home003.gif

2016年06月07日

「死にゆくビジネス」 衰退する犬肉産業と転業への希望 韓国

AFP 2016年06月06日 12:16 発信地:ソウル/韓国

201606072.jpg
「死にゆくビジネス」 衰退する犬肉産業と転業への希望 韓国
ケージの中から外を見る犬。韓国・原州市にある飼養場で
(2016年4月27日撮影)。(c)AFP/Ed Jones


【6月6日 AFP】「これは死にゆくビジネスだ」──10年にわたって
営んできた食用犬の飼養場から、米国の動物保護活動家らが
犬たちを連れ出すのを見て、ゴン・インヤン(Gong In-Young)さんは
つぶやいた。

移動作業当日、ゴールデンレトリバーやシベリアンハスキー、
ロットワイラー、日本の土佐犬、韓国の珍島犬など200匹近くが、
サークル内に置かれた金属製の小さなケージの中から、
活動家らに対して激しく吠えていた。

ゴンさんの飼養場は、全国に数千ある施設の内の一つ。
食用として育てられる犬たちは、生まれてから食肉処理されるまで、
ケージの外に出ることはない。

韓国では、年間150万〜250万匹の犬が食用として消費されて
いるが、若い世代の需要減に伴い、犬肉産業は衰退傾向にある。

この飼養場は、米国を拠点とする動物愛護団体「国際人道協会
(HSI)」が閉鎖する5か所目となり、これまでで最大の規模を誇る。
閉鎖を受け、「この仕事を辞めることができて幸せだ」と
ゴンさんは語った。

そして、「昔は、他に食べるものがなかったから犬を食べた。
だが今の若い人たちは犬を食べる必要がない。
犬食は人々にとって奇妙なものとなった」と続けた。

■「好みの変化」

調査会社ギャロップ・コリア(Gallup Korea)によると、昨年1年間に
犬肉を食べた男性は、50〜60代では回答者の約半数に上ったが、
20代ではわずか同20%にとどまった。

ゴンさんは、犬をペットとして買う人が増えていることも、犬肉が
敬遠される大きな理由だと述べた。

国際的な動物愛護団体らは、長年にわたって犬肉産業を批判の
対象としてきた。HSIは昨年、飼養場4か所を閉鎖し、計225匹の
犬を救出している。大半の犬は、米国やカナダへと飛行機で
送られ、現地で里親に引き取られたという。

飼養場の閉鎖・廃業に伴い、場主らは飼育していた犬の頭数に
応じて最大6万ドル(約640万円)を受け取ることができる。
これを原資にして、フルーツや野菜などを取り扱う、
より「人道的」な事業を立ち上げることが可能となっている。


■世界から注目が集まる五輪

HSIのアンドリュー・プランブリー(Andrew Plumbly)氏は、
犬を助ける活動が広く報道されることで飼養場の残酷さに
ついての関心が高まり、「韓国の政策立案者らとの話し合い」に
つなげたいと語る。

韓国は、2018年に平昌冬季五輪大会を開催する。
プランブリー氏は、「世界は五輪に注目する。犬肉産業についても
注目するだろう。(政策立案者らは)その圧力を感じ、前向きに
対応してくれる可能性がある」と述べた。

韓国当局は、犬肉文化に関する否定的な評判に敏感だ。
1988年のソウル五輪開催時には、大会の開幕に先立ち、
ソウル市内にある犬肉レストランが閉鎖された。

ゴンさんは、さまざまな事業に失敗し、その後に犬の飼養場を
始めた。だが、この仕事を「誇りに思ったことは決して」
なかったという。農場の収入は 少なく、生活するのがやっと
だった。毎年、約200匹を販売したが、1匹当たりの平均価格は
約200ドル(約2万1000円)だった。

「私が廃業したら、犬たちははるかに幸せになると思った」と
話すゴンさん。その横では、ペットのスピッツ「スノー」が、
運び出されるのを待つケージの間を歩き回っていた。

韓国での飼養場経営に特別な免許は不必要だ。だが、
近隣住民に迷惑をかけていないか、犬の排せつ物が
放置されていないかを調べるため、当局の定期的な
検査があるという。

ペットの犬とケージの中の犬の飼育環境の違いについて
聞かれたゴンさんは、「天国と地獄の差だ」とコメントした。
(c)AFP/Hwang Sung-Hee

コメントです
韓国の犬食文化の衰退の話題です。
時代の変化とともに食文化も変わります。
かならずしも食文化の継承が必須とは
限りません。
消滅していく文化も、時代が
それを求めて
いるのでしょう。


posted by salsaseoul at 01:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国・北朝鮮

臓器売買グループ、先進医療の病院で腎臓を「調達」 インド

AFP 2016年06月05日 14:33 発信地:ニューデリー/インド

201606071.jpg
臓器売買グループ、先進医療の病院で腎臓を「調達」 インド
インド・アーメダバードの病院で患者の治療に当たる医師(2013年2月6日撮影、資料写真)。
(c)AFP/SAM PANTHAKY

【6月5日 AFP】インドの先進医療を提供する病院が、臓器売買
グループが関与していることを知らずに、被害者から腎臓を
摘出する手術を行っていたことが分かった。
病院側は、摘出した腎臓が手術を受けた人々の親族に
提供されると信じ込んでいたという。病院の広報担当者が4日、
売買に関与した疑いで5人が逮捕されたことを受けて明らかにした。

警察によると、首都ニューデリー(New Delhi)にあるアポロ病院
(Apollo Hospital)の職員2人を含む臓器売買グループは、
低所得者に対して30万ルピー(約48万円)で腎臓を売るよう
持ち掛け、その後、さらに高額でそれを転売していた疑いが
持たれている。

容疑者らは偽造書類を利用して、摘出手術を受ける人の腎臓が
移植を必要としている親族に提供されるかのように装い、
病院側をだましていた。関与が疑われている病院職員2人は、
上級の腎臓専門医の助手を務めていたという。

インドでは臓器取引が法律で禁止されており、非親族に
移植臓器を提供するには特別委員会の承認が必要。
アポロ病院で腎臓の摘出手術を受けた被害者たちは、
南部タミルナド(Tamil Nadu)州から東部の西ベンガル
(West Bengal)州まで、全国に及んでいる。(c)AFP


コメントです
なにかと、「お粗末な」事件が多いインドの話題です。



posted by salsaseoul at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 南アジア・インド周辺国