home003.gif

2013年12月29日

韓国軍に銃弾提供 武器輸出三原則の例外扱いで   南スーダンPKO

韓国軍に銃弾提供 武器輸出三原則の例外扱いで
南スーダンPKO

2013/12/23  日本経済新聞

政府は23日の持ち回りの閣議で、南スーダンで国連平和
維持活動(PKO)に参加している陸上自衛隊の銃弾1万発を
国連経由で韓国軍に無償で譲渡することを決めた。
銃弾は日本時間同日深夜に現地の韓国軍に届いた。
PKO協力法に基づく措置で、銃弾のような殺傷能力の
ある武器の他国軍への供与は初めて。従来の政府方針との
整合性の観点から議論を呼びそうだ。

菅義偉官房長官は同日談話を発表、銃弾提供を武器輸出を
原則禁じる武器輸出三原則の例外とした。理由として
(1)韓国の隊員や避難民の生命・身体保護のために一刻を争う
(2)韓国の保有する小銃に適用可能な弾薬を保有する
PKO部隊は日本のみ
(3)PKO部隊以外への移転が厳しく制限されている――
ことを挙げ「緊急の必要性・人道性が極めて高い」と指摘した。

南スーダン独立に伴う同国のPKOには約70カ国の
約7500人が参加している。戦闘が起きている東部の
ジョングレイ州で展開中の韓国軍の銃弾が不足したとして
国連から銃弾提供の要請があったのは日本時間22日午前。
韓国国防省関係者によると、韓国軍と同じ口径5.56ミリの
小銃の銃弾を使っている他国の部隊のうち、まず米軍に
頼んだが少量しかなく、自衛隊に要請したという。

政府は23日、安倍晋三首相や麻生太郎副総理、岸田文雄外相、
小野寺五典防衛相らが首相公邸で国家安全保障会議
(日本版NSC)を開いて銃弾提供の方針を決定した。

PKO協力法はPKOや人道的な国際救援活動などのために
物資協力できると規定している。ただ政府はこれまで銃弾は
想定していないと説明し、国際機関から提供を求められても
応じない考えを示してきた。

自衛隊は12年から南スーダンで道路や橋の整備などにあたる
施設部隊を派遣。約400人が首都ジュバにいるが、混乱拡大を
受け、現在は宿営地外での活動を自粛している。
政府は自衛隊の銃弾の備えに余裕があり、1万発を提供しても
活動に問題ないとしている。

 
関連記事です。
韓国、日本提供の銃弾返却へ 追加物資到着後
韓国国防省の副報道官は27日の記者会見で、日本が国連を
通じて南スーダンで国連平和維持活動(PKO)に参加する
韓国軍に提供した銃弾1万発について、韓国から現地に
追加物資が届き次第、「すぐに国連に返却する」と明らかにした。

韓国内で、安倍政権が銃弾提供を「積極的平和主義」の
推進に「政治利用している」との批判が出ていることを念頭に、
返却方針を明確にした形だ。

副報道官はまた、銃弾提供をめぐる日本の対応や安倍晋三首相の
靖国神社参拝に触れ、「信頼を構築できない日本の動きがある中、
どのような軍事交流ができるのか問いたい」と述べた。(共同)


コメントです。
南スーダンPKO活動で、自衛隊所有銃弾を
韓国軍に提供した話題です。
ところが、事後、かなりもめているようですね。


[PR] ソウル! ソウル! ソウル!
[PR] シリーズ・サルサ ソウル発 あじさい文庫 公式紹介サイト
[PR]サルサソウル発・無 料ダウンロード 

[PR]ヴィンテージジャージ専門のVanves
[PR]プラスチック成型 山八化成工業所
posted by salsaseoul at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本・政治 経済

2ちゃん、匿名の代償 ライバル作家を中傷…身元ばれて信頼失う

2ちゃん、匿名の代償 ライバル作家を中傷…身元ばれて信頼失う
朝日新聞 2013年12月23日

122901.jpg


ネット掲示板「2ちゃんねる」から今年8月下旬、3万件以上の
会員情報が流出した問題が思わぬ事態を引き起こしている。
相手をののしり、自作自演の書き込みをした人たちがネット上で
次々と特定されている。当の本人たちに何が起き何を思うのか。
■「愚かでした」

気鋭の男性小説家(35)はこの秋、作家仲間や出版社への
おわびに追われた。

作家は2ちゃんねるの掲示板で、ライバル視していた小説家を
「虚言癖がある」と攻撃し、別の小説家の作品が原作の漫画に
ついてはアンケートをした出版社を「打ち切り確定なのに資源の
無駄」と批判。一方自身を「(出版社が)『作家買い』をする
例外中の例外」と自賛していた。

一連の騒ぎでネットで暴言や中傷を繰り返していたことが発覚し、
仕事上の関係先や信頼を失った。

作家は取材に「相手を見下したい、おとしめたいという漠然とした
悪意があった。相手の欠点とみた部分を、一方的に罵倒する
書き込みは快感だった」と振り返る。賛同する書き込みを
見つけると、快感がさらに増したという。

高校卒業後にフリーターを6年ほど経験し、ニートとなっていた
3年目に書いた小説が入賞。作品評価が気になり2ちゃんねる
頻繁にアクセスするようになった。「匿名での書き込みで歯止めが
利かなくなった。愚かな行為でした」

■おびえる毎日

関東地方に住む30代の会社員男性はネットに自分の情報が
さらされないか、毎日おびえている。2ちゃんねる自作自演
10年ほど続けていた。返信が来るのが、ただ楽しかった。

特に不幸話は人を引きつけた。借金がある離婚男性を装い
「死のうと思います」と、架空の身の上話で同情を誘った。

「がんばれ!」「経験を生かして生きろ」。励ましの返信を改めて
読み返すと心が痛む。「弱者のまねをするなんて最低の人間。
ばれたら会社や隣近所にゆがんだ人間と思われる。
仕事を辞めなければならない」

今回の問題について2ちゃんねるのサーバー運営会社(米国)は
ホームページ上に「サイバー攻撃を受け、情報が流出した」と公表。
会員制サービスの情報管理の仕組みを改め、再開するとしている。

記者は流出経緯や匿名投稿者がネット上で明かされている事態に
ついて、運営会社と運営に携わる関係者に計4回、取材依頼の
メールを送ったが、回答はない。

■リスク、もっと意識を

匿名の書き込みが誰のものか、投稿主の身元がわかってしまう
ことをネット用語で「身バレ」という。2ちゃんねるの会員情報
流出から4カ月たった今も、ネット上では誰の書き込みか
特定する動きが続いている。

ネットトラブル研究の第一人者で、多摩大学情報社会
研究所の田代光輝・客員研究員は「名前や住所という
個人情報だけでなく、その人格までうかがえる情報が大量に
流出した初めてのケースだ」と指摘する。

今回は会員情報に加えて、数十万件の書き込み履歴が
流出したことで個人が特定された。ただ、これまでも身近な
人物が情報を漏らすなどブログや掲示板の投稿主が特定
されたケースは多い。
「ネットに匿名は存在しない。そう思って利用した方がいい」

「ネットの記録性にも目を向けて欲しい」と注意を
呼びかけるのは、ネット上のコミュニケーションを研究する
関西学院大の鈴木謙介准教授(社会学)だ。

ネットに記録された情報は拡散し、消し去ることは不可能に
近い。検索も簡単だ。コンビニのアイスケースに入り込んだ
写真など、若者たちによるツイッターへの悪のり投稿が
夏以降、社会問題化。身内に発信したつもりが、拡散した
ケースもあった。経済産業省のキャリア官僚は、東日本
大震災
直後の匿名ブログでの不適切な投稿が、
今年9月下旬に発覚し処分された。

鈴木准教授は「投稿する前に、自分にメリットのある
書き込みかどうか、もう一度、心に問い直してほしい」と
話している。
  (須藤龍也)

■ネット利用、心がけ5カ条
 (1)情報は漏れると心得よ
 第三者の流出事故まで防げない
 (2)匿名なんて、あり得ない
 IPアドレスや履歴……足跡だらけ
 (3)いつか、あなたも狙われる
 過去の情報が特定の材料に
 (4)失敗は闇夜とともに
 夜中は気持ちが大きくなる
 (5)飲んだら書くな 書くなら飲むな
 お酒は判断を鈍らせる
 (多摩大学・田代光輝客員研究員が監修)
キーワード
2ちゃんねる会員情報3万件流出問題> 掲示板の
書き込みを過去にさかのぼって検索できる有料サービス
2ちゃんねるビューア」の会員情報が8月下旬、ネット上に
流出した。3万件以上の氏名や住所、クレジットカード番号
などが含まれていた。同時に会員IDと結びつける情報や
、数十万件に及ぶ書き込み履歴も流出。1件ずつ照らし
合わせることで、書き込んだ人物が次々と特定されている。


コメントです。
2ちゃんねる 「身元バレ」の話題です。
フェイスブックの実名によるプライベート記述発信も
時と場合によっては見苦しいことがありますが、
匿名による傍若無人な書き込みも情けない行為ですね。

[PR] ソウル! ソウル! ソウル!
[PR] シリーズ・サルサ ソウル発 あじさい文庫 公式紹介サイト
[PR]サルサソウル発・無 料ダウンロード 

[PR]ヴィンテージジャージ専門のVanves
[PR]プラスチック成型 山八化成工業所
posted by salsaseoul at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本・社会