home003.gif

2015年08月05日

世界各地を熱波襲う イランで体感温度74度、インド2300人死亡、アルプスの氷河ピンチ

2015年 8月5日 産経新聞


20150805.jpg
パキスタン南部カラチで、病院に運ばれる熱中症患者


日本で猛暑日が続く中、世界各地も記録的な熱波に
見舞われている。イランでは体感温度74度という
「天文学的」(米紙ワシントン・ポスト)な暑さを記録したほか、
欧米では山火事が相次いだり氷河の解けるペースが
速まったりしている。

イラン南西部のペルシャ湾に面したバンダルマズハーで
は7月31日に気温が46度となり、湿度などを加味した
体感温度は74度に達した。同紙によると体感温度に
関する公式記録はないが、2003年7月にサウジアラビアで
観測された81度に次ぐ数値とみられる。

 AP通信などによると、イラクの首都バグダッドでは
7月30日、気温が52度に達した。政府は酷暑の
予想を受け、同日から4日間を公休日とすることを
急遽 (きゅうきょ)決定。03年のイラク戦争以降、
同国では発電設備の破壊などで電力不足が深刻化し、
クーラーや扇風機が満足に使えない状態だ。

ただ4日には南部アマラで、暑さと電力不足に不満を
募らせた市民らが街頭でアバディ政権を批判するなど
反政権デモが頻発。イスラム教スンニ派過激組織
「イスラム国」の支配地域奪還を目指す政権に
とり頭の痛い問題となっている。

 一方、インドでは1年で最も気温が高くなる4〜6月、
熱波による死者数が記録のある1990年以降最悪となり、
インド政府は5日、2037が熱中症などのため死亡したと
発表した。パキスタンでは6月、南部シンド州を熱波が襲い、
州当局によると1200人以上が死亡する過去最悪の事態となった。

欧米でも熱波の影響は深刻だ。米ニューヨークでは7
月29日、同日の気温としては過去3位タイとなる35.6度を
記録。オーストリアでは気象当局が「過去248年の
観測史上で最も暑い7月」と認定した。

スペインでも7月上旬、気温が記録的な水準に上昇。
国内各地では山林火災が発生し、焼失面積は少なくとも
計1万5千ヘクタールとも報じられている。

欧州の専門家は最近の調査の結果、世界各地で近年、
氷河が解けるペースが加速していると指摘。
アルプス地方では「氷河が数キロも後退している」とし、
特に深刻な現象とも警告した。
(西見由章、ニューデリー 岩田智雄、ベルリン 宮下日出男)


コメントです。
つまり、世界中、どこにいっても
猛暑からは逃れられないようです。


posted by salsaseoul at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 南アジア・インド周辺国
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/160310835
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック