home003.gif

2013年11月18日

年賀はがき「自爆営業」 3000枚割り当て、転売でも損

年賀はがき「自爆営業」 3000枚割り当て、転売でも損
朝日新聞 2013年11月17日

年賀状買い取り42円」
今月1日夕、首都圏の金券ショップに貼られた値札を、両肩に
それぞれリュックサックをかけた30代の男性がみつめていた。

リュックには、その日売り出された年賀はがきが、3千枚以上
詰まっている。

男性は、中部地方に住む日本郵便非正規社員。上司から
年賀はがき
の販売ノルマをつきつけられていた。
配達の合間に客に買ってもらうものだが、売り切れない分は、
自費で買い取る。「少しでも自腹の負担を減らしたい」。
首都圏の金券ショップは地元より買い取り額が10円近く高い。
新幹線を使ってでも持ち込む「価値」がある。

2600枚を店員に渡し、10万9200円を受けとった。
通常の50円との差額の計約2万円は自費になるが、
「しょうがない」。残りは自力で売る覚悟だ。

同じ日、長崎県内に住む30代の正社員男性は、4千枚を
北海道
金券ショップに宅配便で送った。
「足がつかないように」と遠方の店を選んだ。店の買い取り額は
1枚40円。4万円の損になる。数年前から毎年4千枚を買い、

転売する。職場では1万枚の「目標」が示され、約100人の
社員の8割が達成する。「多くが自腹を切るからだ」

販売ノルマを達成できず、自費で買い取る行為は「自爆営業」
呼ばれる。ノルマに悩む局員の一部で慣習になっている。

買い取ったはがきは、金券ショップネットオークション
転売している。

日本郵便の親会社、日本郵政は2015年に予定する株式上場
向け、コンプライアンス法令順守)を強化。「自爆営業」に
ついては今年度から、金券ショップの見回りなど防止策を
とりいれた。だが、状況は変わっていない。

 (牧内昇平、奥村智司)


年賀はがき「自爆営業」 局員、ノルマ1万枚さばけず
■上司から「給料泥棒」

【牧内昇平、奥村智司】郵便局員たちを「自爆営業」に
駆り立てるのは何か――。厳しいノルマと上司からの圧力だ。

「実績の低い者は給料泥棒だ」「営業やらんかったら、
辞めてくれて構わない」。首都圏に年賀はがきを売りに
来た中部地方の男性は、来年用の販売の予約受け付けが
始まってから毎朝、上司からハッパをかけられた。

雇用契約を半年ごとに更新している男性には、
「売らなければクビ」と聞こえた。数年前には上司から
呼び出されて叱られ、「なんとしても売ります」と誓約書を
かかされた経験もある。

だが、ふだんは配達で精いっぱい。毎年買う客は、古参の
社員がすでに予約をとっている。新規開拓で予約をとれたのは
1世帯50枚だけ。月収は手取りで16万円ほどで「自爆」の
出費は苦しいが、「働き続けるには他に方法がない」。

年賀はがきの販売目標は、前年の実績をもとに全国の

郵便局に割り振られている。多くの局では、局の目標枚数を
社員数で割り、ノルマを設定しているとみられている。

各地郵便局員によると今年埼玉県のある局では配達担当の
正社員、非正規社員に7千枚のノルマが課された。
奈良県
のある局では正社員8千枚、非正規6千枚だった。
西日本地区のある局の班長は1万3500枚だった。
暑中見舞い
はがき(かもめーる)やギフト商品の物販にも、
ノルマが設定されているという。

千葉県非正規社員の40代男性は、毎年1千枚ほどの
年賀はがきを自費で買い取る。
「ふだんの営業でさばけるのはせいぜい300枚。
ノルマの10分の1にもならない」。おおかたは親戚に贈り、
残りは使い道がないので自宅に放置している。

上司に見つかりたくないので、金券ショップには持ち込まない。
「毎冬、定期的に減給されているようなもの」と憤る。

福岡県の正社員だった男性(52)はノルマ達成を求められ、
うつ病になった。1万枚のノルマに対し、自力で売れるのは
4千枚。「心も体もぼろぼろ」。
昨春、約30年勤めた郵便局を辞めた。

人事評価への影響をちらつかされた人もいる。
福岡県
の50代男性の非正規社員は昨年、上司から
「(ノルマを)達成しないと査定に影響する」と言われた。
非正規で働いていた同県の女性(39)は、かもめーるの
目標未達成を理由に時給を下げると言われ、退職した。

■収益、年賀はがき頼み

【伊沢友之】「民営化に向かう過程で自爆営業が広がった」。
首都圏の郵便局で20年以上働く正社員男性は話す。

年賀はがきのノルマは2000年ごろまで1人1千枚ほど。
未達成でも上司から叱られなかった。

郵政が民営化に向かうここ10年の間にノルマは増え、
いまは4千枚に。達成への要求も激しくなり、
「自爆しないとノルマが達成できない状況だ」。

背景には、年賀はがきのもうけに頼る日本郵便の収益構造が
あると言われる。年賀はがきの年間売上高は約1500億円。
郵便事業全体の1割ほどだが、短期間で大量にさばけ、
収益性も高い「ドル箱」だ。ゆうパックなどほかの部門の赤字を、
年賀はがきのもうけで埋めてきた。

だが、年賀はがきの販売枚数は急減。日本郵政グループ
職員でつくる労働組合の一つ「郵政産業労働者ユニオン」の
日巻直映・中央執行委員長は、「会社は販売枚数を維持
したいため、過剰なノルマを課している」とみる。

日本郵便広報室は自爆営業の存在は認めたうえで、
「販売目標は適切で達成できない場合の罰則もない」と
説明する。

自爆営業については今年度から対策に乗り出したばかり。
朝日新聞が入手した内部資料によると、「不適正営業の撲滅」
などとして、金券ショップの定期的な見回りを実施。転売された
はがきのくじ番号を調べ、転売職員を特定する。
また、厳しいノルマがあった場合の「内部通報窓口」の
周知を徹底させるという。実効性は未知数だ。

親会社の日本郵政首脳は朝日新聞の取材に、
金券ショップに出回るということは販売のどこかに
無理があった。対策を打ったつもりだが残念だ」と答え
追加対策の必要性を示した。


コメントです。

年賀はがきの「自爆営業」の話題です。
郵便局の民営化後について私的な
感想ですが、民営化前は郵便局で窓口対応時に
それほど杓子定規ではなく、本人確認なども
窓口の職員の判断にゆだねるなど、
そこそこ「ゆるい」感じがありました。
ところが、民営化後は常に対応マニュアルに
基づいた手順を必須とし、そのために以前より
少々堅苦しい対応と感じるようになりました。
また、民営化後は、職員の方々が何かにびくびく
しているような感じも見受けるようになりました。
いずれにしても、今後は馬鹿げた「自爆営業」など
なくすように、トップは営業方針を変えていくべきですね。


[PR] ソウル! ソウル! ソウル!
[PR] シリーズ・サルサ ソウル発 あじさい文庫 公式紹介サイト
[PR]サルサソウル発・無 料ダウンロード 

[PR]ヴィンテージジャージ専門のVanves
[PR]プラスチック成型 山八化成工業所
posted by salsaseoul at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本・社会

2013年11月16日

10年分、感謝のジャンプ 人工尾びれのイルカ「フジ」

10年分、感謝のジャンプ 人工尾びれのイルカ「フジ」
朝日新聞 2013年11月16日


11163.jpg


11162.jpg

人工尾びれをつけてジャンプするフジ=沖縄県の海洋博公園

11161.jpg

フジに人工尾びれをつける飼育員たち。訓練の末、フジは尾びれを差し出すようになり、
人工尾びれをおとなしく装着できるようになった

【伊藤恵里奈】沖縄県海洋博公園にいるイルカの「フジ」に
世界初の人工尾びれを装着するプロジェクトが、始動から
10年の節目を迎える。タイヤメーカー、彫刻家らも加わり
試行錯誤を続け、フジはジャンプも取り戻した。
18日から人工尾びれ着脱観察会など記念行事が
相次ぐ。フジを巡る物語は続く。
青い海を背景にしたプールで悠々と泳ぐバンドウイルカのフジ。
推定44歳。飼育員泣かせの頑固者だけど、これまで3頭の
イルカを産んだ肝っ玉母さんだ。
2002年秋、フジは病気で尾びれの75%を失った。

命は助かったが、フジは自由に泳げなくなり、
ただ浮かぶだけになった。

「イルカの皮膚はゴムに似ている」とひらめいた獣医師の
植田啓一さん(44)は東京のタイヤメーカー「ブリヂストン」に
人工尾びれづくりをお願いした。

「『あの子(フジ)を助けたい』という植田さんの熱意に
ぐらっときた」と振り返るのは、当時ブリヂストン
化工品技術本部長だった加藤信吾さん(61)。ブリヂストン
技術者が集まり、03年にプロジェクトが始まった。野生の
イルカ題材作品をつくる大阪府彫刻家薬師寺一彦(45)も
加わり、04年には世界初のイルカの人工尾びれができた。

上下運動を圧迫しないよう残った25%の尾びれに引っかけて
装着した。フジは泳ぎを取り戻し、メタボだった体形も元に
戻ってきた。以前は積極的でなかったジャンプに挑戦し始め、
尾びれが壊れるようになった。
尾びれの構造をさらに調べて06年、オリンピックの自転車
競技
用に開発した新素材と天然ゴムを使った尾びれが完成した。

今も元気に泳ぐフジは、人々の心に何かを残している。
神戸市
内の児童養護施設で暮らす児童たちは、4年前から
地元の商店街の招待で毎年沖縄に行ってフジを訪ねている。
事前に映像や本などで学び、実際に対面した子どもたちは

「フジみたいに自分も頑張る」という感想を寄せている。

獣医師の植田さんは
「10年間フジを研究して多くの発見があった」と話す。
たとえばイルカの尾びれの「しなり」は想像以上の役割を
果たしていた。イルカは1回のジャンプで約1トンの水を
動かすといわれる。尾びれのしなりは、その負荷にうまく
耐える強度と柔らかさを備えた構造だと分かった。さらに
尾びれの形によって遊泳速度が変化することや、人工
尾びれがイルカのリハビリにとって有効だと検証された。

これまでフジのために8種38本の人工尾びれがつくられ、
培われた技術は傷ついたイルカを救ってきた。
07年に石川県の「のとじま水族館」のイルカのために人工
尾びれが作られ、現在は米国の水族館にいる尾びれを
なくしたイルカのための研究が進んでいる。

現在も、装着しやすく長時間つけても負担がないものを
目指して、人工尾びれの研究は続けられている。
植田さんは、「今後のイルカの飼育と治療に役立つ
ためにも、フジには元気で頑張ってほしい」と話す。

海洋博公園では今月、プロジェクト10年を記念した
イベントを開く。18日から24日までは1日3回人工尾びれ
着脱の観察会があり、23日にはフジの映画
「ドルフィンブルー フジ、もういちど宙(そら)へ」の上映会、
23、24日には加藤さんら関係者による講演会がある。
すべて無料だが講演会は事前申込制。
問い合わせは海洋博公園管理センター(0980・48・2748)



コメントです。
久しぶりに人口尾びれ
のイルカ「フジ」の話題です。
もう、10年にもなるのですね。
飼育スタッフやメーカー、また、その他
関係者の方々の熱意に脱帽です。

[PR] ソウル! ソウル! ソウル!
[PR] シリーズ・サルサ ソウル発 あじさい文庫 公式紹介サイト
[PR]サルサソウル発・無 料ダウンロード 

[PR]ヴィンテージジャージ専門のVanves
[PR]プラスチック成型 山八化成工業所
posted by salsaseoul at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境

2013年11月15日

米国、象牙とサイ角の密輸撲滅に初の報奨金 ラオス組織標的

米国、象牙とサイ角の密輸撲滅に
  初の報奨金 ラオス組織標的

CNN.co.jp 11月14日(木)

elephant-ivory.jpg

(CNN) 米国政府は14日までに、アフリカとアジアの間で象牙と
サイの角の密輸に関与する組織や人物の情報提供に100万ドル
(約1億円)の報奨金を提供する方針を明らかにした。
米国務省によると、同国がこの種の報奨金を約束するのは初めて。
ラオスに拠点を起き、南アフリカ、モザンビーク、タイ、マレーシア、
ベトナム中国にも配下がいる密輸組織「Xaysavang Network」
壊滅を狙った措置となっている。
ケリー米国務長官は声明で、動物の違法密輸による収入は年間で
80億ドルから100億ドルまでに達するとし、麻薬や人身売買の
資金源にもなっていると指摘。多国間で暗躍する組織による
野生動物の密輸は汚職撲滅の支障となり、不安定な地域での
法統治と国境警備を脅かすと指摘。自然界の生物の多様性と
エコツーリズムに収入などを頼る地域社会を揺るがすとも述べた。
アジアの富裕層に根強い需要があるとされるサイの角は多額の
収入が見込める取引とされる。
角はがん、二日酔いの有効な治療薬と受け止められ、男性の
性的能力を高める効果があるとも思い込まれている。
角の密猟者は近年、需要の増加と共に最新技術や先端兵器など
動員してサイを殺しているとされる。
アフリカ大陸で殺害されたサイの個体数は昨年、約745頭で、
過去20年で最高数との指摘もある。
動物保護団体によると、象牙の違法取引の増加に伴い
近年殺されたゾウの頭数は毎年3万頭に達している。
国際動物福祉基金(IFAW)は、象牙確保のため2011、12両年に
殺されたゾウは記録的な数字を示したと説明。
一部の種のサイは絶滅もしくは絶滅の危機にあると強調している。
同基金によると、米国は動物の違法取引量では世界で2番目に
多い。サリー・ジュエル米内務長官は今年9月、国内で象牙6トンが
押収され、廃棄処分にすると述べていた。米国は象牙の商業
取引は1989年以降、禁止している。


関連記事です。
アフリカのサイ、困難な密猟対策

64738_0_600x450.jpg
ベトナムのカフェで、サイの角を細かくすりおろす女性。

国際自然保護連合(IUCN)が発表した報告によるとアフリカでは、
角めあてのサイの殺害頭数が危機的な水準に近づいているという。
2013年だけでも、11分に1頭もの割合で殺されている計算になる。
だが、ナショナル ジオグラフィック誌2012年3月号でサイの角を
めぐる密猟と闇取引の記事を執筆したピーター・グウィン氏は、
驚くには当たらないと話す。「角をアジアの闇市場に流せば
大きな利益が得られる。その味を知る犯罪組織が存在する限り、
密猟は続くだろう」。
ベトナムや中国では、角をさまざまな病気に効く万能薬として
服用する習慣があり、闇取引が非常に盛んだ。
近年の密猟増加に拍車をかける要因となっており、IUCNに
よると2011年以降に殺されたサイは少なくとも1700頭に上り、
全個体数の7%に相当する。その3分の2以上は、全世界の
73%の野生種が住む南アフリカで確認された。アフリカ全体では、
クロサイ5055頭、シロサイ2万405頭が生息。
IUCNはクロサイを絶滅危惧IA類(絶滅寸前)に指定している。
グウィン氏は、末端の密猟者に対応するだけでは成功しないと
語る。密猟組織はヘリコプターや麻酔銃、高性能武器を所持
しており、資金も豊富だ。南アフリカ政府は取り締まりに
乗り出しているが、効果はあがっていない。
「南アフリカ政府は密猟に対する姿勢を年々厳しくしているが、
殺されるサイの数は猛烈な勢いで増え続けている。
需要側に対する実効性のある対策が求められ
ており、アジアでの闇取引を徹底的に取り締まるのは方法の1つだと思う。
また、議論の余地はあるが、サイの角を持続可能な範囲で
採取し、その取引を法律で管理しながら膨大な需要に対処する
手法もありうる。ただし、どちらの対策も一筋縄ではいかないだろう」。
サイの角は死んで角質化した表皮細胞であり、切り落としても2
年ほどで再生する。
◆高まる期待と立ち塞がる障害
南アフリカとベトナムは2012年12月、サイの密猟および
その他の自然保護問題の取扱いに関する覚書に調印、
いくつかの具体的な対策が現実味を帯びてきた。
情報共有や連携強化など、不法行為を阻止する取り組みの
実現が期待されるが、グウィン氏は文化的な背景が
最大の障害になると指摘する。
「ベトナムや中国ではサイの角に薬効を信じて疑わない人が大勢いる」
◆国際会議での議論
3月3日からタイのバンコクで開催されるワシントン条約
(CITES:絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に
関する条約)の第16回締約国会議では、サイの密猟および
角の取引が主要議題になる。グウィン氏は、サイを生かしたまま
持続可能な範囲で角を採取する問題についても、当然議論に
なると考えている。
「南アフリカの政治家や法執行機関の間では、この案への賛同が
増えている」とグウィン氏は述べる。国際社会も「サイを絶滅から
守るためには、大量殺りくの阻止が必要」という
認識は共通だ。
しかし、持続可能な方法で採取されたとしても、取引の合法化は
自然保護の観点から認めないとする意見もあるという。


コメントです。
米国が密猟撲滅に乗り出した話題です。
うまく機能するといいですね。

[PR] ソウル! ソウル! ソウル!
[PR] シリーズ・サルサ ソウル発 あじさい文庫 公式紹介サイト
[PR]サルサソウル発・無 料ダウンロード 

[PR]ヴィンテージジャージ専門のVanves
[PR]プラスチック成型 山八化成工業所
posted by salsaseoul at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 北米

2013年11月13日

一人っ子政策緩和へ、4億人の人口を抑制―中国

一人っ子政策緩和へ、4億人の人口を抑制―中国
レコードチャイナ 2013年11月12日

2013年11月12日、財新網発・中国政府の一人っ子政策で、
両親のどちらかが一人っ子の場合、2人目の子供の出産が
認められる見通しとなった。
消息筋が明らかにした。
中国共産党の第18期中央委員会第3回全体会議
(3中全会)閉幕後まもなく発表される見通しだ。
実現すれば中国政府の人口調整政策において重大な意味を
持つとみられる。人口学の専門家は、両親の片方が一人っ子の
家庭、いわゆる「単独家庭」にとって「小さな一歩」になると指摘。
人口増加に大きな影響を与えるものではないが、今後の方向性を
示す上で意義があるとしている。また、家族計画において個人や
家庭に決定権を持たせるものともいえる。
中国国家衛生計画出産委員会の毛群安(マオ・チュンアン)
報道官は11日、中国政府が一人っ子政策を続けた結果、
人口4億人余りが抑制されたと表明。「(政策の実施により)
人口の急増が資源、環境にかける負荷を大幅に緩和した」と
説明した。(翻訳・編集/AA)

関連記事です。

「やめられない一人っ子政策」
先月、広西チワン族自治区の農村各地で、一人っ子政策の横暴な
取り締まりに反発した住民らが暴動を起こすという事件が発生した。
現地当局が、一人っ子政策の実施にあたって、女性に不妊手術を
強要したり、法外な罰金を徴収したり、財産没収を行ったりして
いたことが原因だという。一人っ子政策についての同様の事件は
過去にも報道されたことがあったが、今回は抗議に参加した人数が
大規模で、暴動という事態に至ったため特に注目を集めた。
海外メディアは、どれもこの事件を批判的に報道していたし、地元
当局が行っていたという暴力行為や不法行為は、どんな理由が
あろうと許されるものではない。ただ、少し意地の悪い見方かも
しれないが、この事件について報じるいくつかのニュースは、
タイトルにあたかも「一人っ子政策」そのものに対して批判的
であるかのようなニュアンスを漂わせておきながら、実際に
読んでみると、一人っ子政策を正面きって批判する内容は
ほとんど見受けられなかった。
一人っ子政策をどう捉えるかというのは難しい問題である。
後述するように、一人っ子政策の弊害を列挙することは
難しくない。子供を生む権利の制限が、人道的観点から見て
ひどい政策なのも確かである。多くの日本人は、中国の街角の
掲示板や横断幕に「少なく産んで、早く豊かになろう!」とか、
「少なく産んで、精鋭に育てよう!」という標語が掲げられているのを
見たとき、あるいは公共バスの車体に大きく風邪薬か何かの
宣伝のように経口妊娠中絶薬の広告が描かれているのを
見たとき、おそらくカルチャー・ショックを受けるだろう。
だが「では、今すぐ一人っ子政策をやめるべきか」と問われれば、
大半の人は言葉に詰まってしまうのではないだろうか。
当然ながら中国では、一人っ子政策はすべての人にとって重大な
関心事項であり、それに関する出版、番組、報道も多く、弊害に
ついて論じるものや、政策の緩和を求める意見も少なくない。
中国では50年代に、人口を抑制しなければ食糧難・就職難に陥り、
環境に悪影響を与え、人口の増加が経済発展の成果を帳消しに
してしまうと危惧する声があがり、60年代にはいくつかの都市で実
際に計画出産の政策が採用され、70年代末から中央政府が
全国的に一人っ子政策を推進し始めた。以降、30年にわたり
政策を継続しているわけだが、人口増加の問題を抱える途上国の
中で、中国はその抑制に成功した国だと言われている。
だがよく知られているように、急激な人口増加率の低下は同時に
深刻な問題をもたらした。ひとつは、急速な高齢化である。
2000年度に行われた国勢調査では、65歳以上の人口が全体の
6.95%に達しており、中国も「高齢化社会」に分類される水準に
達した。しかも農村では労働力が都市に流れてしまうため高齢化の
度合いがさらに高くなる。国家人口生育計画委員会が発表した
報告書は、60歳以上の人口比率について、2020年に16%、
2040年代後半には30%に達すると予測している。
超高齢化社会の到来である。
労働人口の減少が経済発展の足を引っ張ることも懸念
されている。中国は労働者が豊富に存在し、かつては
「経済発展しても賃金が上昇しない」などと言われていたが、
もはやそれも過去の話である。中国社会科学院人口・労働
経済研究所が発表した報告書「中国就業増加と構造変化」は、
農村における余剰労働力も減少の一途をたどっており、おそらく
09年頃から労働力不足に転じ、労働者賃金の上昇に
つながると指摘している。
選択的中絶によるいびつな男女人口比も深刻だ。
中国では一人しか子供がもてないなら男児を、と望む家庭が
少なくなく、胎児の性別鑑定を禁じる法律ができたあとも、
不均衡は広がる一方である。女児100に対し男児105±2が
正常値といわれているのに対し6年度は122.66となっている。
また"小皇帝"(*1)の教育や精神面での悪影響も懸念
されている。祖父母4人、両親2人、子供1人という環境でさんざん
甘やかされ、一方で過大な期待をかけられストレスを抱える
子供たちが大人になったとき、中国社会はどう変化するのか。
一人っ子政策の緩和を求める声がある一方で、都市部では
子供を望まない若い夫婦が増えてきたことや、旧正月に
どちらの実家に帰省するかというテーマが社会面で
よく取り上げられているのは、日本と同様である。
それ以外にも、戸籍のない子供の存在や、最初に挙げた
ような地方当局の無理な取締りとそれに反発する住民の
紛争、逆に罰金など痛くも痒くもない富裕層の一人っ子
政策違反なども最近では問題になっている。
一人っ子政策のマイナスの影響が増大するにつれ、中国
国内でも政策の緩和を求める声が大きくなってきており、
中央政府も若干の緩和策を実施したが(*2)
それ以上の政策変更は時期尚早と判断しているようである。
国家人口計画生育委員会の副主任も「現在の出生率
1.8%のまま推移すると過程すると、中国の人口は毎年
800万から1000万増加することになり、2年でオーストラリア一国、
6年でイギリス一国分の人口が増加することを意味し、
今でさえ苦しい生活環境に更なる困難をもたらす」と述べている
(『人民網』日本語版、2006年10月10日)。
また、たとえば広東省の人口生育計画委員会主任は
「計画出産政策を実施してから、広東省の出生率が5.87から
1.8にまで減少したのは喜ばしいが、流動人口の影響で、
今後も毎年110万人の新生児が誕生することが予測されて
おり、これは毎年100万人都市が一つ増えるのと同じことである」、
「広東省は今後も人口と資源、環境の協調的発展の問題を
重視していかなければならない」と述べている。
(『北京青年報』インターネット版、2007年5月24日)。
要は一人っ子政策によって人口増加スピード抑制することには
成功したが、それでもまだ人が多すぎると言っているのである。
そうはいっても、いずれどこかで政策転換を行わなければ
ならないのは皆分かっている。問題は、いつ、どのように
してということだが、それについては統一した見解がない。
人口のコントロールなど、そもそも科学や人智で制御するのは
極めて難しくデリケートな問題である上に、中国統計局局長も
認めていることだが、統計の数字があまり当てにならない。
それには二つの理由があって、一つはかつて社会主義で戸籍、
住居などを当局が管理できていた時代は、人口の把握や
出産計画の実施も比較的容易であったが、市場化や人々の
流動が進んだ現在は、それが困難になってしまった。
二つ目は、地方の上げてくる数字が信頼できない。中央から
指示を受けた地方は、「全体の局面からこの問題をみず、
狭い視野にとらわれ、自分の評価が下がるのを心配し、
修正した良い数字を報告してくる」からだ。
中国の経済成長や外交面での活躍など見ていると華々しいが、
内部の問題に目を向けると、ただ溜息が出るばかりである。
中国では何もかもが桁外れ、巨大な国だという当たり前の
認識を、また確認しただけだった。

*1 小皇帝
女の子の場合"小公女"と呼ばれることもある。一人っ子
政策開始後に生まれた一人っ子の子供のこと。両親や
祖父母から過保護に育てられ、わがままに育つ子供を
揶揄する言葉。彼らは両親や祖父母の世代と違い、
比較的豊かな生活を送り高い教育を受ける反面、協調性や
忍耐力、独立心に欠ける傾向があると言われている。
*2 一人っ子政策
一人っ子政策は、都市部では厳格に適用されていたが、
農民や少数民族については地方によって二人目以降を
出産することが許可された。たとえば一人目の子供が女子で
あった場合や、一人目と二人目の出産間隔を空けるなど。
現在では都市部でも、両親ともに一人っ子である場合、
二人まで子供をもってよいことになっている。一人っ子政策の
もたらす弊害に危機感を抱く学者などは、「1人か2人」、
つまり誰でも2人までは子供をもてるように政策を緩和すべき
だと主張しているが、それはまだ認められていない。



コメントです。
中国の一人っ子政策緩和の話題です。

[PR] ソウル! ソウル! ソウル!
[PR] シリーズ・サルサ ソウル発 あじさい文庫 公式紹介サイト
[PR]サルサソウル発・無 料ダウンロード 

[PR]ヴィンテージジャージ専門のVanves
[PR]プラスチック成型 山八化成工業所
posted by salsaseoul at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国・台湾

2013年11月10日

8時間以内に世界展開「国境なき医師団」とは?

8時間以内に世界展開「国境なき医師団」とは?
THE PAGE 11月9日(土)


11101.jpg

海外の紛争地や被災地のニュースが伝えられると、たびたび
「国境なき医師団」(MSF)という言葉を目にします。
病気で苦しんでいたり、傷ついた人たちを助けたりする医師の
グループということは想像できますが、どんな特徴のある
組織なのでしょうか?

1971年にフランスの医師らのグループによって作られた
人道援助団体です。
国連の関連組織と思われることもありますが、実際は
国連とは関係のない100%民間の団体です。

活動資金の大半は、個人や法人からの寄付金です。
政府からの金銭的な援助があると、すぐに医師を派遣したい
国があるのに、政治的な意図によって活動地や活動内容が
左右されたり、現地の紛争当事者に受け入れてもらえない
おそれがあったりするためです。

 
11102.jpg

活動は世界中に及んでいます。オランダ、スイス、スペイン、フランス、
ベルギーをはじめ、アメリカやインド、香港、日本など世界中に28の
拠点があります。2012年は現地スタッフも合わせ、約3万5000人が
アフガニスタンやシリアなど72か国で活動しました。

「国境なき医師団」の活動を特徴づけているのは
医療活動」と「証言活動」の2つです。

医療活動」は、緊急援助を専門としています。
世界中のどこにでも48時間以内にチームを展開する機動力があり、
エアテントで無菌の手術室を備えた病院を設置することもできます。
医師だけでなく、活動する医師らを支えるため、現地で飲み水を
確保したり、物資の調達を行ったりするスタッフもいます。

「証言活動」は、いわば広報活動ですが、自分たちの団体をPRする
ことだけが仕事ではありません。活動地では、虐殺など、多くの
人命を危機にさらす見過ごせない事態を目撃することもあります。
国際社会からより多く支援が届くよう、ジャーナリストとして現地の
証言を集め、写真やビデオを撮影し、世論を喚起するという
役割を担っています。

 
11103.jpg


「国境なき医師団」の医師は、同じ医師でも求められる
スキルは特別です。

海外で活動するため、最低限英語が話せる必要があります。
現地では機材が十分にそろわないため、限られた設備で
診療ができなければなりませんし、日本では滅多にみない銃弾に
よる傷の手当もできなければなりません。
母国にない病気も治さないといけません。

彼らは本業を持っているという意味ではボランティアですが、
無償で活動してはいるわけではありません。経験によって
異なりますが、月14万円以上が支払われます。
食費などは共同生活で賄われます。

 

11104.jpg

日本では、1992年に日本事務局が発足。東京にある事務局
オフィスには約40人のスタッフが働いています。これとは別に、
すぐに派遣に応じられる日本人医師ら300人がいます。
2012年には、日本からアフガニスタンやシリア、パキスタン、
中央アフリカ共和国など27の国と地域に62人がのべ94回
派遣され、援助活動をしました。東日本大震災では、機動力を
生かして、翌日には医師など6人のチームがヘリコプターで現地入り。
その後ものべ41人が被災地で医療援助診療所開設活動にあたりました。


関連記事です。
「国境なき医師団」の厳しい現実

2011年の民主化運動を機に内戦状態が続くシリア。すでに戦闘を
避けて200万人以上が避難したといわれるが、今も周辺国への
避難を望むシリア人の数は増加の一途だ。人道的援助活動は
まったく追いついていない。

国境なき医師団(MSF)はシリア政府の「認可」を得られないまま
援助活動をしていたが、11年3月に治安悪化で活動をいったん
中止したという経緯がある。しかし12年6月にシリア北部の
空き家を仮設病院として立ち上げ再スタートした。

現在、シリア北部のトルコ国境近くで3カ所の病院を運営している。1

2年6月以来、1万件以上の治療、900件以上の外科手術を
行っている。麻酔科医として05年からMSFの活動に参加、すでに
8回の派遣歴を持つ初雁(はつかり)育介さんは昨年8月末から
2週間ほど、このシリアに派遣され、14〜15床の小さな
病院で診療に従事した。

「運ばれてくる患者はさまざま。市民か軍人か、政府軍か
反政府軍かは関係ない。私の出番は麻酔を使った手術を
必要とする重傷患者のときだ。多いときは1日十数人が
運ばれてくる。しかも爆撃や戦闘が起こるのは、主に夜。
夕方から翌朝までが特に忙しい」(初雁さん)

初雁さんを含む外国人スタッフは医師、看護師、ロジスティシャン
(物資の手配や搬送など、活動を補助する職員)など含め、
入れ替わりはあるが常時8〜10人程度。後は現地スタッフだ。
コミュニケーションは英語、あるいは通訳を交えての会話だ。

運ばれてくる患者のほとんどは爆撃や戦闘によるケガ人だが、
その中には「体の一部が吹き飛んだ人、弾丸数発が腸や肺を
貫通して穴が開いた人などがいる。その穴が開いた大腸を
取り出して一つひとつ穴を縫い合わせるという手術も行った」
(同)という。

身の危険は感じないのか。基本的にはシリア国内の戦闘の
激しい地域では医療活動をしない。だが、戦闘地域内ある
現地の病院に医薬品を届けるスタッフには命の保証はない。
街なかの病院が爆撃対象になったり、焼き討ちに遭うことも
あったという。「医療活動していた仮設病院の近くでも、朝方、
銃を乱射する音が聞こえるときがある。そんな時は体を伏せて
身を守った」(同)。

爆撃、戦闘から逃れようとするシリア人が集まる国境付近は
難民キャンプとなり、そこは衛生状態が悪く、コレラなどの
感染症も発生している。また、難民キャンプにサソリが出て
大騒ぎになったこともあるという。

文化や宗教の違いも、時に診療を難しくする。
「ムスリムは、男と女は完全に部屋を分ける。また、女性は
人前では肌を出さないだけでなく、男性には体を触らせない。
だから、女性専門の女性スタッフチームが必要になる」(同)。

外国人スタッフだけでは限界はある。しかし、まだまだ現地
スタッフの医療知識レベルは低い。文化や感覚の違いもあるが、
どうやってスタッフ教育をしていくか、援助活動を続けて

いくうえでの課題は山積している。
紛争とHIVと睡眠病…高い幼児死亡率の最貧国

アフリカ大陸の中央部に位置する中央アフリカ共和国。
1960年フランスから独立した後も政情不安が続いている。
ダイヤモンドや金、ウランの産出国だが、経済発展には
結び付いていない。国際社会からの支援金や支援物資は、
どこかで消えてしまう。政府は存在するが、国民には
その支援は届かない。

国民の9割が1日2ドル以下で暮らす世界最貧国の一つ。
山間部の村には、電気もガスも水道もない。
だが、携帯電話は普及している。ソーラーパネルを利用した
「充電屋」だけは儲かっているようだ。

落合厚彦さんは、物資調達、施設・機材・車両管理など
幅広い業務を担当するフィールド・ロジスティシャンとして
昨年6月から約半年間、中央アフリカに派遣されていた。
日本では20年ほどラジオ番組の制作をしていたが、
08年からMSFの活動に参加、マラウィ、ナイジェリア、
ジンバブエ、スーダンなど、アフリカを中心に8回の派遣歴を持つ。

落合さんが中央アフリカで活動していた病院はカーノという町の
基幹病院でベッド数は100ほど。一番のミッションは
高い乳幼児死亡率への対策で、MSFは診療だけでなく、
病院を現地の人だけで運営できるようにサポート体制の
確立も目指す。またHIVやアフリカ大陸に多い睡眠病の
ケアも大切な仕事だ。

落合さんの仕事は幅広い。物資調達といっても、現地では
なかなか手に入らないものが多い。本部へ連絡して空輸して
もらえば簡単だが、それではコストがかかりすぎる。時には
必要物資を調達するため、遠くまで出掛けたり、その物資が
あったとしてもすぐには購入せず複数購入先が見つかれば
必ず相見積もりを取って、安いほうを買う。

車両管理から飛行機の手配、水の確保まで行う

「MSFにはマニュアルがあって、効率的に業務を行うだけでなく、
何にどれだけおカネを使ったかを説明する責任がある。
寄付金は大切に使わなければならない。
その透明性も求められている」(落合さん)

また、車両管理といっても、車の台数だけでなく、ドライバーの
確保、さらには倉庫係や無線係といった現地スタッフの確保も
仕事の一つだ。時には、レントゲン設備のある大きな病院へ

患者を移送したり、飛行機の手配をしたりしなければならない
こともある。中でも安全な水の確保は、医療活動をするうえでも
重要だ。フランスの物流センターからは5000リットルの
タンクやホースのセットが送られてくる。水を入れ、浄化して使う。

困ったのは言葉だった。英語以外にフランス語も勉強して
いたので、ある程度の会話はできるが、現地のフランス語は
フランス人にもわからないときがある。現地スタッフとの
コミュニケーションには苦労した。病院では電気を私用に
使う現地スタッフが多くて困ったという。
「自家発電しているが、現地スタッフはコンセントが空いていると、
すぐに自分の携帯電話の充電に使う。
やめろ、ともなかなか言えない」(同)。多くの乳幼児が
亡くなっている現実の一方で、その施設内では貴重な
電気がこんなことに使われているのだ。

中央アフリカの内戦はいまだに続いている。
政府はこうした医療体制の整備について何もしない。
政府関係者の間では汚職が横行している。

大地震から2年半不衛生で劣悪な環境

カリブ海に浮かぶ島国、ハイチ。10年にマグニチュード7・0の
大地震が発生し、首都ポルトープランスを中心に甚大な
被害を受けた。追い打ちをかけたのがコレラの大流行だった。
MSFはすぐに現地入りし、全国50カ所の施設で活動。
およそ17万人のコレラ患者を治療してきた。
しかし、13年になっても、いまだコレラは収束する
兆しがなく、MSFの支援は続いている。

看護師の京寛(きょうかん)美智子さんは、05年から
MSFに参加、これまでシエラレオネ、ナイジェリア、
南スーダンなどアフリカを中心に8回の派遣歴を持つ。

総派遣期間は45カ月に上る。

京寛さんがハイチに派遣されたのは、10年11月末から
翌年2月までの約3カ月間。京寛さんがいた医療施設は、
各20ベッドほど入る大きなテントが九つあり、外国人
スタッフは医師が3〜4人、看護師6〜7人、ロジスティシャン
5〜6人と多く、現地スタッフも約100人ほどいる大きな
施設だ。妊婦やHIV患者などもいたが、ほとんどは
コレラ患者だ。MSFの施設はコレラ専門施設が多かった。

京寛さんは「地震の後も復旧というには程遠い。
きれいな水の確保が難しく、街なかであっても排泄物などを
垂れ流しているというのが現状。自分たちの分も含め、
とにかく水の確保が重要だった」と振り返る。

最初の1カ月間、夜は外国人スタッフ数名と同じテントで
ごろ寝していた。水も自分たちで塩素消毒などして使い、
衛生状態は劣悪だった。幸いにも外国人スタッフから
はコレラに感染した人は出なかった。勤務時間は
朝6時から夕方6時までだが、夜間の救急患者などは
現地スタッフには任せられないので、
「まさに24時間体制だった」(京寛さん)。

京寛さんが怒りに震えたことがあった。それは、ハイチの
大統領選(10年11月)のときだ。コレラが大流行している
最中に選挙が行われ、それに伴い一時は内乱状態になり、
道路が遮断されたり交通障害も起こった。市民も医者も
病院に行きたくても行けない事態となったからだ。

もともと水道などインフラは整備されていなかった。
2年以上もコレラの流行が収束しなかったのは、
大地震だけのせいではないのだ。

この3カ国は、MSFが援助活動を行っているアフリカ、
中南米、中東など約60カ国のほんの一部にすぎない。

個人の寄付が援助活動を支える

国境なき医師団憲章には「苦境にある人びと、天災、人災、
武力紛争の被災者に対し差別することなく援助を提供する」と
書かれている。その活動資金は個人が支える。
残念なことに、この地球上にはMSFの援助を必要とする
国や人々はまだまだたくさんいる。



img_1469c054089bc08483ec12b473922635139250.jpg
(週刊東洋経済2013年2月9日号)



コメントです。
「国境なき医師団」の話題です。
よく耳にするキーワードですが、
実際の活動内容と現状についての
くわしい記事があったので掲載しました。

[PR] ソウル! ソウル! ソウル!
[PR] シリーズ・サルサ ソウル発 あじさい文庫 公式紹介サイト
[PR]サルサソウル発・無 料ダウンロード 

[PR]ヴィンテージジャージ専門のVanves
[PR]プラスチック成型 山八化成工業所
posted by salsaseoul at 10:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療

2013年11月09日

フランス、HIVの自己検査キットを発売へ

フランス、HIVの自己検査キットを発売へ
AFP 2013年11月08日

【11月8日 AFP】フランスのマリソル・トゥーレーヌ
(Marisol Touraine)保健相は7日、後天性免疫不全症候群
(AIDS、エイズ)を引き起こすヒト免疫不全ウイルス(HIV)の
まん延の抑止に向けた戦略の下、同国で来年、HIVの
自己検査キットが発売される見通しだと発表した。

自宅で使用可能な検査キットを市販する目的は、「検査所や
病院には行きたくない人が」自分のHIVの状態(陽性か陰性か)に
ついて知ることができるようにするためと、同保健相は議会の
委員会で語った。

自己検査キットでは、指先の血液1滴や口内から採取した
綿棒サンプルを使用して、HIV抗体を検出する。結果は通常、
30分以内に出るようになっている。

フランスでは2011年、HIVの新規感染者数が6100人を記録した。

当局の試算によると、同国ではHIV感染に気付いていない
人の数が最大4万人に上る可能性があるという。(c)AFP

関連記事です。

完治の希望くじく、HIVの巨大な「隠れ家」 米研究

【10月29日 AFP】現代の医療では、ヒト免疫不全ウイルス
(HIV)による症状の進行を抑えることはできても完治は
不可能だが、それはHIVの「隠れ家」が予想以上に大きいことに
理由があるかもしれないとする研究論文が24日、米医学誌
セル(Cell)に掲載された。

米ジョンズホプキンス大学医学部
(Johns Hopkins University School of Medicine)などの
研究チームが発表した最新の論文によると、残存するHIVは、
人体の免疫細胞内で休眠状態になることができる。このいわば
潜伏する病原巣は、これまでの推定よりも60倍大きいことが
明らかになったという。

HIVは通常、感染者が抗レトロウイルス薬の服用を止めると
即座に再活性化して、天性免疫不全症候群(エイズ、AIDS)の
本格的発症を引き起こす恐れがあるが、3年間に及ぶ研究室での
実験に基づく今回の研究結果はその理由を説明している。

研究を率いたジョンズホプキンス大のロバート・シリチアーノ
(Robert Siliciano)教授は「HIV疾患を完治させる治療法を
見つけることは、これまで考えられ、待ち望まれてきたよりも
はるかに困難なことを、われわれの研究結果が確固と示している」と
語った。

同教授は、休眠中のHIVの病原巣が免疫細胞内に存在することを
1995年に初めて明らかにした。

血液検査でHIVが検出されない場合でも、全身の細胞や組織の
中に残存するHIVであるプロウイルスが213個存在することが
知られている。このうち全体の12%に相当する25個が、自らを
再活性化して遺伝物質を複製し、他の細胞に感染する恐れが
あることが今回の研究で明らかになった。

この結果は研究チームを驚かせた。これらの非誘発性の
プロウイルスは、これまでは「不完全」とみなされていたため、
HIV感染症の再発には何の役割も果たさないと考えられてきたからだ。

今回の研究では、無傷の非誘発性プロウイルスの感染頻度は、
これまで知られてきた潜在的に危険な残存ウイルスに比べて
「少なくとも60倍高い」ことが明らかになった。

完治を達成するためには、これらの無傷の非誘発性プロウイルスを
一掃する必要があると専門家らは述べている。そのためには、
この種のプロウイルスを標的とする特殊な薬剤が必要になる。

世界のHIV感染者数は3400万人以上に達している。
30年間に及ぶ世界的な流行で、毎年約180万人が死亡している。
(c)AFP/Kerry SHERIDAN



コメントです。
HIVの自己検査キット発売の
話題です。
あくまでも余談ですが、個人で安易に
検査結果が得られて、その後感染が
わかって自暴自棄になられたとしたら…
ちょっと怖いですね。


[PR] ソウル! ソウル! ソウル!
[PR] シリーズ・サルサ ソウル発 あじさい文庫 公式紹介サイト
[PR]サルサソウル発・無 料ダウンロード 

[PR]ヴィンテージジャージ専門のVanves
[PR]プラスチック成型 山八化成工業所
posted by salsaseoul at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療

2013年11月07日

8歳少女が肺がんに、中国で最年少

8歳少女が肺がんに、中国で最年少
AFP 2013年11月05日

11071.jpg
スモッグで覆われた中国東北部・吉林(Jilin)省吉林市内をマスクをつけて歩く親子
(2013年10月22日撮影、資料写真)。(c)AFP

【11月5日 AFP】中国で、8歳の少女が肺がんを発症している
ことが確認された。同国で過去最年少の患者となるが、医師らは
大気汚染が肺がんの直接的要因と述べている。
中国国営メディアのウェブサイトで報じられた。

中国国営の新華社(Xinhua)通信のウェブサイト
「新華網(Xinhuanet)」によると、この少女は、中国東部、
江蘇(Jiangsu)省の幹線道路そばに暮らしている。

江蘇省南京(Nanjing)にある江蘇省がん病院
(Jiangsu Cancer Hospital)の医師によると、
少女は長期間にわたって有害粒子とちりにさらされていたという。

米国がん協会(American Cancer Society)によれば
子どもの肺がん発症は極めてまれ。

発症が診断される平均年齢は70歳ほどだ。

だが、中国では、急速な発展により都市部を中心に
大気汚染が拡大する中、肺がん患者が急増している。
北京(Beijing)市の保健当局によれば過去30年で肺がんに
関連した死亡は4倍に増えており、スモッグで覆われた
北京市での最大の死因となっている。(c)AFP

 

コメントです。
ショッキングな発表です。
若年層は成長期ゆえに細胞の
働きも活発なので、あまりにも
ひどい大気汚染下で今回のような
前例のない肺がん発病となった
可能性があります。
しかし中国の大気汚染、
今後どのような弊害を
もたらすのでしょうか?


PR][ 韓流はち花粉サンキュ!]
[PR] ソウル! ソウル! ソウル!
[PR] シリーズ・サルサ ソウル発 あじさい文庫 公式紹介サイト
[PR]サルサソウル発・無 料ダウンロード 

[PR]ヴィンテージジャージ専門のVanves
[PR]プラスチック成型 山八化成工業所
posted by salsaseoul at 07:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国・台湾

2013年11月03日

【ニュース『深・裏・斜』読み】ネットの支持率を水増し 「いいね!」が売られるワケは?

【ニュース『深・裏・斜』読み】
ネットの支持率を水増し 「いいね!」が売られるワケは?
産経新聞 2013.11.3

インターネットへの投稿の“支持率”を示すフェイスブック(FB)の
「いいね!」や動画の再生回数を水増しするサービスが横行している。
数千件を水増しして手数料は5千円程度。新商品の評判や個人の
権威を箔(はく)付けする「新手のステルスマーケティング(ステマ)
との指摘もあり、だまされないよう注意が必要だ。(伊藤鉄平)

フォロワーの大半は外国人

インターネットを使った選挙運動が解禁された今年7月の参院選。
比例で出馬し、落選した金子善次郎元衆院議員(70)=自民=が
公示直前に開設したツイッターは十数件の投稿しかなかったにも
かかわらず、わずか約1カ月でフォロワー数が約1万人に急増した。

一部国内の支持者を除けば、その大半は外国人。FBの「いいね!」も
開設後約1カ月で2千件を突破したが、8割超はトルコ人だった。

自民党の公式ツイッターでも当時フォロワーは6万5千人程度。
金子氏の秘書は「トルコとの政策上の交流もなく、なぜ増えたのか
分からない」と話す。

海外に“量産”工場

インターネット上にはFBの「いいね!」などを販売するサービスがある。
ネット業者のホームページ(HP)には水増しの価格表が掲載され、
「効率的に宣伝を」などのあおり文句が並ぶ。
増やしたいページを指定し、代金を支払えば「いいね!」が
増える仕組みだ。ツイッターのフォロワーや、動画投稿サイト
「ユーチューブ」の再生回数を増やすサービスもある。

同サービスを1年ほど前に始めたという20代の会社員男性は、

取材に対し「アルバイト感覚で始めた。どうやって増やすかは
企業秘密だが、自分でやっているわけではない」と述べた。

関係者によると、海外にはFBの「いいね!」などを量産する“工場”が
存在する。中国やバングラデシュなど人件費の安い国が中心で、
複数のアカウントを使って架空の人物になりすまし、「いいね!」を
繰り返す。

国内のサービス業者も受注後、こうした海外の工場へ発注している
可能性が高く、中には「フォロワーの国籍は選べません」などと
ただし書きをしているサイトもある。

参院選における金子氏のケースも発覚当初、水増しの疑いが
持たれたが、同氏の秘書は「スタッフにも確認したが利用した
形跡はなかった」と説明。同氏は活動を休止し、9月末で事務所も
閉鎖されたため、真相はやぶの中だ。

ステマの一種

インターネット事情に詳しいネット広告大手「アイレップ」の
紺野俊介社長(38)によると、こうしたサービスは海外が
発祥で、2年ほど前から確認されている。

 紺野氏は「企業の新商品など『いいね!』が増えれば、
注目度も高まる。一見広告に見せかけない、いわゆる
ステマの一種だ」と指摘。「『いいね!』やフォロワーの
内訳を細かく見れば、外国人だらけなど不自然な点が
多く水増しはすぐに分かるが、普通はそこまで細かく見ない。
消費者を誤信させる行為だ」と批判する。

紺野氏によると、ネット上では「評価されるものが評価される」と
いう法則が強く働く。例えば、再生回数が上位の「注目」動画
ほど人々の関心を集め、さらに再生回数が増える。
いったん高評価を受ければ、その後は“雪だるま式”に
評価が高まる傾向にある。

評価の水増しは、こうした現象を起こす引き金になるほか、

フォロワー数を水増しした個人が「ネットの専門家」を
標榜(ひょうぼう)し、コンサルタント業としての権威を
高めるケースも散見されるという。

また「ネットでの宣伝活動がうまくいっていると上司に
報告するため、企業の担当者が、社内向けに水増しを
図るケースも多いのではないか」とも述べた。

 


コメントです。
[いいね]の水増しの話題です。
企業等が、営業目的で水増しするなら
わからないことはないですが(モラルは別としても)、
一個人が、注目を集めたいためにこのような
手法を取るとしたら、ちょっと痛いですね。


PR][ 韓流はち花粉サンキュ!]
[PR] ソウル! ソウル! ソウル!
[PR] シリーズ・サルサ ソウル発 あじさい文庫 公式紹介サイト
[PR]サルサソウル発・無 料ダウンロード 

[PR]ヴィンテージジャージ専門のVanves
[PR]プラスチック成型 山八化成工業所
posted by salsaseoul at 09:41| Comment(0) | TrackBack(0) | その他