home003.gif

2015年03月31日

ヤフーが検索削除基準 性的画像・病歴など一部消す

2015年3月31日  朝日新聞

20150331.gif
削除に応じる前の検索結果画面の例

検索サイト大 手ヤフーは30日、個人からプライバシー侵害に
あたるなどとして削除を求められた場合の、検索結果の削除や
表記の変更に応じる新基準を公表した。裁判所の 判断がないと
削除には応じない一方、性的画像など検索結果の画面自体に
問題がある場合は一部表記を消すなどの対策を取る。
同社が削除基準を公にするのは初めて。

ヤフーは昨年11月に有識者会議を設け、個人から特定の
検索結果を消すよう求められた場合に、削除に応じる条件に
ついて検討してきた。対象となるのは、キーワードを入力すると、
関連するホームページ(HP)の題名と概要の一覧が表示される
サービス。

検索結果の画面で表示される題名や概要の中に、プライバシー
侵害にあたる内容が含まれるかどうかはヤフーが自ら判断する。
被害を申し立てる人物 の公益性や情報の社会的意義なども
踏まえ、明らかに問題だと判断した場合は、HPに移動できる
「リンク」を残したまま、タイトルを変えたり概要を消したりする。

ヤフーは概要を消す例として、性的な画像や病歴、過去の
犯罪被害などを挙げた。一方、公職者や企業の代表に
かかわる情報や、過去の違法行為や処分歴などは表現の
自由が優先されるとの考えを示した。

HPへのリンク自体の削除は、表現の自由や知る権利を著しく
侵害するとして、基本的には応じない。元のHPを削除させる
のが原則だとして、どうしても検索結果を消したい場合は、
削除を求める人が裁判所に訴える必要がある。

ただし、児童ポルノや「リベンジポルノ」のように違法性が
明らかで対応が急がれる場合は例外として削除に応じる
ことがあるという。

検索で世界最大手のグーグルも世界共通の「削除ポリシー」を
掲げ、クレジットカード番号など個人に危害が及ぶ可能性が
ある情報は削除する、としている。ただ、ヤフーが新基準で
削除するとした一般人の住所や電話番号について、
グーグルの方針では「一般的に削除されない」とするなど
削除対象には差がある。

コメントです
ヤフーの検索削除基準の話題です。
検索会社のサービスは日々日進ですが、
一昔前は機械任せの感が強かったです。
しかし、最新の基準については人が判断、
つまりアナログ的判断に回帰していくようです。


posted by salsaseoul at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本・社会