home003.gif

2015年08月14日

学校のトラブル「先生のせい」? 増える共済・保険加入

朝日新聞 2015年8月14日

20150814.jpg


学校のトラブルで訴えられたり、賠償金を請求されたりする事態に備え、
教職員向けの共済・保険加入者が増えている。
従来、責任を問われるのは学校の 設置管理者である自治体や
学校法人だったが、専門家は「個人に責任を求める動きがある」と
指摘。自分の身は自分で守るという意識の高まりが、加入者増の
背景にあるようだ。

教職員賠償共済・保険は「生徒間のケンカの対応が不適切だと
保護者から損害賠償を求められた」など、教職員が業務中の
トラブルで訴えられた際の弁 護士費用や賠償金を補償。
「プールの栓を閉め忘れ、自治体から水道料金の一部支払いを
求められた」「校外学習のため給食を止めるべきだったのに失念した」
など、訴訟に至らないケースの補償もカバーする。

全日本教職員組合共済会が2002年度から月150円の掛け金で
始めた「教職員賠償責任共済」は、初年度の加入者4827人から
14年度は3・8 倍増の1万8479人に。
「大きく宣伝していないのに伸びている」と今谷賢二専務理事は
言う。「個人の責任を追及されるかもしれないという漠然とした
不安 が現場に広がっている」

教職員共済生活協同組合は11年度に参入。死亡保障などを
備えた総合共済に賠償保険を盛り込んだ。掛け金は月100円
増えたが、毎年4千〜5千人 台だった新規加入者は7千人台に
増え、14年度は8500人を超えた。総合企画部の小林康之部長は
「教育現場のニーズに驚いている。危機感は想像以上だ」 と話す。

■教員の「お守り」

本来は自治体など設置管理者がカバーするはずの学校トラブルの
賠償に、教員個人が備える教職員賠償共済・保険の加入者が
増えている。世間の教員に対する厳しい視線を意識し、
「お守り」として加入していると、専門家は指摘する。

関西の60代の元小学校長は現役時代、いじめをめぐる
対応を保護者に批判され、裁判に訴えられた。

 部下の教諭が児童の交換ノートに特定の子の悪口が
書かれていることを知り、記入した児童らを指導したところ、
保護者から「指導にかこつけた虐待だ」と非難された。

訴状にある被告欄には、部下とともに元校長が名を連ね、
「対応が不適切」と1千万円超の賠償を求められた。公務上の
トラブルであり、教育委員会が 守ってくれると期待したが
「訴訟費用は出せない」と言われた。裁判では「小学校側の
対応は合理的で何ら違法なものとはいえない」と勝訴したが、
心は晴れな い。

教員になったころは「保護者が見守ってくれている」という
思いがあった。今は「教育委員会に訴える」と迫る
保護者が増えたと感じる。「みんな、いっぱいいっぱい。
追い詰められ、漠然とした不安を抱えている」と言う。

甲南大教職教育センターの古川治教授(教育経営学)の
研究グループは昨年、大阪府の公立学校長にアンケートし
「訴訟に備えて損害賠償責任保険への 加入が必要と思うか」と
問うた。回答者844人のうち47%が「すでに加入」、28%が
「これから入りたい」と答えた。「校長の75%が自分の身は
自分で 守らなければいけないというのは、いかに現場が
大変かというのを物語っている」と古川教授は言う。

諸富祥彦・明治大教授(教育臨床学)は「学校教育はサービス業で
あるとの認識が広まり、保護者や地域の目は厳しさを増している。
かつて教員は安定志向の人が就くことが多かったが、もはや
覚悟が必要だ。ストレスばかり増す教員にとって、
保険はお守りのようなものだろう」と話す。(長野佑介)

■教職員賠償の給付例

学校行事の駐車場用地として、教員が空き地の草刈りを
していたところ、石が飛んで隣接の駐車場の車数台を
傷つけてしまった

・卒業アルバム作成時に生徒の名前に誤りがあったが
発見できず、修復が必要になった

・運動会の組み体操の練習中、生徒がメガネを外して足元に
置いていたところ、気づかず踏んで壊してしまった

・校外学習のため給食を止めるべきだったのに失念した

※教職員共済への取材による。学校や教育委員会の判断に
よって必ずしも個人負担になるとは限らない


関連記事です。
「先生触らないでください」 教え子らへのセクハラ深刻


201508141.jpg

 学校の教職員による性的な嫌がらせ「スクールセクハラ」が
深刻化している。わいせつな行為で懲戒処分や訓告を
受けた公立学校の教職員は2013年度、初めて
全国で200人を超えた。私立学校は含まれず、
「氷山の一角」だ。

「俺に見放されたら、お前は終わるぞ」

 「そんなにベタベタ触らないでください!」

 数年前、都内の高校に通っていた20代の女性は
初めて、その男性教諭に強い口調で抗議した。
この教諭は授業中、女性の肩をもんだり頭をなでたり、
ほおや足を触ったりしてきた。

その様子は、他の生徒も目撃していたが、教諭は気に
していないように見えた。女性は「これってセクハラじゃ
ないの?」と迷いながら、受験への影響も考え、耐えていたという。

だが、この日は我慢できなかった。教諭が女性の机に
近づいてきて、制服のブラウスの中に手を入れ、背中を
触ってきたのだ。女性が抗議すると、教諭はこう言った。
「俺に見放されたら、お前は終わるぞ」

翌日から、学校に行けなくなった。眠れなくなり、食欲も
なく下痢を繰り返した。嘔吐(おうと)が止まらないこともあった。
心的外傷後ストレス障害(PTSD)と診断された。

教諭は退職したが、教え方は上手で、人気があったため、
女性を責める同級生もいた。「なぜ私が責められるのかと
思うと、むなしかった」と女性は言う。卒業後に1浪し、
知人のいない遠方の大学に進学した。

両親の後押しで裁判に訴えた後も、苦痛は続いた。
教諭は、女性が反抗的な性格だったと非難し、
「スキンシップだった」「親しみを込めた表現だっ た」などと
主張。頭以外を触ったことは認めなかった。裁判所は、
不快感を与える身体的な接触があったことを前提に
和解を勧め、数十万円の支払いで和解し た。

今は会社員として働く女性は「誰かが嫌だと言わないと、
また同じことが起きると思った。友人を失ったのは
つらかったけど、訴えたことで自信につながった」と話す。

性暴力に詳しい打越さく良弁護士は「セクハラを訴えると、
被害者が人格攻撃され、品行方正な女性だったかどうかを
問われる構図がある」と二次被害を指摘する。
「周りの人が説得して泣き寝入りしているケースも多い」という。

■公立校教職員の処分最多

 「部活のときに触る」「肩をもむ」「身体的な特徴を言う」……。
教員と保護者が班になり、スクールセクハラにあたる
と感じる行為を挙げていった。

17日、大阪市の市立我孫子中学校(生徒数444人)で
あった人権の研修会。講師は、NPO法人
「スクール・セクシュアル・ハラスメント防止全国ネットワーク」
代表の亀井明子さん(67)だ。学校とPTAが「若い先生にも、
職を失う前に知っておいてほしい」と開いた。
30代の男性教諭は「セクハラになるかどうかの感覚が人に
よって違うと分かり、役に立った」と話した。

文部科学省の調査では、13年度に全国の公立小中高校や
特別支援学校で、強制わいせつや盗撮などで
懲戒処分・訓告を受けた教職員は過去最多の205人
(うち免職は117人)。私立や国立の学校は調べていない。

わいせつ行為の相手は、「自校の生徒」が77人(38%)で
最多。「自校の児童」(16人)などを含めると、「教え子」は
半数にのぼる。内容は「体に触る」が56人で最も多かった。
電子メールなどによる性的嫌がらせも増えている。

文科省が、現在と同じ方法で集計を始めた1988年度は
17人だった。01年に兵庫県の公立中学校の男性教諭が、
大阪市の中学1年の女子生徒に手錠をかけて連れ回し、
死亡させた事件が起きた。
これを機に、「原則として懲戒免職」という厳罰化に転じた。

広島県では08年、多数の女児に強姦(ごうかん)などを
繰り返していた小学校教諭が逮捕された。
県教委は09年、スクールセクハラと体罰の相談窓口を設置。

教職員向けの研修マニュアルも作り、各学校で実施している。

神奈川県は06年度から、県立学校の生徒を対象に、3年おきに
セクハラアンケートを実施し、被害の把握に努めてきた。
13年度からは毎年に変更。14年度の「先生」からの被害数は
19件と、前年度の36件から減少した。「アンケートを配布する
ことで、抑止効果にもつながった」とみる。

ただ、こうした対策は自治体によって差がある。
亀井さんは「200人の処分でも、1人が2人に加害行為を
していれば、被害者は倍になる。
表に出ているのは氷山の一角」とみる。

同ネットは、教員や児童心理の専門家らで98年に結成し、
母親を中心に年間約100件の相談がある。
だが、学校に訴えられない母親らが目立つ。処分されずに
教諭が転任し、別の学校で繰り返すこともあるという。

横行する理由について、元教諭の亀井さんは
「指導という名目での身体接触が多いため」と話す。
多いのは演劇部やコーラス部など、部活動の場面。
体に触りながら稽古したり、「全国大会に出るため」などと
正当化したりする例だ。

被害を受けたら、どうすればいいのか。

 亀井さんはまず校長への相談を勧める。
信頼できない場合は、先に教育委員会に相談してもいい。
ただ、「なかったこと」にされるケースもあるため、
同ネットのような第三者にも相談しておくと安心だという。
学校の対応は改善されてきたといい、
「今後は予防に力を入れてほしい」と期待する。(杉原里美)





コメントです。
十数年前から「モンスターペアレント」なる言葉が
生まれ、そして関連記事にあるように、性犯罪を
犯す犯罪者教師も相当数出てきて、いずれにしても
社会が相当病んでいますね。
最近の教育現場は、客観的に見て勝者はなく、お互いが
傷つけあう場所になって感があります。
もちろん、まじめに頑張っている方々が大部分なのは
間違いありませんが、何か、以前はなかった気持ち悪い
雰囲気が教育現場にあるのも事実です。





posted by salsaseoul at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本・社会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/161578311
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック