home003.gif

2015年09月18日

「境界性パーソナリティー障害」に苦しむ人へ 咲セリさんが発信

朝日新聞  2015年9月17日


201509182.jpg

愛する男性に暴力を振るってしまい、自分には生きる価値がないと
自殺未遂を繰り返す……。
感情を制御できない「境界性パーソナリティー障害」=キーワード
に悩んだ女性が、同じように苦しむ人たちへ発信を続けている。
自分の思考・行動のクセがわかれば症状は改善できると訴える。

「親から愛されずに育った私は、性的に求められることでしか
自分に価値を見いだせなかった」
「夫と一緒になっても、私のことなんて好きじゃないんだろう、
捨てればいいと殴り続けてきた」

大阪府内で7月にあった境界性パーソナリティー障害を
テーマにしたフォーラム。
ウェブデザイナーの咲(さき)セリさん(36)は約250人の
聴衆を前に、自身の歩みを語った。

咲さんは現在、夫一臣(かずとみ)さん(41)と6匹の猫と一緒に
暮らす。「自分はこの世にいらない人間だと、長く思い込んできた」

酒を飲んでは「お前なんて失敗作」と罵声を浴びせる父と、
おろおろするばかりの母。リストカットをして死にたいと泣く娘に、
「そんなに死にたいな ら今すぐ死ね」と父は娘の頭を浴槽に
沈めた。咲さんは家を出て援助交際に走り、年を偽って
風俗店に勤めた。
そこだけは自分を認めてくれる「居場所」だっ た。


境界性パーソナル(人格)障害


境界性人格障害(境界性パーソナリティ障害:BPD)は、
1980年代まで精神病と神経症の『中間領域』にある精神疾患と
仮定されており、『境界例(ボーダーライン)』と呼ばれていました。

境界性人格障害(Borderline Personality Disorder:BPD)は、
アメリカ精神医学会のDSM−W−TRで『クラスターB(B群)』
分類される人格障害(パーソナリティ障害)であり、『衝動性・攻撃性』
『気分(感情)の不安定さ・対人関係のトラブルの多さ』などに
大きな特徴があります。

境界性パーソナリティ障害では、『自己アイデンティティ』が拡散して
自分の存在意義や生きがいを見失いやすく、そう いった虚無感や
虚しさの感覚によって対人関係(異性関係)やギャンブル、ドラッグ
(アルコール含む)、食事(摂食障害)などに過度に依存しての
めり込みや すくなるという問題があります。境界性人格障害の
特徴を持っている人は、気分の波が激しく感情が極めて不安定なので、
さっきまで理想化して褒めていたよう な人に対しても、何か自分に
否定的な発言などがあると急に怒り出して、攻撃的な罵倒が
止まらないほどに興奮してしまうこともあります。

境界性パーソナリティ障害(BPD)の人は、
自己愛・依存心・気分・感情を適切に自己コントロールすることが
できないので、『対人関係のトラブル』
『自滅的・衝動的な行動(自傷行為・依存症)』が起こりやすく
なるのですが、BPDの根底にある感情的問題は
『見捨てられ不安・自己肯定感の欠如・孤独耐性の低さ』
などです。家族や知人と付き合っていると、どうしても
批判的・攻撃的になって対人トラブルが絶えないのですが、
BPDの特徴を持つ人は見捨てられ不安や空虚感
(人生の無意味感)が非常に強いので、
『一人で過ごす時間(誰とも関わらずに過ごす時間)』
孤独感になかなか耐えることができないのです。

こういったBPDの見捨てられ不安や孤独感の心理的原因には、
乳幼児期の母子関係で十分な愛情・保護を与えられなかった
ことや児童期の学校生活で『いじ め・暴力(虐待)』などに
遭ったことが関係しているとも言われます。また、感情・気分の
調整と関係して『セロトニン系・ドーパミン系』の脳内の神経
伝達過 程の障害がBPDを引き起こすという仮説や、BPDの
発症に遺伝的素因(先天的要因)が関係しているという仮説が
あります。境界性人格障害(BPD)を抱 えた人たちは、いつも
誰かに温かく見守っていて欲しい、どんな時も家族・恋人・友人に
は自分の味方になって貰いたい、大切な人に見捨てられたく
ないという 強い欲求を抱えていますが、
『激しい感情表現(気分の波)・自己アイデンティティの拡散
(空虚感)・極端な対人評価』
によって人間関係が上手く
いかないことが多くなってしまうのです。


コメントです

境界性人格障害の話題です。
あまり聞きなれない病名ですが、
知人談によると、その知人の
友人にこの病気に該当する
人物がいて、特にその方の場合は、
その病気であることを本人が
絶対に認めないので、いろいろと
大変だそうです。

posted by salsaseoul at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/163888765
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック