home003.gif

2015年02月24日

家も車も現金払い ミャンマー、驚きの札束社会

2015年2月22日 朝日新聞
20150223.jpg
201502231.jpg201502232.jpg

買い物も商売も現金払いばかりのミャンマー。町を歩けば多額の
札束を持ち歩く市民が目につく。5千万人を超える人口や豊富な
天然資源を有する国の潜在力に日本からの注目が集まる一方で、
極端な「現金社会」が経済成長の足を引っ張っている。

紙幣計数機がけたたましい音をたてる。銀行員はマスクを着け、
地元通貨チャット札を手際よく束にしていく。1月上旬、ヤンゴンに
ある民間大手コーポラティブ銀行本店はさながら選挙の開票所の
ようだった。

窓口には毎日大量の現金が持ち込まれては引き出される。
不動産や車の購入、ビジネスの多くが現金を直接受け渡す形で
行われるためだ。カウンターには銀行名入りのポリ袋が用意され、
それに札束をいっぱいに詰めて銀行をあとにする人も珍しくない。

建設資材会社員のウィンカインさん(49)が窓口に持ち込んだのは
計1千万チャット(約100万円)。鉄筋代金の送金にきた。
会社から車で運んできたが、ウィンカインさんは
「ヤンゴンに強盗はいないよ」と笑う。

同社は地方の業者とのやりとりで銀行送金を使う。逆に代金を
送金で受け取ることもあるが、全額引き出すという。銀行が間に
入っているものの、要は現金で商品を取引しているわけだ。

銀行関係者によると、ミャンマーでは銀行に口座を持つ国民の
割合は「1〜2割」。経営者や庶民の多くが銀行にお金を預けず、
会社や自宅の金庫やたんすに現金を積んでいる。

背景には、2003年に民間銀行で起きた取り付け騒ぎがある。
当時、大手数行が営業を停止し、国民の間に銀行不信が広がった。
ミャンマー中央銀行幹部は
「この国では全体の95%が非銀行間取引だ」と明かす。

201502233.jpg


 口座振替や小切手が一般的になりつつある他の東南アジア諸国と
比べても現金主義が根強い。給料も現金支給が一般的で、
1千人以上の従業員を抱えるヤンゴンの水産物輸出会社の

社長は「銀行振り込みよりも現金支給の方が喜んでもらえる」と話す。

現金決済は、国境を越えた取引が難しい。そこで暗躍するのが
「フンディ」と呼ばれる地下送金業者だ。ミャンマーと国外の双方に
銀行口座を持ち、たとえば国外で米ドルで現金を受け取ると、
直近の為替交換レートをもとに手数料を差し引き、自分の
ミャンマー口座からチャットを引き出して客の送金先に手渡す。

マネーロンダリング(資金洗浄)の温床になるとの懸念もあるが、
貿易、そして出稼ぎ先からの送金で多くのミャンマー人が
利用している。シンガポールから毎月フンディに送金を依頼すると
いうミャンマー人男性(31)は「フンディは手数料が安いし、
送金翌日には実家までお金を届けてくれるので便利だ」と話す。

■経済活動に足かせ

ミャンマーへ進出する日系企業は200社を超える。現金主義が
はびこるミャンマーの慣習に戸惑う声もある。

約400人の現地従業員を抱えるヤンゴン近郊の日系工場。
日本人幹部は「給料日は事務部門が総出で現金の袋詰め
作業ですよ。非常に非効率」と不満げに話す。

この工場では、地元取引業者との決済も現金払いだ。
銀行に取引記録が残らず、業者から請求額を水増しされても
見抜くのは難しい。「従業員の横領などの不正行為も心配です」

政府も手を打ってこなかったわけではない。金融機能を
強化するため、11年の民政移管後にテインセイン政権は
銀行の支店拡充を支援。約3年前からATMの設置台数も
増やし始めた。預金総額は13年11月には民政移管前の
3倍の約10兆チャットに達した。

ミャンマーの銀行預金残高の国内総生産(GDP)に占める割合は
近年高まりつつあるが、他の東南アジア諸国と比べると低水準に
とどまる。銀行に預金が集まらなければ、融資に回せるお金が
限られてしまい、国内の経済活動は盛り上がりにくくなる。

深刻なのは、金融システムを支える相互の信用が存在しない
ことだ。各銀行が財務内容を開示せず、信用力がないために
銀行間でお金を融通し合う仕組みがない。
企業がお金を借りようにも、不動産などを担保にしてしか
融資を受けられない。そもそも地元の複合企業傘下に
ある銀行が多く、融資がグループ内でほとんど完結している。

ミャンマー事情に詳しいプライスウォーターハウスクーパースの
公認会計士、服部基之氏は「金融システムを整備するだけでなく、
経済成長していくために国民が意識改革できるかがカギになる」と
みる。(ヤンゴン=五十嵐誠、都留悦史)

コメントです
もともと市場経済は貨幣(現金)取引で発展してきたわけですが、
現在のように金融機関のインフラ(電子決済を含む)が発達して
便利さを覚えてしますと、おかしな話ですが、紙幣(現金)を
使うのがめんどくさいといった感覚にまで陥ってしまいます。
実際、たとえば自動車を現金で購入しようと思ったら、支払い側
受け取り側の両方が、それをかなり手間wだと感じます。

さて、今日はミヤンマーの現金取引の話ですが、まあ、この国も
この先、経済発展と共に例外なく現金使用のめんどくささを感じ
始めるでしょう。
今日は、一過性の話題かもしれませんが、興味深かったので
取り上げてみました。


posted by salsaseoul at 01:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 東南アジア