home003.gif

2015年07月23日

中国ガス田施設、東シナ海に16基 日本政府が写真公開

朝日新聞 2015年7月22日


201507231.jpg

政府は22日、東シナ海の日本と中国の中間線近くの中国側海域で
中国が進めているガス田開発について、2013年6月以降に確認
した12基を含む施設計16基の写真を公開した。
菅義偉官房長官は同日の記者会見で、「中国が一方的に資源
開発をすることは極めて遺憾だ」と批判し、開発の中止を強く
求めていく考えを示した。

東シナ海では日中の排他的経済水域の 境界をめぐり、日本が
両国海岸から等距離の中間線を、中国がより東側の大陸棚
沿いを主張。ガス田は中間線をまたいで広がっている可能性が
あることから、そ の扱いが懸案となり、両国政府が08年
6月にガス田の共同開発をめざすことなどで合意した。
しかし、合意の実現に向けた交渉は沖縄県尖閣諸島沖で
中国漁船が日本の巡視船にぶつかる事件が起き、中断している。

写真は外務省のホームページ(HP)上に公開された。
すでに把握していた4基と、この2年間で新たに確認された
計12基の写真で、大型クレーンやヘリポートのようなものを
備えた海上の施設が写っている。

新たに確認されたのは、13年6〜10月に3基、
14年4〜8月に5基、15年3〜6月に4基で、いずれも、
日本が境界線と主張する中間線より中国寄りの海域で
建設されていた。HPには、各施設の位置を示した
地図も掲載されている。

菅氏は写真の公開は安保関連法案の必要性を訴える
ためかと問われ、「(中国の)開発行為がいまだにやまず、
一方的現状変更に内外の世論が高まってきているので、
もろもろ考えて判断した」と述べた。

 安倍晋三首相は9月初旬に中国を訪問し、習近平国家
主席と首脳会談することを検討している。
訪中への影響について、菅氏は会見で「(影響は)ないと
思っている。合意に基づいて話し合いをするよう様々な
機会をとらえて求めていきたい」とした。(星野典久)



関連記事です。

中国大使「紛争のない海域」と主張 米「地域を不安定化」


中国の程永華駐日大使は23日、日本記者クラブで会見し
日本政府が22日に、中国による東シナ海ガス田開発の
新たな証拠写真を公表したことについ て、日本政府が
発表した場所は「(日中間で)全く紛争のない海域で、
日本から異を唱えられる余地はない」と述べ、この地域での
開発は中国側の合法的な権利 との認識を示した。

この件に関し中国外務省の陸慷報道官も22日、
「日本のやり方はことさらに対立をつくる意図があり、
両国の関係改善に何ら建設的な意義を持たない」との
談話を発表している。

 一方、米国務省のカービー報道官は22日の記者会見で、
「地域を不安定化させる全ての行動は停止してもらいたい」と
述べた。

ただ、日中の主張の違いに関し、米政府として「特定の
立場を取るつもりはない」とし、日中双方が「平和的かつ
外交的に解決してほしい」と強調した。

中国が東シナ海の日中中間線の中国側海域でガス田の
開発を進めたのを受け、日中両国は2008年に共同開発で
合意した。ただカービー氏は、中国側が合意に 反した
行動を取っているかどうかに関しては報告に接していないとし、
言及を控えた。(北京 川越一、ワシントン 加納宏幸)

コメントです。
東シナ海の中国ガス田増設の話題です。
たしかに急に建設数が増えているのを
知らされたらインパクトがありますが、
このタイミングで発表されても
安保法案のアシスト材料としか
思われませんね。
もう少し効果的な抗議方法を
取ったほうが国民には好印象だと思いますが。






posted by salsaseoul at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本・政治 経済
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/155910264
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック