home003.gif

2016年07月06日

快楽中枢への刺激、免疫力高める可能性 研究

AFP 2016年07月05日

2010607052.jpg
快楽中枢への刺激、免疫力高める可能性 研究
フランスパンの中に巣を作ったハツカネズミ。東京都内の井の頭自然文化園で
撮影(2008年1月6日撮影、資料写真)。(c)AFP/Yoshikazu TSUNO

【7月5日 AFP】マウスの脳の快楽中枢を人工的に刺激すると
免疫力が高まるとの研究論文が4日、英医学誌
「ネイチャー・メディスン(」に発表された。プラセボ(偽薬)の
効力を説明する一助となる可能性のある結果だという。

論文の主執筆者で、テクニオン・イスラエル工科大学医学部の
アスヤ・ロールズ助教は「好ましい期待に関連する脳の部位を
活性化させることが、病気に立ち向かう体の働きに影響を及ぼす
可能性があることを、今回の結果は示している」と話す。

今回の研究成果が「病気を治すために脳の潜在能力を利用する
新薬の開発につながる日が来るかもしれない」と、
ロールズ助教は述べた。

有効成分を一切含まない偽薬であっても本物の薬だと信じて
服用すると、人間の脳の快楽をつかさどる報酬系を活性化
できることは以前から知られていた。

ロールズ助教は、AFPの取材に「だが、これが肉体の健康に影響を
及ぼす可能性があるかどうかは不明だった」と語った。

また、実際に免疫反応が強化されるとしても、その場合に
免疫信号が体中に伝わる正確な仕組みも科学的に
解明されていなかった。

ロールズ助教と研究チームは、マウスの脳の報酬中枢にある
特定の細胞を刺激した後、そのマウスから採取した免疫細胞を
致死性の大腸菌にさらして培養した。

論文によると、これらの免疫細胞は、細菌を殺傷する効力が
通常の免疫細胞の2倍以上高かったという。

研究チームは次の実験で、これと同じ免疫細胞を
別の複数のマウスに接種した。

30日後、この新たなマウス群も同様に、感染症の撃退に
成功する確率が通常の2倍以上高かった。


■摂食と性行動

免疫を高める信号は「腹側被蓋野(ふくそくひがいや)」
と呼ばれる脳の部位から発せられる。この部位には、
気分を変える化学物質のドーパミンによって作動する
報酬系がある。

マウスや人間が、おいしい食事や性的接触による快感を
近い未来に体験できると知ると、脳スキャン画像では
この部位が明るくなる。

腹側被蓋野から発せられる免疫向上の指令は、危機的
状況での急な反応に関与する交感神経系を経由して体中に

送られ、細菌と闘う免疫反応を誘発することが
今回の研究で分かった。

今回の実験で観察された関連性では、進化的圧力が
重要な役割を果たしている可能性があると
研究チームは推測している。

摂食行動や性行動によって、個体は細菌にさらされる」と
ロールズ助教は説明する。「報酬系が活性化されると
同時に免疫が高まるとすれば、進化上の利点が
もたらされると考えられる」

研究の次の段階では、この因果関係を再現できると
考えられる分子を見つけるためのマウス実験を実施する
予定だ。これらの分子は、薬剤として利用できる可能性がある。
「これらは、新たな治療標的として使用できるかもしれない」と、
ロールズ助教は指摘した。(c)AFP/Marlowe HOOD


posted by salsaseoul at 02:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療

アルビノの「避難所」、タンザニアのウケレウェ島

AFP 2016年07月05日

201607051.jpg
アルビノの「避難所」、タンザニアのウケレウェ島
6月13日の「国際アルビニズム啓発デー」にタンザニア・ウケレウェ島の非政府組織
(NGO)「スタンディング・ボイス」が運営するクリニックで順番を待つ2人のアルビノの少女
(2016年6月13日撮影)。(c)AFP/CARL DE SOUZA

【7月5日 AFP】タンザニア・ビクトリア湖に浮かぶウケレウェ島の
夜明けから1時間後。57年間の人生で、焦げ付くような日光に
色素のない肌を痛めつけられてきたアルフォンス・ヤコボさんは、

自宅前で元気に落ち葉を掃いていた。

ヤコボさんは「今が一日の中で一番いい時間なんだ。
一日が始まるが、太陽はまだ上がっていない」と話す。
あと数分で、つば広の帽子とサングラスを身に付け、
露出した肌全体にたっぷりと日焼け止めを塗らなければ
ならない時間になる。

アルビノ(先天性色素欠乏症)のヤコボさんは体内で
メラニン色素を生み出せないため、肌や髪、目に色素がなく、
太陽光から身を守れない。他のアルビノの人たちと同じく、
ヤコボさんは視力が弱く、皮膚がんになりやすい。

しかし、太陽だけがアルビノの人々の脅威ではない。

タンザニアやマラウイなどのサハラ以南のアフリカ諸国の
一部では、アルビノの人々の体の一部は薬や幸運と富を
もたらすお守りになると信じられており、ブラック・マーケットで
売買するため殺害され体を切断されている。

カナダの慈善団体「アンダー・ザ・セイム・サン」は、タンザニアで
近年発生した161件のアルビノの人々に対する襲撃事件を記録。
そのうち76件は殺人で、アフリカで最も多かった。

しかし、ウケレウェ島は比較的安全だ。島の魚屋で働いていると
いうヤコボさんは「過去には恐怖を感じていたこともあったが、
今は神に感謝している。夜に、銃なしで眠れるからね」と話した。

 地元の人々によると、アルビノの人々の家族が、その特異な
容姿は呪いのためだと考えてアルビノの人たちを島に残して
行ったことが始まりだった。

 ウケレウェ・アルビノ協会によると、人口20万人のウケレウェ島で
暮らしているアルビノの人は75人。
割合は、国全体の平均とおおむね同じだ。

慈善団体「アンダー・ザ・セイム・サン」タンザニア支部の

ビッキー・ヌテテマ氏によると、タンザニアの他の場所と同様、
アルビノの人々の遺体を墓から掘り出そうとする盗掘者が
島に来たこともあった。2007年には、髪が白いアルビノの
男性1人が襲撃され呪術に使うため髪を切られた。

ただ、島のアルビノのコミュニティーの代表、
ラマダン・ハリファさんは「アルビノが殺されたことは一度もない」と
強調した。

もっとも、身体的な暴力はまれでも、差別はよくみられる。

黒い肌のハディジャ・ナムトンドさん(30)には4歳になる
アルビノの息子がいる。ナムトンドさんは
「この子の父親は息子の肌の色が気に入らず、私たちを
捨てたのです」と語った。(c)AFP/Nicolas DELAUNAY


コメントです
アフリカでのアルビノの人たちの受難の話題です。
ここでも何度か記事に取り上げましたが、古い習慣や

迷信で時によっては命の危険にさらされています。
その地域の文化保全は最優先されるべきですが、
それでも、現地の人が文化保全に疑問を投げかける
だけの教育はもっと必要です。
アルビノの人たちが安心して暮らせるようになるまで、
まだまだ、長い道のりですね。


posted by salsaseoul at 01:42| Comment(0) | TrackBack(0) | アフリカ