home003.gif

2015年07月12日

(世界発2015)虐殺20年、真の終止符いつ ボスニア・スレブレニツァ、犠牲7000人超

朝日新聞 2015年7月9日

20150712-4.jpg

20150712-2.jpg
スレブレニツァ。中央に見えるイスラム教のモスクの尖塔(せんとう)と、
右上のセルビア正教の教会が共存する

20150712-3.jpg
ポトチャリ記念墓地で夫ユヌスさんの墓に手をかけ、黙想するハリア・チャティッチさん

1992〜95年のボスニア・ヘルツェゴビナ紛争末期に同国東部
スレブレニツァで起きた虐殺事件から、11日で20年になる。
いまだ遺体が発見されない犠牲者もおり、紛争の傷は癒えない。
短期間に7千人以上のボシュニャク系住民がセルビア人勢力に
殺された事件をめぐり、加害側が虐殺事実を認めた後も論争が
続いている。

 ■遺体捜索、ますます困難に

セルビア国境に近い山あいの町スレブレニツァから北に約5キロ。
白い墓標が並ぶポトチャリ記念墓地で、ハリア・チャティッチさん
(70)は、52歳で虐殺の犠牲になった夫ユヌスさんの墓の脇に
立ち、1人分空いた隣の地面を指した。

 「できるだけ早く、ここに息子を埋めてあげたい」

当時26歳だった長男のニハドさんの遺体はまだ見つからない。
セルビア人勢力がスレブレニツァに突入したのは95年7月11日。
ニハドさんは最後まで郵便局にこもってサラエボのラジオ局を
通じ外部に無線で戦況を伝える仕事をしていたが、家にかけ戻り、
ハリアさんとユヌスさんに逃げるように言って姿を消した。

セルビア人勢力は、かつてモスレム人と呼ばれたボシュニャク系
住民から男性だけを引き離し、山中で次々銃殺した。
ハリアさんは夫婦で国連平和維持部隊の基地があった
ポトチャリに逃げたが、ユヌスさんはそこで連行された。

虐殺の犠牲者の遺体はまとめて地中に埋められたあと、発覚を
防ぐためさらに分散して埋め直された。2000年代半ばから
DNA鑑定で身元確認が進み、これまでに6241人が記念墓地に
埋葬された。ユヌスさんの遺体は国境近くの集団遺棄現場で
見つかり、05年に埋葬された。

ニハドさんの手がかりは今もない。発見された遺体の身元確認
方法は確立される一方、肝心の遺体の捜索はますます困難に
なっている。数十〜数百人の集団遺棄現場の捜索が一段落し、
小規模な遺棄現場ばかりが残されたからだ。

山を通って脱出を図ったニハドさんが最後に目撃された場所は
最近まで地雷が除去されず、本格的な捜索ができていない。

ハリアさんは事件後、約90キロ離れたツズラで暮らし、01年に
町に戻った。夫が連れ去られた現場で男性住民をより分けて
いた地元警察官に対する裁判が行われ、目撃者として証言した。
しかし被告は間もなく逃亡し、裁判は中断した。

紛争前のスレブレニツァの人口は3万7千人。7割を占めた
ボシュニャク系住民が町を去り、今は7千〜9千人と推定される。
避難民の帰還は99年から始まったが、町の経済は立ち直らず
雇用に乏しいため、定住できたのは高齢者だけだ。

紛争後、国はボシュニャク系とクロアチア系が中心の
「ボスニア・ヘルツェゴビナ連邦」と、セルビア系主体の
「セルビア人共和国」という二つの構成体に分かれた。
スレブレニツァはセルビア人共和国の管轄下。
歴代、ボシュニャク系が市長を務めるスレブレニツァ市当局と、
開発の許認可を持つ共和国政府との関係は微妙で、
それが復興を妨げている。

ハリアさんはもともとセルビア系住民の友人が多い。
「町の先行きが見えず、苦しんでいるのはセルビア系住民も
同じだ」と話した。

 ■被害と加害めぐり続く論争

今年4月半ば、セルビア人共和国のドディック大統領が
突然スレブレニツァを訪れて記念碑に花を手向け、
「大きな犯罪が行われたのは事実。すべての犠牲者に
哀悼を捧げる」と語った。

ドディック氏は強硬派のセルビア系政治家。スレブレニツァの
虐殺について、国連の旧ユーゴスラビア国際刑事法廷は
特定民族の抹殺を図った「ジェノサイド(集団殺害)」だと
認定したが、その見方をかたくなに拒否してきた。
そのドディック氏の訪問を、ドゥラコビッチ市長は
「歴史的だ」とたたえた。

だが、期待は裏切られた。20周年が近づくと、ドディック氏は
「ボシュニャク系の被害者はもっと少ない。スレブレニツァ
周辺ではセルビア系住民もボシュニャク人勢力に殺された」と、
再び声高に持論を訴え始めたからだ。

セルビア人共和国の強硬派も、国際法廷で
「事件を防げなかった」とされた隣国のセルビア政府も、
虐殺の事実は認めている。セルビア議会は10年、
自国の責任を認める決議を可決した。

ただ、セルビア政府は「全セルビア人に罪を負わせることになる」と
してジェノサイドと規定することを拒否。世論には「紛争全般を通じ、
セルビア系住民の被害が過小評価されている」という思いも強い。

6月、スイスで虐殺をめぐるシンポジウムに参加した
スレブレニツァ市代表団の元ボシュニャク系勢力司令官が
セルビア検察の逮捕状にもとづいて拘束される事件が起きた。
市のハジッチ司法問題参与は「記念日の前には必ず
政治的なゲームが行われる」と嘆く。

ボスニア・ヘルツェゴビナ下院に5月、紛争中の
「すべての側へのすべての犯罪行為」を非難する決議案が
提出された。だが、スレブレニツァの事件をジェノサイドだとしており、
セルビア人共和国の議員らが欠席して否決された。

ボシュニャク系のミルサド・メシッチ議員は「スレブレニツァの
虐殺がジェノサイドだったことは、戦争の真相にかかわる問題」
という。ただ「決議案を出したのは和解のためだ。可決されれば、
戦争に終止符が打てたのに」と悔やんだ。
(スレブレニツァ=喜田尚)

 ◆キーワード

 <ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争> 
1991年6月にスロベニア、クロアチアの独立宣言を機に
始まった旧ユーゴスラビア連邦解体の過程で、
ボスニア・ヘルツェゴビナは92年からボシュニャク、セルビア、
クロアチア系の主要3民族勢力間の紛争に突入した。
スレブレニツァは国連の「安全地帯」に指定されていたが、
95年7月11日にセルビア人勢力が制圧。約10日間で
少年を含むボシュニャク系住民の男性7千人以上を殺害した。
和平協議は同年11月に米デイトンで行われ、12月に英仏独、
ロシアの首脳も立ち会う中、パリで和平合意に署名、
紛争は終結した。


関連記事です。

バルカン半島は何でヨーロッパの火薬庫と呼ばれたのですか?


ひとつには、バルカン半島には主導権を握るだけの民族がなく
細分化されていることが理由です。

近代に入ると西ヨーロッパの影響で民族自決の機運が高まりました。
しかし、近年ユーゴスラビィアがスロバニア・クロアチアなどに細かく
分裂しても、なお居住区が入り乱れて戦争が起きたように、
民族ごとに国の境界線をひくことはできません。

また、複数の民族がまとまって一つの国を作ろうにも少数民族は
当然拒否します。

結局、常に紛争が燻り続けることから言われるようになりました。
次に、周囲の大国の陣取りゲームがあります。
元々は多くがトルコの支配下にあったバルカン半島において、
トルコの支配力低下と共に国民国家の概念がもたらされ、
ギリシア正教やスラヴ民族主義の関係を利用してロシア帝国が
この地域へ勢力を伸ばそうとしたことで、ロシアとオーストリア、
トルコの対立が先鋭化します。

1908年には青年トルコ党の革命によってトルコで「汎トルコ主義」
(トルコ系の民族でデカい国作ろうぜ思想)が推進され、他方
「汎ゲルマン主義」」(ゲ ルマン系の民族でデカい国作ろうぜ思想)の
オーストリアがセルビア系住民の多いボスニア・ ヘルツェゴヴィナを
併合し、これに反発したバルカン諸国がロシア帝国の後ろ盾で
「バルカン同盟」を結成し、トルコと戦争を開始します。

1912年に始まったこのバルカン戦争にはギリシアもブルガリアも
参加し、1913年にはロンドン講和会議で戦争は終結しましたが、
火種は残ったままとなったのです。

民族で細分化されたバルカン半島が細かい紛争で燻る一方、
あるときいずれかの大国が全てを飲み込んで欧州の
パワーバランスが崩れかねない。
ゆえに「ヨーロッパの火薬庫」なのです

コメントです
久しぶりにバルカン半島の話題です。





posted by salsaseoul at 14:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 欧州

(ギリシャショック)ギリシャ、銀行破綻懸念 窓口閉鎖延長、引き落とし増

朝日新聞 2015年7月10日


20150712-1.jpg
<銀行前に警官> 現金を引き出したばかりの人を狙う犯罪に備え、銀行前で警備する
警察官=9日午前、アテネ、矢木隆晴撮影


ギリシャで銀行破綻(はたん)への不安が広がってきた。
欧州連合(EU)側との支援交渉は12日が期限。
銀行の窓口閉鎖は9日も続いた。口座引き落としで高額なタブレット
端末や自宅用金庫を買う人が増加。危機拡大を警戒する米国や
国際通貨基金(IMF)はギリシャの債務減免に向け、EU側への
圧力を強めている。

 ■市民、モノに変え自衛

ギリシャ政府は8日、銀行の窓口閉鎖を13日まで続けると決めた。
2度の週末を含めて計15日間。ATMで1日60ユーロ(約8千円)
限りの引き出しを求める行列や高額の買い物は、銀行不信の表れだ。

アテネ市内の電器店を訪れていた銀行員のサノスさん(33)は
銀行が破綻するとみる。
「預金カットは間違いない」。預金はほぼ引き出したが、口座の
残高を少しでも減らすため約140ユーロのパソコン関連商品を
カードで買った。知人の企業経営者からは、ネット経由で預金を
取引先の口座に移したと聞いた。

「iPad(アイパッド)」などタブレット端末や携帯電話をカード払いで
買う人も増えている。
電器店の店員は「お金を失う前にモノに変えようとしているようだ」。
大半は口座からの即日引き落としだ。

欧州中央銀行(ECB)の昨年10月の調査では、ギリシャの主要4行の
うち3行が資本不足。預金流出はさらなる痛手だ。
ギリシャの中央銀行によると、個人と企業をあわせた国内の
預金残高は、5月時点で1299億ユーロ(17兆4066億円)と
1年で約2割減った。それに拍車がかかっている。

ただ、海外のネットショッピングなどはできないという。
ギリシャの口座から外国に資金が出るからだ。

市民は気が気でない。アテネ市内のホームセンターでは、銀行から
おろしたお金を入れておく金庫を買う客が、前年比で約15%増。
壁と床にネジで固定するタイプが人気だ。ECBは緊急融資の増額を
せず、銀行破綻への不安から市民は自衛に走る。
それが銀行の資金繰りをさらに苦しくする悪循環に陥ってい る。

 (アテネ=津阪直樹)

 ■債務減免へ、米が圧力

 ギリシャ経済を押しつぶしかねない約3200億ユーロ(約43兆円)の
債務を、軽くさせる時ではないか――。

米国は、そうしたメッセージを、特にギリシャの最大支援国ドイツに
向けて発し、危機収束へ圧力を強めている。

米国のルー財務長官は8日、米シンクタンクのイベントで
「ギリシャの債務は、長続きできる額ではない」と債務減免を訴え、
「ギリシャがユーロにとどまることが最良の結果だと多くの
関係者はみている」と強調した。

「債務減免が、ギリシャには必要だ」。IMF(本部ワシントン)の
ラガルド専務理事も同日、ワシントンでのイベントでこう発言した。
EU、ECBと共に「トロイカ」の一角としてこの5年間、ギリシャへ
金融支援を続けてきたIMFだが、債務減免に慎重なユーロ各国
への要求を強めている。

米オバマ政権が懸念するのは、ギリシャのユーロ離脱で地域が
不安定になる恐れがあるからだ。ウクライナ問題で米国と対立する
ロシアがギリシャに近づいていることに、神経をとがらせる。
緩やかな成長を続け、年内の利上げをにらむ米国経済にも
水を差しかねない。

 (ワシントン=五十嵐大介)

関連記事です。
中国が飛び付くジリ貧「ギリシャ」切売り政策

オリンピック開催地選考の最終局面、スペインのマドリードが
必死に経済回復をアピールしていたが、南欧を広く見回せば、
まだまだ状況は芳しくない。
中でもギリシャは身売り、切売りの日々である。


 外信部記者が言う。

「不景気で家賃の不払いが恒常化しており、不動産相場は下落の
一途です。そのためギリシャでは今年の4月、投資移民促進法案と
いうものが可決されました。 その国に投資すると、一定の居住権を
得られるというのは、世界各国で見られるものですが、ギリシャに
ついては25万ユーロ(約3300万円)以上の不動産を購入する
だけなのです」

米国のグリーンカードなどは、居住実態がないと、即取り上げに
なってしまうが、ギリシャの場合は定住も語学力も必要ない。
ただ買うだけ。
そこにつく「特典」に“あの国”が、当然食いついて来るのである。

「EUのほぼ全域を自由に動けるビザが付与されるのです。
そのため中国人から注目されている。何しろ、中国人の
パスポートはいまだに審査が厳しい。また億ションひしめく
上海の不動産事情と比べれば、安い買い物でもある。
欧州ビジネスを展開する中国人には、実にお得な投資です」(同)


となれば、ギリシャも必死に売り込む。北京特派員が最近の動きを追う。
「5月にはギリシャの首相が経済団体を引き連れて、港湾、空港など
への投資の呼びかけに北京を訪問しています。また7月には
ギリシャ軍の参謀長がアテネの 中国大使館を訪れ軍への
投資も呼びかけています。そして9月8日には福建省アモイの
コンベンションセンターで大規模なギリシャ投資の説明会が開かれた」

中国の投資に詳しいビジネス・ブレークスルー大学教授の
田代秀敏氏が言う。

「リーマンショック、欧州危機以降、世界各国がギリシャから
引き揚げる中、中国だけは商機と見て、積極投資を進めた。
すでにギリシャ最大のピレウス港は中国資本の支配下です。
中国は欧州に確たる拠点を築いて、市場とともに欧州ブランドを
手に入れようとしている。ギリシャがその入り口になろうとしています」


 新・ギリシャ神話――
『トロイの木馬』の中には中国人が入っていた……。


経済危機のギリシャでも「中国人の爆買い」

アテネを代表する観光地、アクロポリス。経済危機の中でも
連日、多くの観光客が詰めかけています。
中でも目立つのが「爆買い」でおなじみの中国人です。

「すばらしい景色ね。ギリシャには中国からの観光客がいっぱい
来ている。レストランには中国語のメニューもあったわ」
(中国人観光客)

観光の後はお買い物。買い物袋を提げて歩く彼らの姿は、今や
アテネでは見慣れた光景です。
しかし、中国人の購買意欲は、これだけにとどまりません。

アテネ市中心部から車で30分。
高級住宅街に建つマンションに入ってみると・・・

「こちらが今、売りに出されている物件なんですが、広いリビングから
ベランダに出ると、目の前にはエーゲ海が広がります」(記者)

「最近、海外からのお客様が増えています。一番多いのが中国です」
(不動産会社社長)

 実は経済危機の影響で、ギリシャでは不動産の価格が平均で3割も
下落。この部屋の場合、広さ330平米で価格は100万ユーロ、
およそ1億3500万円で すが7年前には倍の値がついていました。
今のうちに売っておきたい家主側の意向もあり、以前はほとんど
なかった中国人との契約件数は去年全国でおよそ 1000件に
上ったといいます。

「25万ユーロ以上(約3400万円)の物件が人気です。
別荘に利用したり投資目的で人に貸したりする人が多いです」
(中国側代理店)

「私たちにとって、まさに今がビジネスチャンスなのです。
経済危機のおかげで、ギリシャは良くも悪くも有名になりましたから」
(不動産会社社長)

ギリシャのユーロ圏離脱の可能性が出てきたことで、現在はやや
模様眺めの雰囲気となっていますが、ここでも中国マネーの存在感が
増しているのは明らかです。(10日14:55)


コメントです
ほとんだギャグ化しているギリシャ危機の話題です。
少しまとめてみると、
@ 本気で経済を立て直す気はなし。
A でも、消費を切り詰めた
生活はまっぴらごめん。
B だけど、民主主義の名の元、権利だけはしっかり主張する。
こんなところでしょうか?

ところで、余談になりますが、もしエーゲ海が中国のに押さえられて
赤の旗の軍事拠点になったとしたら、米国および西側国としては
ぞっとする事態でしょうね。



posted by salsaseoul at 13:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 欧州

レアアース、安値で明暗 中国規制撤廃、暴騰前水準に

朝日新聞 2015年7月10日

20150712.jpg
米最大手モリコープが再開発したカリフォルニア州の鉱山=2012年7月、畑中徹撮影

ハイテク産業に欠かせないレアアースが5年ぶりの安値になっている。
節約が進んだほか、大産地である中国の輸出規制を日米欧が撤廃
させることにも成功した。ただ、「脱中国依存」を担おうとした米国の
鉱山が破綻(はたん)するなど副作用も出ている。
日本の資源関連企業も正念場だ。

 ■メーカーは歓迎

「いまは心地いい」

かつてレアアースの調達に悩まされた日本の自動車メーカーからは、
そんな声がもれる。

自動車業界でレアアースは、ハイブリッド車や電気自動車のモーター用
磁石などに使われる。ほかの業界でも、デジタルカメラの光学レンズ、
ハードディスクのガラス基板を磨く材料などに使われる。

17種類あるレアアースの一つ、ジスプロシウムは、ピークだった
2011年夏の10分の1、ネオジムも8分の1まで下がるなど、
ほとんどが暴騰前の水準に戻った。

財務省の貿易統計によると、14年の輸入額は513億円。
11年の4分の1ほどで済んだ。

尖閣諸島をめぐり日中関係が緊迫した10年、中国は、レアアースの
海外への輸出量を絞った。供給の9割を中国が占めるレアアースの
国際価格は、翌11年にかけて暴騰。ハイブリッド車やエアコンの
値上げにつながった。

日本や米国、欧州連合(EU)は世界貿易機関(WTO)に協定違反と
訴えた。敗訴した中国は輸出枠を今年1月に取り払い、レアアースの
輸出業者に課していた関税も5月になくした。(斎藤徳彦)

 ■鉱山開発、破綻・縮小

ただ、高値が続くと見込んでいたユーザーはそろばんが狂った。
レアアースを使って車や家電向け磁石などをつくっている日立金属や
昭和電工は、高値で仕入れたレアアースの在庫価値が下がり、
損失を15年3月期までに計上した。
金額は日立金属で190億円、昭和電工で26億円にのぼる。

深刻なのは、日米の資源関連企業だ。

レアアースの生産で米最大手のモリコープ社は6月下旬、連邦破産法
11条(日本の民事再生法に相当)の適用を申請した。

同社は12年、一度は閉めていた鉱山で10年ぶりに採掘を再開。
当時の最高経営責任者は「ビジネスの好機。日本の顧客企業にも
供給できる」と話していた。

大手商社の双日は、13年8月から日本への供給を始めた

レアアース事業の採算が悪化。鉱山がある豪州や精製工場が
あるマレーシアで、人員を減らしたり一部の事務所を閉じたりした。

(畑中徹)

 ■「中国脱却」、官民で模索

それでも双日はレアアース事業を継続。出資パートナーで政府系の
石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)も支える。

背景には消えていない中国リスクがある。今なお調達の9割は
実質的に中国頼み。輸出にかかる関税をなくした中国だが、
利用コストを引き上げる資源税を5月に強化。
日本の経済産業省の担当者は「影響を注視している」という。

双日は自らの強みを生かして、苦境を乗り切ろうとしている。
レアアースの精製時の汚染ガスを抑える技術は「環境問題に
敏感な欧州の車メーカーから評価が高い」といい、販路拡大をめざす。

レアアースのユーザー、日立金属も「中国リスク」を見据え、
攻守を使い分ける。中国依存度が特に高いジスプロシウムの
使用量を半分以下にした磁石を昨年発売。一方で今年6月、
レアアースの調達から磁石の生産販売まで中国で手がける
合弁会社を現地企業とつくると発表した。(宮崎健、伊沢友之)

 ◆キーワード

<レアアース> 金属に混ぜることで熱に強くなるなどの効果が出る。
1990年代まで米国や豪州が主産地だったが、安さを武器に中国の寡占が進んだ。


コメントです
少し前は、
中国政府はレアアースを外交武器にして、
ずいぶん日本企業に経営打撃を与えたものですが、
最近はあまり話題になりませんでした。
どうも、無理な価格設定と輸出制限で、産出国である
中国が先に根を上げたようです。
日本の産業界の底力が改めて見直されます。


[PR] Kindle版 サルサソウル発 販売ページへ

[PR]Google Play版 サルサソウル発 販売ページへ

[PR]楽天Kobo版 サルサソウル発 販売ページへ

[PR]ヴィンテージジャージ専門のVanves
[PR]プラスチック成型 山八化成工業所
posted by salsaseoul at 12:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国・台湾