体制派主導の政権が
誕生することは避けたい。

一方、シリアとイラクの領内では、米国主導の有志連合が昨年から
ISに空爆を続けている。米国のケリー国務長官とラブロフ氏は30日、
ニューヨークで会談。米軍とロシア軍の偶発的な衝突を避けるため、
対話することで一致した。(モスクワ=中川仁樹)

■内戦5年目、入り乱れる

5年目に突入し、国内外で数百万人が避難したシリア内戦は、
様々な勢力が入り乱れて複雑化している。

欧米やトルコが「穏健な反体制派」とみなして支援してきた
「自由シリア軍」は統率力と求心力に欠け、諸勢力はバラバラに
戦っている状態が続いた。その間に台頭したのが戦闘力の
高いアルカイダ系「ヌスラ戦線」。今春以降、自由シリア軍、
ヌスラ戦線を含む集団が反アサド連合を組み、シリア北西部の
イドリブ県のほぼ全域を掌握した。

昨年6月にカリフ(預言者ムハンマドの後継者)制国家を
宣言したISは、今年5月には中部の要衝パルミラをアサド
政権軍から奪った。領域拡大を図るISはヌスラ戦線など
他のイスラム過激派ともたびたび戦闘している。

米軍主導の有志連合はISを標的に昨年9月から空爆を始めたが、
ISの勢いは衰えていない。米国はアサド大統領の退陣を
求める立場だが、アサド政権軍が仮に崩壊した場合、
ISが支配領域を拡大する懸念もある。(カイロ=翁長忠雄)

コメントです。
ロシアの中東への軍事介入の話題です。
誰かが仲介して攻撃の足並みをそろえないと、
むちゃくちゃな状態に陥ってしまうでしょうね。
それでなくても、民間人への誤爆が多数報告
されていますから。




posted by salsaseoul at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 欧州
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/164942753
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック