home003.gif

2014年12月31日

花粉症、食べて緩和? 慈恵医大など研究 成分含んだコメ、免疫反応を抑制

朝日新聞  2014年12月28日05時00分

20141231.jpg

 スギ花粉の成分を含ませたコメを毎日食べると、花粉症を起こす
体の免疫反応が抑えられた、とする研究を東京慈恵会医科大などが
まとめた。免疫細胞が少しずつ花粉に慣れ、花粉を「異物」と
認識しなくなった可能性があるという。研究チームは、コメから
抽出した成分を薬として実用化することを目指している。

このコメは農業生物資源研究所や日本製紙、サタケが遺伝子組み換え
技術を使って開発した「花粉症緩和米」。慈恵医大の斎藤三郎・
分子免疫学研究部長らは昨年12月から今年5月まで、花粉症患者
30人を対象に効果を調べた。

この結果、緩和米80グラムを毎日食べた人は花粉の飛散が始まっても
スギ花粉に反応する免疫細胞がほとんど増えなかったのに対し、
普通のコメを食べた人は、研究開始時に比べ3〜4倍に増えていた。
副作用は特になかった。

アレルギーの原因となる物質を少しずつとり体を慣れさせて体質改善を
目指す治療法は減感作療法と呼ばれる。
スギ花粉を原料とする薬も発売されている。

農業生物資源研究所ではさらに効果を高めた「花粉症治療米」を
開発した。コメのままでは安定して保管しにくく、薬局にも置きにくい
ことなどから、研究チームは、この米を原料にした花粉症の薬の
開発を目指している。高野誠・遺伝子組換え研究センター長は
「来年度にも治験を始めたい」と話す。

国立病院機構相模原病院の海老沢元宏アレルギー性疾患
研究部長は「血液中の免疫細胞の増殖が抑えられても症状が
抑えられるかどうかはわからず、この点の検証が必要だ」
と話している。    
(岡崎明子)

コメントです。
反対している方々も多いようです。


参考リンク
花粉症にサヨナラ〜あなたは食べる?遺伝子組換え米〜





[PR] ソウル! ソウル! ソウル!
[PR] シリーズ・サルサ ソウル発 あじさい文庫 公式紹介サイト
[PR]サルサソウル発・無 料ダウンロード 

[PR]ヴィンテージジャージ専門のVanves
[PR]プラスチック成型 山八化成工業所

posted by salsaseoul at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/109386560
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック