home003.gif

2013年10月09日

水銀の水たまりで遊ぶ女の子 / 水俣で採択される水銀条約とは?

水銀の水たまりで遊ぶ女の子 / 水俣で採択される水銀条約とは?
THE PAGE 10月8日(火)

10181.jpg

熊本県で開かれる国際会議で10日、「水銀に関する水俣条約」が
採択される見通しです。水俣という日本の地名が付けられていますが、
水銀の問題は、水俣だけの問題ではありません。世界に目を向けて
みると、各国が取り組まなければならない国際問題であることが
分かります。どのような問題があるのでしょうか?

条約の交渉と合意を支えた水俣病の被害

「水銀に関する水俣条約」は、単に「水俣条約」や「水銀条約」と
も呼ばれます。1956年に熊本県の水俣市で水銀による中毒症状が
初めて確認されたことにちなんでおり、有毒な水銀の使用や排出を
世界的に規制しようという内容が盛り込まれています。

水俣病は、海に流れだした水銀により、汚染された魚を食べることに
よって手足がしびれたり、自由に手足が動かせなくなったり、視野が
狭くなったりする症状が出ました。
国内で被害を受けた人たちは数万人にのぼるとされています。

このような水俣病の被害の実態は「諸国に水銀のリスクを認識させ、
水銀条約の交渉と合意を支えてきた」と言われています。
このため、条約の前文には「水銀汚染による健康や環境への
深刻な影響、公害の再発防止」といった水俣病の教訓に関する
記述が盛り込まれる予定です。

金採掘で使われる水銀と子どもたち

世界に目を向けてみましょう。
数千万人が水銀の被害に遭っていると言われています。

主に金の採掘に水銀が使われている地域です。金の鉱石に
水銀を加えると、水銀は金を吸収して「金アマルガム」という
合金になります。この合金を燃やすと、水銀だけが蒸発して
金が残ります。この方法は、金を抽出する安くて簡単な方法として
世界の小さな金の採掘現場で使われています。

国際人権団体のヒューマン・ライツ・ウォッチによると、アフリカや
アジア、中南米において、1000〜1500万人が小規模の金の採掘に
携わっています。
こうした採掘に関わる人たちは、水銀の蒸気に
さらされるなどして、健康を損なっていると言われています。
しかも、採掘の現場では子どもたちが動員されている現実もあります。

マリとタンザニアの鉱山では、子どもたちが金鉱石と水銀を素手で
かき混ぜ水銀蒸気を直接吸込しているのが何度も目撃されています。

条約に参加する国々は、小規模の金採掘について、国家計画に
基づいて縮減しなければなりません。しかし、水銀を使わない方法は
お金がかかります。そのため、途上国への資金援助や技術支援を
行うことが盛り込まれる予定です。

同団体は、この条約を「歴史的進歩」と評価する一方で、条約が
児童労働の問題について触れていない点や、小規模採掘の
縮減に期限を設けなかった点を問題視しています。

中国の水銀大気排出量は世界の3分の1

中国は世界最大の水銀利用・排出国です。
アジアが世界の半分を排出。中国が水銀を大気に
排出する量は世界の約3分の1を占めています。

その原因は石炭を利用するボイラー・火力発電などです。
石炭には微量の水銀が含まれていて、石炭を燃やすことで
水銀が発生するのです。

また、同国内では、電気製品を廃棄する際に、水銀が川に
垂れ流されることなどにより健康被害が問題になっています。

今月になって、富士山の山頂で全国平均を上回る水銀濃度が
測定されたというニュースがありました。
中国大陸から排出された水銀の越境汚染とみられています。

条約に参加する国は、そもそも水銀を出さないために、

・大気への排出削減対策をとること
・水銀鉱山の開発を禁止すること。既存の水銀鉱山も
 条約発効から15年後に禁止すること
・水銀を一定量含む製品の製造・輸出入を禁止すること  
   ……などにも取り組まなければなりません。

条約は国と国との間の約束ごとです。条約の採択は、約束する
内容を決めたに過ぎません。この約束を結び(締結)、きちんと
国内で法律化・実効性を持たせること(批准)が期待されています。


 

関連記事です。
水銀規制条約 水俣病の解決あってこそ
水銀は、唯一常温で液状の金属だ。気化しやすく、他の金属と混和
して合金もできる。殺菌作用もあり、古代から金の精錬や医薬品
などに幅広く利用されてきた。有効性の半面、強い毒性もある。
体内に蓄積されると中毒症状を起こす。

「公害の原点」といわれる水俣病は、チッソ水俣工場
(熊本県水俣市)の廃水に含まれるメチル水銀が食物連鎖に
より人体に取り込まれたのが原因だった。

熊本市で7日、水銀の排出削減に向けた規定や取引、製造などの
規制を盛り込んだ「水銀に関する水俣条約」を採択する
外交会議の準備会合が始まった。

重大な健康被害や環境破壊をもたらす水銀汚染を国境を越えて
防ぐのが条約の狙いで、10日に採択される。世界最大の
水銀利用・排出国の中国や、この種の条約を締結していない
米国も含めて、約140の国と地域が参加している。

今も世界各地で水銀による深刻な公害が指摘されているだけに、
汚染を減らすための国際的な枠組みができる意義は大きい。
先進国途上国が互いに協力しながら対策に取り組む契機にしたい。

国連環境計画によると、世界の水銀消費量は年間3800トンという。

水銀は石炭の燃焼などで大気中にも放出され、その量は全使用量の
半分に相当する年間1960トンにも及ぶ。経済発展が著しいアジアや
アフリカで際立ち、飛散した水銀が海に運ばれて魚介類に蓄積され、
水俣病と同じような健康被害が危ぶまれている深刻な状況といえよう。

条約案は
▽代替品のない計測機器など特定用途以外の水銀輸出の禁止
▽水銀を一定量含む蛍光灯などの製品の製造や輸出入を
  2020年までに原則禁止▽大気や水、土壌への排出量削減
▽水銀廃棄物の適正管理−などを定めている。

ただ、問題も残る。途上国の小規模な金採掘場などで金を取り出す
ために使われる水銀は禁止せず、削減を求めるにとどめている。
水銀汚染の被害補償や環境回復についても「汚染者負担の原則」が
明確に盛り込まれなかった。実効性が確保できなければ、さらに
規制を強めた条約が今後必要になるかもしれない。

水銀の管理も難題である。条約が発効すれば水銀の輸出が規制され、
国内の流通サイクルが崩れて大量の水銀が国内に滞留する恐れが
ある。処理、保管技術の開発も喫緊の課題だ。

さらに、水俣病被害者らは「(中身の伴わない)条約の採択で国が
水俣病問題の幕引きを図ろうとしているのではないか」と警戒する。
差別や偏見の固定化を懸念し、条約名に「水俣」が付くことに
抵抗感を抱く地元の人も少なくない。

「水俣病を教訓に、同様の被害を繰り返さない」。条約案の前文には
日本の提案でこう明記された。条約提案国として言動に責任を持ち、
世界に水銀汚染の恐ろしさを訴えるには、政府が真摯(しんし)な
姿勢で被害者救済に取り組み、水俣病問題の全面的な解決を

図ることが欠かせない。


コメントです。
水俣で採択される水銀条約についての
話題です。

ところで、最近の現状については、
まだまだ規制をかけるには程遠いほど
野放し状態のようですね。


PR][ 韓流はち花粉サンキュ!]
[PR] ソウル! ソウル! ソウル!
[PR] シリーズ・サルサ ソウル発 あじさい文庫 公式紹介サイト
[PR]サルサソウル発・無 料ダウンロード 

[PR]ヴィンテージジャージ専門のVanves
[PR]プラスチック成型 山八化成工業所
posted by salsaseoul at 01:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境