home003.gif

2015年07月17日

新国立競技場 首相「計画を白紙に戻す」

NHK 7月17日

安倍総理大臣は、総理大臣官邸で、記者団に対し、
東京オリン ピック・パラリンピックのメインスタジアムと
なる新しい国立競技場について、「現在の計画を白紙に
戻し、ゼロベースで計画を見直すと決断した」と述べ、計画を
見直す方針を表明するとともに、下村文部科学大臣らに新しい
計画を速やかに作成するよう指示したことを明らかにしました。
2020年の東京オリンピック・パラリンピックのメインスタジアムと
なる新しい国立競技場の建設を巡っては、費用が基本設計より
およそ900億円多い2520億円になることが決まったことに対して、
計画の見直しを求める声が与党内からも出ています。

こうしたなか安倍総理大臣は17日午後、一時間半余りに
わたって総理大臣官邸で、大会組織委員会の会長を務める
森元総理大臣と会談し、途中から下村文部科学大臣と
遠藤オリンピック・パラリンピック担当大臣も加わりました。

このあと安倍総理大臣は、記者団に対し、「2020年の
東京オリンピック・パラリンピックの会場となる、新国立
競技場の現在の計画を白紙に戻し、ゼロベースで計画を
見直すと決断した」と述べ、計画を見直す方針を表明しました。
そのうえで、安倍総理大臣は「オリンピックは国民皆さんの
祭典だ。主役は国民一人一 人、そしてアスリートの皆さんだ。
だから皆さんに祝福される大会でなければならない。
国民の皆さん、またアスリートたちの声に耳を傾け、
1か月ほど前から 計画を見直すことが出来ないか検討を
進めてきた」と述べました。

そして、安倍総理大臣は「手続きの問題、国際社会との関係、
東京オリンピック・パラリンピック開催までに工事を終える
ことができるかどうか、またラグビーワールドカップの開催
までには間に合わなくなる可能性が高いという課題もあった。
本日、オリンピック・パラリンピックの開催までに間違いなく
完成することができると確信したので決断した。オリンピック
組織委員会の森会長の了解もいただいた」と述べました。

一方、安倍総理大臣は「ラグビーワールドカップには
残念ながら間に合わせることはできないし、会場として使うことは
できないが、今後とも、ラグビーワールドカップに国として
しっかりと支援していくその考えに変わりはない」と述べました。

そして、安倍総理大臣は「オリンピックにおいて、まさに世界の
人々に感動を与える場に新しい競技場をしなければならないと
いう大前提のもとに、できるかぎり コストを抑制し、現実的に
ベストな計画を作っていく考えだ」と述べました。
そのうえで、安倍総理大臣は「大至急、新しい計画を作らなければ
ならない。先ほ ど下村文部科学大臣と、遠藤オリンピック・
パラリンピック担当大臣に、直ちに新しい計画づくりに取りかかる
ように指示をした。2020年の東京オリンピッ ク・パラリンピックを
国民みんなで祝福できる、そして世界の人たちから称賛される
大会にしていきたい」と述べました。

森組織委員会会長「大変残念」

東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の
森喜朗会長は、新国立競技場の計画見直しについて、
「組織委員会は、どういう競技場でも要はアスリートたちが
しっかり競技できればいいので、スタイルや形にこだわりは
ない。日本のスポーツの聖地として、世界に発信できる
最高のスポーツ施設になってく れるというふうに夢を
描いていただけに、そういうものが必要ないとなったの
だとしたら、それは大変残念に思う」と話していました。

森会長は今月、 マレーシアのクアラルンプールで
開かれるIOC=国際オリンピック委員会の総会で
今回の見直しを報告する予定で、「IOCには事情を
説明しなければいけな いが、国立競技場の費用を
縮減させることは、コスト削減を進めるIOCの改革の
趣旨にむしろ沿っていると言っていいのではないか」との
認識を示しました。

また、ゼロベースでの計画見直しに関連し、「以前の
コンペの2番手や3番手の案を採用するのがいいのでは
ないかと安倍総理に進言したが、『そっちのほうが
高くなる』とずばり言った。だから『ゼロからやる』ということ
だった。官邸は2020年4月には完成という計画を
持っていたのでお任せするだけだ」と話していました。

膨らむ建設費に批判強まる

新国立競技場の最初のデザインは2012年11月、建
築家の安藤忠雄氏が委員長を務めた審査委員会で、
建設費を1300億円とする想定のもと、 イラク人
女性建築家、ザハ・ハディドさんの作品を最優秀賞に
選びました。しかし、ハディドさんのデザインを忠実に
再現した場合、費用が想定の2倍を超える 3000億円に
上ることが分かり、去年5月にまとまった基本設計では、
当初のデザインと比べ、延べ床面積を25%程度縮小
するなどして1625億円まで費用を圧縮しました。

その後、競技場の建設に向けて解体作業が進められて
いましたが、建築資材や人件費の高騰なども加わり、
工事を請け負う予定の建 設会社の試算で、そのままの
計画では費用が3000億円を超えるとともに、工期も
間に合わないことが分かりました。このため国は、
斬新なデザインの象徴と なる「キール・アーチ」と呼ばれる
弓の形をした柱は残す一方、開閉式の屋根の設置を、
東京オリンピック・パラリンピックの終了後に先送りするなど、
費用の 圧縮に向けた調整を進め、建設費は基本設計
からおよそ900億円多い2520億円になることが決まりました。

しかし、2520億円という建設費 は、過去のオリンピックの
メインスタジアムと比べておよそ5倍から8倍と極めて高額で
あることなどから批判が噴出し、NHKの世論調査では建設
計画に納得 できないと答えた人が81%に上りました。
また、野党だけでなく、与党からも建設費が膨らんだことへの
批判が強まり、16日開かれた自民党の各派閥などの会合や、
17日開かれた自民党の内閣部会と文部科学部会の合同
会議でも、政府に対し、計画の見直しを求める意見や
政権運営への影響を懸念する声などが相次ぎました。

JOC「公約違反に当たらず」

国立競技場に関連し、改築計画を見直した場合、
「招致の際の国際公約に違反する」との指摘が
あることについて、JOC=日本オリンピック委員会は
「デザインや工期の変更が違反に当たることはない」と
いう認識を示しています。

東京大会の招致の際、IOC=国際オリンピック委員会に
示した「立候補ファイル」からの開催計画については、
競技会場の変更などすでに見直しされたケースが
出ています。

今回の国立競技場のデザインを含む改築計画の
見直しについて「招致の際の国際公約に違反する」
との指摘もありますが、JOCによりますと、計画を
変更した際 はIOCへの報告と承認が必要なものの、
大会の実施を妨げる内容でない限り、競技会場の
デザインや工期の見直しなどがただちに国際公約の
違反に当たることはないということです。

JOC会長「選手第一に考えて」

JOC=日本オリンピック委員会の竹田恒和会長は、
安倍総理大臣が新国立競技場の建設計画を見直す
方針を示したことについて「公約に沿った競技場が
実現できることが理想だが、IOCのオリンピック改革に
照らせば、費用がいくらかかってもいいわけではない。
先月、IOCのバッハ会長と新国立競技場について電話で
話した時も、『デザインが争点ではなく、日本のテクノロジーで、
レガシーとしていいものを残すことが大事だ』と言っていた。
そのことは下村文部科学大臣に伝えたが、『今からでは
見直しは間に合わない』ということだった。
大会に間に合い、選手を第一に考えてすばらしい施設を
作ると検討するなら ば、国民にも理解してもらえれるので
はないか」と話しました。そのうえで、「8万人の座席は、
デザインと関係ない公約なので、守らなければならないし、
プ レ大会も開かなければならない」と述べ、プレ大会の
時期については、「オリンピックの1年前の7月、8月が
理想だが、ずれて翌年になっても、条件は満たすと思う。
サッカーと陸上の2競技が考えられ、時期は今後、
それぞれの連盟と交渉していく」と話していました。

関連記事です。

新国立競技場の建設問題は2520億円で決定と
報じられました。元々の計画は開閉式全面屋根付き
8万人規模のスタジアムでしたが、建設コストと建設
期間を縮めるため、当初開閉式屋根なし簡易着脱式
観客席1万5千人込で8万人とされています。

一方、日本サッカー協会は可動式の観客席の常設で
8万人規模の競技場建設を求めています。これには
FIFAワールドカップ開催規定によるものです。

FIFAワールドカップ開催国の会場要件

FIFAワールドカップの開催には以下の会場が
必要になります。

・収容4万人以上の会場12カ所
・準決勝は6万人以上の会場
・開幕戦と決勝戦は8万人以上の会場

2002年の日韓ワールドカップでは7万人規模の横浜国際
総合競技場で行われました。現在は会場要件が8万人に

上がっているため、開幕戦と決勝の会場として使える8
万人規模の競技場にすることを日本サッカー協会側は
求めているわけです。

しかし8万人規模にするには建設費も建設期間も
増えてしまうため妥協した案になったようです。建設費と
建設期間を抑えるためにキールアーチを使わない案を
推す声もありましたが、これら一連のニュースの中で
この秋完成予定のガンバ大阪新スタジアムが話題に
出ることがありました。

ガンバ大阪の新スタジアム

話題に挙がるのは、ガンバ大阪の新スタジアムが
4万人規模でありながら僅か140億円で建設される
からです。現在新国立競技場で試算されている
建設費・2520億円あれば17個以上作れることに。
概要は以下の通りです。

・4面屋根付きサッカー専用スタジアム
(ピッチから観客席までは規定ギリギリ)

・建設場所 吹田市千里万博公園
・総事業費 約140億円(寄付及び助成金)
・収容人数 4万人(予定)
収容人数4万人で完成すれば、ワールドカップや

オリンピック、代表の親善試合など国際試合でも
使用可能。陸上競技用トラックのないスタジアムとしては、
さいたま、豊田、カシマに次ぐ規模のスタジアムとなります。

この秋完成し、来年こけら落としが行われそのまま
来シーズンガンバ大阪のホームスタジアムとして
使用される予定です。スタジアム自体は吹田市に物納の
形で寄付され、吹田市立スタジアムとなりガンバ大阪は
その指定管理業者として運営にあたる形。これで固定
資産税をガンバ大阪が支払うことはなくなりますが、
吹田市は無料で公共施設を手に入れることができ、
災害時には緊急避難場所としても活用もされます。

寄付は個人・法人合わせて約105億円を集め、totoを
始めとする助成金を約35億円受けています。
toto助成金の規約変更でスタジアム建設にも使えるように
なったおかげで、他にもこの助成金でスタジアム計画が
いくつか挙がっています。

新国立競技場もtoto助成金を125億円(25億円×5年)を
既に組み込んでいて、さらに規約変更で助成金に投入できる
金額割合を増やすであるとか、売上げアップのために
野球くじも新設しようなどの案が出ています。

このままでは中途半端な新国立競技場

このままの計画で建設されると、莫大な費用がかかって
ワールドカップ開催はできない競技場が出来上がって
しまい、いかにも中途半端です。toto助成金を使うなら
全国にサッカー専用スタジアムやスポーツ施設を作った方が
日本全体にはプラスではないでしょうか。


コメントです
安部首相、思ったとおり、
安保法制衆院強引通過後に、
新国立競技場の計画白紙を
発表しましたね。
まあ、世論の声からすれば
当然だと思います。
ところで、施工業者について
あまり話題されませんが、案外、
計画が白紙になってほっとして
いるかもしれません。
なぜならば、2520億円の見積もりを
ふっかけてみたものの、実はその予算内では
建設不可の可能性さえありますから。
いずれにしても、官民ともに実力以上の
計画は立てるべきではないですね。





posted by salsaseoul at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本・政治 経済
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/153690375
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック