home003.gif

2018年06月24日

草木に飲み込まれた廃漁村、中国

AFP 2018年6月24日

201806242.jpg

【6月24日 AFP】中国では乱開発によって自然が片隅へと
追いやられつつあるが、そうした中、いつの間にか未開拓の
地に戻ってしまったかのような地方の村がある。
シェンシャン島の後頭湾村は、かつて漁村として栄えていた。
だが、今では誰もいなくなり、急な斜面に張り付くように建っている
頑丈なレンガ造りの家を、青々とした植物が完全に覆ってしまっている。
村を再び征服した植物を唯一煩わせるものは、観光客の一団だ。
東シナ海を臨むおとぎ話のような村を見ようと、
140キロ離れた上海からやって来る。
後頭湾村は1950年に作られ、豊かな水産資源により
何十年も繁栄していた。だが、漁に大きな船舶が使われるように
なると村の港は小さすぎ、漁船は近くの港に移された。(c)AFP

コメントです。
これも楽しい記事ですね。
地域に人工的に開発を加えても、
ちょっと手をいれないとあっという間に
森に戻ってしまいます。
しょせん、人の手なんて
たかがしれているということですね。


Kindle版 サルサソウル発.jpg

Google Play版 サルサソウル発.jpg

楽天Kobo版 サルサソウル発.jpg

あじさい文庫だより Facebook.jpg

ヴィンテージジャージ専門のVanves.jpg

プラスチック成型 山八化成工業所.jpg
posted by salsaseoul at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

サウジアラビアで女性の運転解禁

AFP 2018年6月24日

201806241.jpg

【6月24日 AFP】世界で唯一、女性の運転を禁止してきた
サウジアラビアで24日、女性の運転が解禁された。
保守的な産油国サウジアラビアの近代化を図る
ムハンマド・ビン・サルマン皇太子による改革の一環で、
社会的流動性に新時代をもたらすとみられる歴史的な動きだ。

数十年にわたって女性に対する抑圧の象徴だった運転禁止の
終わりにあたり、大勢の女性がハンドルを握ろうとしている。
薬学生のハトゥン・ビン・ダヒさん(21)はAFPに対し「運転手を
長時間待つ時代は終わった」「もう男性は必要ない」と語った。
女性の運転解禁は多くの女性に人生が変わるほどの
影響を与え、お抱え運転手や男性親族への依存から
解放されるほか、家計の節約にもなるとみられている。
サウジアラビアは今月、女性への運転免許証の交付を
数十年ぶりに再開していた。実地試験を受けて外国の
運転免許証を切り替える形で自国の免許証を手にした
女性もいた。コンサルタント会社プライスウォーターハウスクーパース
(PwC)によると、2020年までにサウジ女性約300万人が
運転免許証を手にし、積極的に運転を始めると
見込まれている。(c)AFP/Anuj CHOPRA

コメントです。
唯一女性が自動車の運転を
禁止されていた国…ですか。
いまさらながら、こうやって
報道されると中東の生活文化には
驚かされることが多いですね。



Kindle版 サルサソウル発.jpg

Google Play版 サルサソウル発.jpg

楽天Kobo版 サルサソウル発.jpg

あじさい文庫だより Facebook.jpg

ヴィンテージジャージ専門のVanves.jpg

プラスチック成型 山八化成工業所.jpg
posted by salsaseoul at 11:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 中東