home003.gif

2016年01月31日

母乳で36兆円の経済損失回避、賢く高収入の子ども育つ

AFP 2016年01月29日

201601312.jpg
コロンビアのアンティオキア州メデジンで母乳推進イベントに参加する母子
(2015年7月31日撮影、資料写真)。(c)AFP/RAUL ARBOLEDA

【1月29日 AFP】より多くの赤ちゃんにより長期間にわたり母乳を与え、
賢く高収入の子どもを育てることで、世界で年間約3000億ドル
(約36兆円)の経済損失を防げるとの研究論文が29日、
英医学誌ランセット(Lancet)に発表された。

論文はまた、年間80万人以上の子どもと約2万人の乳がん患者の
死を回避できるとしている。

論文執筆者の一人、ブラジル・ペロタス連邦大学
(Federal University of Pelotas)のセザール・ビクトリア
(Cesar Victora)氏は、「母乳は、富裕国も貧困国も同様に、
あらゆる国で命とお金を救う」と述べている。

研究結果は、健康面と経済面で実証された母乳の効果に
対する科学的検証とメタ分析28件の結果を基にしたもの。

論文は、母乳は平均寿命を「劇的」な向上に導くと結論づけている。

高所得国では、幼児の突然死のリスクを3分の1以上低下させ、
中低所得国では、下痢症状の約半数と呼吸器感染症の
3分の1以上を減らせるという。

合計すると、毎年約80万人の子どもの命を救えることになる。

声明では、「知能も増す」とされており、研究で実施された
モデリングでは、母乳を与えないことが原因の認知力の
低下による2012年の世界経済の推計損失額は、
3020億ドル(約36兆円)に達したという。
(c)AFP/Mariëtte Le Roux

posted by salsaseoul at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療

ハンガリーの赤い有毒汚泥流出事故、工場関係者ら全員に無罪判決


AFP 2016年01月29日

201601311.jpg
ハンガリー西部で、決壊したアルミニウム精錬工場の廃液貯水池から流出した
有毒汚泥で赤く染まったコロンタール村の家々(2010年10月8日撮影)。(c)AFP

【1月29日 AFP】ハンガリーで2010年にアルミニウム工場の
廃液貯水池が決壊し、大量の有毒汚泥が流出して地元住民ら
10人が死亡、150人がやけどを負った事故の責任を問う裁判で
同国西部べスプレーム(Veszprem)の裁判所は28日、
工場の経営者ら被告15人全員に無罪を言い渡した。
被害者らは怒りの声を上げている。

この事故は、ハンガリー西部アイカ(Ajka)で2010年10月4日、
MALハンガリーアルミニウム製造販売会社(MAL)のアルミニウム
精錬工場の廃液貯水池が1週間続いた大雨の後に決壊し、
赤い有毒汚泥が流出したもの。110万立方メートルもの廃液は
洪水と化して近隣の3つの村を押し流し、家々は高さ2メートルの
汚泥に埋まった。

最終的に汚泥は40平方キロの範囲に広がり、ドナウ(Danube)川に
まで達した。貯水池に近い河川の生物は、ほぼ完全に死滅。
政府は非常事態を宣言し、約8000人が避難するハンガリー
史上最悪の化学事故となった。
現在も、数百ヘクタールの土地が立ち入り禁止となっている。

工場の責任者だったゾルターン・バコニ(Zoltan Bakonyi)
被告とMAL幹部ら社員15人が業務上過失、廃棄物管理違反、
環境破壊などの罪で起訴され、検察側は全員に禁錮刑を求刑していた。

しかし28日、裁判所は事故原因は「土壌の安定性が失われたため」と
判断。15人に刑事責任は問えないとして、全員に無罪の判決を
下した。検察側は上訴する方針だ。

無罪判決は、傍聴席を埋め尽くした事故の被害者や犠牲者遺族らの
間に強い怒りを巻き起こした。破壊された家々の写真を掲げた
男性が「とんでもない 判決だ!断固、抗議する!」と叫び、
警備員に法廷の外へ連れ出される一幕もあった。
(c)AFP/Peter MURPHY、Geza MOLNAR


コメントです
ハンガリーのアルミニウム工場の事故記事、
ここでも掲載しましたが、最近、工場関係者の
判決が出たようです。
それで全員無罪だそうですが、現地司法の
下した判決、はたして正当なのでしょうか?





posted by salsaseoul at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 欧州

(世界発2016)イラン、進む大気汚染 車の排ガス主因、経済停滞が追い打ち

朝日新聞 2016年1月29日

201602011.jpg
交通量の多い交差点で、口元をおさえて歩く女性
201602012.jpg
ひげそりクリームをナンバーに塗る

201602013.jpg
ナンバーを毛布で隠す

20160204.jpg
同乗者が足でナンバーを隠す=いずれもテヘラン、神田大介撮影

 中国、インドだけではない。中東イランも深刻な大気汚染に苦しむ。
汚染の主な原因は車の排ガスだ。排ガスを減らすため、政府は
交通規制を強化。それをかいくぐろうと、ドライバーたちが
あの手この手の回避策を繰り広げている。

富士山のような円錐(えんすい)形をしたイラン最高峰の
ダマバンド山。東京ならスカイツリーにあたる首都テヘランの
ミラッド・タワー。いずれも茶色い大気に覆われ、テヘランの
街中からは輪郭すら見えない。

イラン政府は微小粒子状物質(PM2・5)などの正確な数値を
明らかにしていない。だが2013年には、PM2・5の値が
世界保健機関(WHO)の基準を超えた日が298日あったと
される。

保健省は13年、大気汚染をはじめとする公害が原因の死者が
年間約8万人に上り、死因の21%を占めていると発表した。

テヘラン市当局は、「汚染の原因は7割超が車の排ガスだ」と
している。北側に4千〜5千メートル級のエルブルズ山脈が
そびえ、空気の逃げ場に乏し い。大気汚染はかねて問題
だったが、この数年でさらに悪化した。核開発に対する制裁の
強化で経済が停滞。粗悪なガソリンが出回り、排ガスを
減らす性能に乏 しい車両の置き換えが進まない。

テヘラン市当局は先月から、高齢者や子どもに外出を控える
ように呼びかけている。小学校や幼稚園の登校禁止も
計6日に上り、採石場やセメント工場は操業を中止。
サッカーのプロリーグの試合もとりやめになった。

だが副大統領を兼ねるエブテカール環境庁長官は先月26日
「大気汚染は非常事態レベルにはない」と発言。
反発した国会議員107人が「政府は対策不足だ。
汚染から国民を救え」とする書簡をロハニ大統領に提出した。

イランでは2月26日に国会議員選がある。ロハニ氏の
ライバルにとって、大気汚染も巻き返しのチャンスと
映るようだ。13年の大統領選でロハニ氏らと争った
ガリバフ・テヘラン市長も「地下鉄の導入を進めたいが、
政府が予算を出さない」と批判を強める。

ロハニ氏は「関心の高まりはもっともだ」と述べ、緊急対策を
発表。汚染のひどい日は、車のナンバー規制を中心部
から市全域に拡大すると決めた。

 ■規制逃れ、ナンバー隠し横行

これに対し、市民は規制逃れに走った。

テヘラン南部の幹線道路と交差する側道。入ってきた車の

5台に1台ほどが道の真ん中で停車する。
車から降りてきた人は、周囲をきょろきょろと見回しながら
車体後部のナンバープレートに細工をし、再び走り去る。

ここは監視カメラの設置場所だ。排ガス抑制のため、祝日の
金曜日を除き、月、水、土曜はナンバーの末尾が偶数、
他の曜日は奇数の車しか走れない。 警察は市内110カ所で、
車の後ろ姿を常時撮影する。罰金は違反1回で20万イランリアル
(実勢レートで約670円)。
平均月収が約4万円とされるイランでは少なくない額だ。

そのため、ナンバーをボール紙や毛布で隠す車が続出した。
違反の多さに当局は「罰金を倍にし、悪質な場合は
懲役刑にする」と通達。すると、ひげそりクリームを塗ったり、
同乗者が荷台に乗って足で隠したりする手法が新たに
広がりだした。地元紙によると、「5万リアルでナンバーが
映らないように監視カメラの前を走る」という商売も現れた。

ナンバー隠しをしていた人に話を聞いた。市職員という
男性(35)は「どうしようもないんだ。タクシーは高いうえに、
通勤ラッシュ時はつかまらない」。薬局勤務の男性(37)は
「みんなやってることだよ」と苦笑した。

 (テヘラン=神田大介)



コメントです
本文にもありますが、中国、インドに続き、イランも
大気汚染で苦しんでいるようです。
ずいぶん昔ですが、ネパールを訪れたとき、
途上国(注・先進国ではありません)が払い下げた
程度の軽式内燃機関(耕運機等に使われているエンジン)を
再利用したオート三輪や簡易バスが数多く走っているのを
見かけました。
すると、そのような旧式の機械は何の規制も施されて
いないので、
街中で有害な排ガスを排出し放題の状態で、
大気汚染はそうとう酷かったのを覚えています。
それに対して、日本国内は環境基準や車検制度、
そして税制などで旧式車の買い替えを促進する政策で、
大気汚染は昔より改善しているようです。









posted by salsaseoul at 15:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 中東