home003.gif

2015年09月05日

英国、難民数千人規模で追加受け入れ、キャメロン首相が表明

産経新聞 2015.9.4


シリアなどから多くの難民が欧州に押し寄せている問題で英国の
キャメロン首相は4日、数千人のシリア難民を新たに受け入れる
方針を表明した。滞在先のポルトガルでの記者会見で語った。
キャメロン氏は難民受け入れに消極的な姿勢を見せていたが、
ハンガリーで広がる混乱やトルコの海岸 に漂着した男児の遺体に
関する報道を背景に、英国も難民を受け入れるべきだとの声が
国内で強まっていることに配慮した形だ。

英国は5千人を受け入れる計画を進めていたが、今回の追加で
規模は計1万人前後になる見込み。対象は既に欧州に入った
難民ではなく、シリアの国境付近など にある国連の難民キャンプで
暮らす人に限定される。また、アイルランドのフィッツジェラルド
司法・平等相も4日、新たに少なくとも1800人の難民を
受け入れる方針を明らかにした。(共同)

関連記事です。
「欧州全体で責任分担を」難民問題で独首相


ドイツのメルケル首相は31日、ベルリンで記者会見し、欧州に
押し寄せる難民や移民が急増している問題について
「欧州全体で動き、各国が責任を分かち合わなければならない」と
述べ、受け入れの公平分担を求めた。

メルケル氏は、オーストリアで保冷車から難民ら71人の遺体が
見つかったことについて「われわれの想像を超える残虐行為だ」と
非難。今年中に約80万人の難民申請が予想されるドイツでは、
受け入れを判断する時間の短縮が必要だとした。

ドイツ国内では難民排斥の動きがある。メルケル氏は
「人の尊厳を軽んじる者は容赦しない。彼らの心には冷たさ、
憎しみが宿っている。(難民排斥の)デモを呼び掛ける者に
従ってはならない」と国民に呼び掛けた。(共同)


コメントです。
欧州の難民受け入れに関しての記事です。
特にドイツは、ギリシャの支援だけでも
大変なのに、今後難民の受け入れによる
さらなる負担増加が危ぶまれています。
やはり地学的に、陸続きの国境を持つ国々
(世界中でほとんどですが)は大変ですね。
日本も、「対岸の火事」的な傍観者として
安心せず、今後も世界情勢に照らし合わせて
十分なリスク管理及び政策を取る必要が
ありますね。


posted by salsaseoul at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 欧州
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/162985444
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック