home003.gif

2015年08月02日

インドとバングラデシュが領土交換―住民「権利取り戻せる」

 【クリグラム(バングラデシュ)】インドとバングラデシュが国境付近の
飛び地領土を交換した。5万人を超える人々に事実上の無国籍
状態を強いた長年の問題が解消された。

両国を分ける約4000キロメートルの国境は非常に入り組んでいる。
歴史の気まぐれのせいで一方の領土がもう一方の領土に完全に
取り囲まれた飛び地がいくつもあるからだ。

8月1日午前0時になると、バングラデシュ領内にある111の
インドの飛び地と、インド領内のある51のバングラデシュの
飛び地は新たな国旗を掲げた。
飛び地の住民は今の土地に残って国籍を変えるか、
自国領内に移住するかのどちらかを選ぶ。

バングラデシュ政府関係者が発表した数字によると、
ほとんどの住民が住んでいる土地にとどまるという。
バングラデシュ・クリグラム県の地元政府関係者によると、
移住後の生活への不安からインドでもバングラデシュでも
多くの住民が移住を選ばなかったようだ。

インドのクーチ・ビハール県内の飛び地カララに住む
アブドゥル・ジャリルさん(51)は土地を守るために
バングラデシュからインドに国籍を変えるという。
仕事は農業だ。

ジャリルさんは「私はここで生まれ、父と祖父はここで
死んだ」と話す。カララは十数軒の住宅とジュート畑と
田んぼがあるだけの狭い土地だ。
「土曜(8月1日)から私はインド人だ」。

カララは今では正式にインド領になったが、これまで飛び地の
中の飛び地という珍しい土地だった。
広さ約13平方キロほどのバングラデシュ領はインドの領土に

囲まれ、そのインド領もバングラデシュとの国境に囲まれていた。

飛び地は他に例を見ない歴史の歪みから生まれた。
歪みは修正されず、18世紀にこの地域を治めていた王国間の
政治的取り決めによって陸の孤島は別国に囲まれたまま残された。

インドが1947年に英国から独立し、インドとパキスタンに
分離すると、各地域は帰属する国を選ぶことが認められた。
周辺が別の国への帰属を決めた地域は本土から切り離され、

新たな国境線が引かれた。バングラデシュは1971年に
パキスタンから独立した。

1970年代以降、インドとバングラデシュは何度も飛び地解消に
乗り出したが、具体的な方法で合意できなかった。
今年6月になってやっと両国は土地交換で最終合意に達した。

本土から切り離された飛び地には行政機能もインフラも
ほとんどなく、住民は両国のはざまに取り残された。
ジャリルさんは子どもの頃、バングラデシュ人であることを隠し、
国境警備隊員の目を盗んで国境を越えてインドの学校に通った

そうだ。

「厳密には私はバングラデシュ人だったが、どちらの国にも
承認されていなかった」。

インド領内の飛び地に暮らすバングラデシュ人で、インドへの
国籍変更を選んだ住民は約1万5000人。
ジャリルさんもその1人だ。
バングラデシュ領内の飛び地では、約3万7000人のインド人の
大多数が移住より国籍変更を選んだ。

バングラデシュ・クリグラム県内の飛び地Dasiacharaに
住むMadhusudan Mohantoさん(58)は言う。
「私たちには病院も学校も電気も何もなかった。
これからは権利を取り戻せる」

ジャリルさんはイスラム教徒、Mohantoさんはヒンズー教徒だ。
いずれも、自らが少数派となる国の国籍を選んだ。

Dasiacharaでは284人がインド領への移住を申請した。
カシェム・アリさん(65)は今後2、3週間のうちに妻と子ども
3人を連れて移住する。しかし、2人の兄弟と娘1人は飛び地に
残って国籍をバングラデシュに変更する。

アリさんは「私は家を離れるが、インドで新しい人生を手に
入れることを願う」と話した。


コメントです。

インド、パキスタンの領土スワップの話題です。

バルカン半島のように、内戦が起きなくてよかったですね。
地理上、どうみてもイビツな状態を、
話し合いで和解できた
わけ
ですから。




posted by salsaseoul at 15:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 南アジア・インド周辺国
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/159164914
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック