home003.gif

2015年04月26日

ひとり親への児童扶養手当、「事実婚」確認に基準 厚労省

2015年4月25日 朝日新聞

ひとり親に支給される児童扶養手当について、「事実婚」の状態か
どうか生活実態を確認して判断し、適切に支給するよう求める
通知を厚生労働省が各都道府県に出した。
シェアハウスに住んでいる場合など、自治体が判断に迷う
ケースが増えているためで、判断の具体例も示した。

児童扶養手当は一定の所得以下のひとり親や養育者に対し、
子ども1人の場合は最大で月4万2千円が支給される制度。
2014年3月末時点の受給者数は約107万3千人いる。
ただひとり親が事実婚の状態にある場合は支給されない。

通知を出したきっかけの一つは、東京都国立市の判断だ。
昨年12月、シェアハウスに長女と入居するひとり親の女性に対し、
別の部屋に親族以外の異性が同居していることを理由に
事実婚と見なし、児童扶養手当と都の児童育成手当の支給を
停止した。これに疑問が投げかけられ、国立市は支給を再開。
厚労省は、親族以外の異性との同居などを理由に手当を
支給するか判断に迷った例がなかったかどうか自治体に
調査したところ、約100件あった。

通知では「機械的な判断」はせず、生活実態を確認して判断する
ことを要望。居住形態ごとに事実婚かどうか判断する基準を8例
示した。例えば、シェアハウスでは「個室スペースに施錠が可能」
「光熱水費など生計を異にしている事実がある」場合は支給停止の
対象にならないとした。家の間取りや生活状況などを確認し、
個別に判断してほしいとした。

 (畑山敦子)

 ■事実婚とみなさない主な事例(厚生労働省通知から)

 住まいの形態/事実婚とみなさない条件

     *

異性が入居しているシェアハウスなどにひとり親家庭が住む場合
/入居者がそれぞれ別世帯であると賃貸借契約書で確認できたり、
光熱水費の利用料が案分されていたりする場合

離婚後、元夫は実際には住んでいないが住宅ローンの支払いの
ために住民票を移動していない場合/現地調査や元夫の今の
住居の賃貸借契約書など、同居していないことが確認できる

ひとり親と前夫が部屋は別だが同じマンションに住み、子どもが
定期的に行き来している場合/子どもが行き来するだけなら
事実婚とみなさない。頻繁に訪問しあったり、生活費を
したりしている場合は事実婚とみなす


コメントです。
最近、生活苦のために偽装離婚する方々も
増えていますが、今日の記事に関しても、それなりに
理由があって該当ケースが増えたことにより、
地方自治体も無視できなくなったのでしょうね。

[PR] ソウル! ソウル! ソウル!
[PR] シリーズ・サルサ ソウル発 あじさい文庫 公式紹介サイト
[PR]サルサソウル発・無 料ダウンロード 

[PR]ヴィンテージジャージ専門のVanves
[PR]プラスチック成型 山八化成工業所
posted by salsaseoul at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本・社会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/123763951
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック