home003.gif

2013年08月15日

歯のカルテ、統一へ 大災害の発生時、迅速に身元確認

歯のカルテ、統一へ 大災害の発生時、迅速に身元確認
朝日新聞  2013年8月14日

815.jpg

厚生労働省は、大規模な災害や事故が起きたときに
身元確認のために遺体の歯の治療記録を使いやすくするため、
歯科の電子カルテのフォーマット(形式)の統一を進める。
フォーマットがばらばらで照合に時間がかかった東日本
大震災の反省を踏まえたもので、将来は全国的な
統一データベースも視野に入れている。

遺体の損傷が激しくても、残っている歯の治療痕と、
かかりつけ歯科医師が持つカルテを照合することで
身元がわかる。古くから行われている手法だが、
東日本大震災ではあまりうまくいかなかった。

津波で多くの遺体が広い範囲で流され、かかりつけ
歯科医師がわからないケースが多かったことや、
カルテ自体が失われたためだ。さらに、歯科医師が
使っている電子カルテの入力項目などのフォーマットが
メーカーごとに異なり、照合が難しかった。データの
再入力が必要になるなど混乱を招いたため、厚労省は
歯の統一電子カルテづくりを進めることにした。

同省研究班(研究代表者=小室歳信・日本大教授)に
よる調査で、500人分のサンプルデータについて32本の
歯を「虫歯あり」「金属で一部修復」「全て修復」「欠損」
など六つに分類して検索すると、96%は1人に特定できた。
この手法で全国89カ所の歯科医療機関でモデル事業を行う。

個人情報保護などの問題もあるが、統一データベースが
できると遺体の歯の治療痕の情報を入力・検索すれば、
絞り込みができるようになる。

■治療痕、日航機事故で注目

歯の治療記録による身元確認は、1985年に乗客・乗員
520人が死亡した日航ジャンボ機墜落事故で注目された。
一般的に、災害で身元がわからなくなった遺体の1割程度は、
これが身元確認の決め手になるとされ阪神大震災でも役立った。

東日本大震災で、岩手、宮城、福島の被災3県で亡くなり、
身元が確認された1万5678人のうち、8%にあたる1
238人は、この手法で身元が判明。混乱したとはいうものの、
指紋照合で判明した370人より多かった。

南海トラフ沿いで起きるとされる巨大地震では、最悪の場合、
東海、近畿、四国、九州で約32万人が亡くなると
想定されており、統一電子カルテは、身元確認を効率化する
手法の一つと考えられている。

日本歯科医師会は歯科カルテのデータベースの必要性を
訴え、今回の厚労省の動きにつながった。

関連記事です。

「歯」の電子カルテの「データベース」構想
遺体の「身元確認」のために必要なのか?

弁護士ドットコム

津波被害の大きかった東日本大震災では、遺体の損傷が
ひどく、容姿や衣服などから「身元」を特定できない場合が
少なくなかったという。そんな中で頼りにされたのが「歯」の情報だ。
しかし、資料となるカルテの多くが津波でなくなってしまったうえ、
紙や電子のかたちでカルテが残っていても、形式が統一されて
いなかったため、照合に時間がかかってしまった。

こうした反省から、厚生労働省は遺体の身元確認に歯の情報を
活用するため歯科医の電子カルテの標準化に動きはじめたようだ。
さらに将来、歯の電子カルテがデータベース化されれば、災害時の
身元確認が円滑に進むことが期待されるという。

しかし、見方を変えると、データベース化は、歯医者を通じた国民の
管理といえなくもない。電子カルテの標準化やデータベース化には、
どのような法的な問題があるのだろうか。
歯科医師の資格も持つ元橋一郎弁護士に聞いた。

●「身元確認のための電子カルテ標準化」は本質的な議論ではない

「災害被災者の身元特定のために歯科電子カルテの仕様統一を
図るという提案は、眉唾な話ではないかと思います」

このように元橋弁護士は疑問を呈する。そのうえで、歯のデータの
提供に関する法的側面について、次のように説明する。

「身元確認のための歯科診療情報提供は、本人の同意が得られて
いない場合でも個人情報保護法23条1項3号の『公衆衛生の向上』に
あたるとして、警察等に診療情報を提供する余地はあります。
歯科医師には刑法上の守秘義務(刑法134条1項)がありますが、
正当業務行為(同法35条)として解除されるかもしれません」

身元確認をスムーズにおこなうために「歯の電子カルテ」の
標準化をおこなうというプランには、どのような意味があるのか。

「たしかに、歯科電子カルテの仕様が統一されていれば、
遺体の歯の抜け方(残り方)や歯の治療跡等のデータと
照合する作業がいまよりも容易になるでしょう。
しかし、遺体の身元は、これらだけでは確定できず、
写真やレントゲン、模型等が必要です。

すなわち、カルテが電子化されるだけでは、レントゲン等の提供
までは容易にならないので、身元確認のために歯科電子カルテの
様式を統一しようというのは、本質的な議論ではありません」

●電子カルテの標準化のメリットとは何か?

このように元橋弁護士は指摘する。では、「歯の電子カルテ」の
標準化は必要ないのか。元橋弁護士は「そうではない」という。

「歯科電子カルテの仕様統一には、次のようなメリットがあります。
(1)診療報酬の電子請求が容易になる
(2)歯科カルテの記述が不十分であることの改善策となる

(3)歯科カルテは自費診療と保険診療の診療録が
分かれているが、その統一が図られ、診療報酬の
二重請求や診療経過の不明確性が改善される

(4)インプラントやパーセレン冠等の高額自費診療の際の
患者への説明、患者の同意が、歯科カルテ上に明確に
記載される可能性がある」

つまり、災害時ではなく、日常的な診療の場面を
考えても、歯科カルテの電子化や標準化は推進する
意義があるというのだ。

「歯科カルテの電子化や仕様統一は、災害時の遺体の
身元特定という例外的な事項から論じるのではなく、
歯科医療を患者にとってより分かりやすいものと
することができるか、社会全体のコストを抑えることが
できるか等の観点から、推進の是非を論じていくべき
問題と考えます」

最近は、歯科診療の場面でも、電子カルテは当たり前の
光景になりつつある。社会全体のIT化の流れからすれば
当然といえるが、デジタルデータは流出したら簡単に
拡散してしまうというリスクもあるので、個人情報保護に細心の
注意をはらいながら、有効活用をしていってもらいたい。



posted by salsaseoul at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療

フェイスブックで幸福感は上がらない、米大研究

フェイスブックで幸福感は上がらない、米大研究
AFP 2013年08月15日
08155.jpg
インドのバンガロール(Bangalore)で、女性のサングラスに映る交流サイト(SNS)、
フェイスブック(Facebook)のロゴ(2012年5月15日撮影、資料写真)。
(c)AFP/Manjunath KIRAN

【8月15日 AFP】交流サイト(SNS)、フェイスブック(Facebook)を
利用する若者たちは他人とのつながりは強く感じているが
幸福感は低い──つまり、フェイスブックの利用者が増えるほど
気分は沈みがちになるとの調査結果が14日、米オンライン
科学誌「プロスワン(PLoS ONE)」に発表された。
米ミシガン大学(University of Michigan)の調査チームは、
スマートフォン(多機能携帯電話)を所有しフェイスブックの
アカウントを持っている若者82人を募り、2週間にわたって毎日、
1日5回不定時に、テキストメッセージを送る方法で彼らの
主観的な幸福感を測定した。
チームによると、幸福感や生活の満足感にフェイスブックが
及ぼす影響を測る調査は、今回が初めてだという。
調査では、被験者たちにどんな気分か、不安や孤独を感じるか、
フェイスブックの利用頻度、人との「直接」交流の頻度などを
テキストメッセージで尋ねた。
その結果、ある時点でフェイスブックを同時に利用する人数が
増えると、次にテキストメッセージを送信するまでに被験者の
気分は低下していたという。また、2週間の調査期間中、
フェイスブックの利用頻度が増えるほど、生活における
満足感は下がっていったという。
これとは対照的に、個人的な交流があると、被験者の
気分は良くなっていったという。
一方で研究チームは、こうした結果が全てのフェイスブック
利用者やフェイスブック以外の交流サイトを利用する
ユーザーにも当てはまると断言することは避けた。
今回は調査対象をフェイスブック利用者の中核を
成す若い世代に絞ったためだ。
その上でチームは、さらなる調査を行い、今回の結果が
他の世代やフェイスブック以外のSNSでも当てはまる
一般的なものなのか検証するのが重要だとしている。
(c)AFP/Rob Lever

関連記事です。

あなたは大丈夫? 
現在世の中に蔓延しているSNS中毒の10の症状

FacebookやTwitterが普及している現在、SNSが日々の
行動習慣に与える影響は絶大だ。
スマホを常にチェックしなければ気が済まないなど、SNSの
「中毒」になっていないだろうか? 厄介なことに、SNSの
中毒になっていてもそれに気づかない場合もある。
なぜなら、その症状は色んな形になって表れるからだ。
現在アメリカのマーケティング会社Marketoが作成した
インフォグラフィックが話題になっている。それはソーシャル
メディア中毒の典型的な10の症状をまとめたもの。
思い当たる症状がないかどうか、ぜひ確認してみてほしい!

1.アラート大好き病
【行動習慣】 SNS上で何かが起こるたびにスマホの
アラートが鳴るように設定している。
【症状】 あなたのツイートがリツイートされたり、Facebookへの
投稿がシェアされるなど、SNS上で何かが起きるたびにあなたの
スマホは鳴ったり、震えたりする。その度に目の前のやらなければ
ならない重要なタスクから目を背けてしまう。

2.自称「ソーシャルメディア通」病
【行動習慣】 自分の名刺に「ソーシャルメディア通」と書いてしまう。
【症状】 今の時代、誰もがソーシャルメディア通だ。
それは名刺の肩書きに「人間」と書くのとほぼ等しい。

3.ブログ推奨病
【行動習慣】 他人からの質問に対して「僕のブログを読んで
みれば分かるよ」と答えてしまう。
【症状】 ブログを読めというのは「自分で調べろ」と言っているに
等しい。言われた方はあなたが全く質問に答えていないことに
イライラするに違いない。

4.自称「影響力のある人」病
【行動習慣】 あらゆるSNSにおける自分の「影響力」を
定期的にチェックせずにはいられない。
【症状】 真に影響力のある人は、周囲に対して有益な
情報を与えることを第一に考えている。自分の影響力の
度合いを確認するのに時間を費やすほど、あなたが
与える影響は小さくなるだろう。

5.「いいね!」病
【行動習慣】 友人のFacebookの投稿に対して、コメント
するのではなく「いいね!」を押してしまう。
【症状】 例えば、友達が投稿した産まれたばかりの赤ちゃんの
写真にただ「いいね!」ボタンを押して終わりだったら、友人
関係は微妙なものになってしまう
だろう。「かわいいね〜!」とコメントするのにかかる時間は
たったの2秒だが、「いいね!」よりもずっと意味をもつだろう。

6.スマホを手放せない病
【行動習慣】 職場にいようがどこにいようが、2分ごとにスマホを
チェックして、ツイートがちゃんと送られたか、新規投稿がないか
などを常に確認してしまう。
【症状】 友達は常にスマホをいじっているあなたと一緒に食事を
するのにうんざりするだろう。
運転中にもこの習慣が止められなければ、高い罰金もついてくる。

7.SNSパニック病
【行動習慣】SNSサイトがダウンしてしまったらパニックに陥ってしまう。
【症状】 SNSサイトがダウンすることによって大きな問題が
生じたり、あなた自身やあなたのキャリアに対してマイナスの
影響を与える可能性はほとんどないと言える。
にも関わらず、イライラや怒りによってあなたは人生に
おける数時間を無駄にするだろう。

8.米国人気SNS『foursquare』のメイヤー病
【行動習慣】 『foursquare』は自分が訪れた場所に
「チェックイン」することでその情報を友人と共有できる、
欧米ではかなり人気のSNSサービスだ。特定の場所への
チェックイン回数が多いと「メイヤー」や「キング」などの
ステータスが得られ、特典をゲットできる仕組みになっている。
メイヤー病患者はどこかに移動する度にfoursquareで
チェックインし、少なくとも10以上の場所でメイヤーなどの
ステータスを獲得している。
【症状】 地元のカフェやブリトーのお店、ピラティス教室……
こうした場所に行く度にあなたのエネルギーはチェックインする
ことに使われるため、あなたにとって本当に大事なことをする
余裕がなくなってしまう。

また以下の2つは英語圏でよく見られる症状として取り上げられていた。

9.母音嫌い病
【行動習慣】 ツイートの140字をめいいっぱい活用するために
母音を省略して書いてしまう。
【症状】 文法や常識的な言葉遣いを無視してしまっているだけでなく、
その悪影響はEメールやブログの文章にも及んでいるだろう。

10.動詞化病
【行動習慣】 SNSのサービス名をそのまま動詞として使ってしまう。
【症状】 「これはインスタグラムしなきゃ」
「このことはフェイスブックするね」というようなフレーズを使っていたら、
それを聞いた周囲の人々は内心頭を抱えているだろう。
それだけでなく、SNS上で築いた信用を一気に失いかねない。

以上が現在蔓延している10のSNS病である。身に覚えのある
症状があった人も少なくないのでは? 思い当たるものが
なかっとしても、安心するのは早いかもしれない。
自覚症状がないこともあるからだ。なにはともあれ、SNS病の
症状が悪化する前になにか治療法を考えた方がいいだろう。



コメントです
フェイスブックの使用感に関する話題です
フェイスブックや他のSNSに限らず、
アナログ的な他人とのつながり
(例えば、友人宅を訪問するなど)と、
電子的データ処理による他人とのつながりを
比べてみると、
後者が圧倒的に便利で能率的だと
思われますが、それでも今回のような調査結果が
発表されました



posted by salsaseoul at 18:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本・社会

献血の血液に中南米の感染症 10年後に心臓に影響も

献血の血液に中南米の感染症 10年後に心臓に影響も
朝日新聞2013年8月14日

中南米に多く、重い心臓病につながるおそれがある「シャーガス病」
感染者による献血が国内で初めて確認され、14日、厚生労働省
審議会で報告された。献血した男性の血液が約10人の治療に
使われた恐れがあり、厚労省と日本赤十字社は感染の有無に
ついて調査を始めた。さらに対策が必要かどうかも検討する。

献血者は、6月に献血したあとに感染が判明した中南米出身の
40代男性。厚労省などは昨年10月から、「中南米出身」
中南米に4週間以上滞在した」などと申告した人の献血は
感染の恐れがない種類の製剤だけに使うよう対策を強化したが、男
性は強化以前にも献血歴があった。感染の恐れがある赤血球
血漿(けっしょう)の製剤計11本が八つの医療機関に供給されたという。

シャーガス病は中南米に生息するカメムシの一種を介して広がり、
10〜20年後に心臓などに症状が現れる。
日本国内では感染する可能性はほぼないという。

関連記事です。
国内初のシャーガス病、10人に輸血か
陽性男性と連絡取れず

中南米の感染症「シャーガス病」の抗体陽性が国内で初めて

確認された男性と現在、連絡が取れない状態であることが分かった。
厚労省と日赤は国籍を明らかにしていない。

男性は平成18年ごろから日赤がシャーガス病対策を始めた
昨年10月までの間に少なくとも9回献血、日赤が保存している
男性の血液を調べたところいずれも抗体陽性だった。
6月の献血は血液製剤メーカーや医療機関への出荷を差し止めたが、
過去の献血を基につくられた血液製剤11本が8医療機関で
10人程度の患者に投与された可能性があることが判明。
厚労省と日赤は患者の特定や感染の有無の調査を進めている。

シャーガス病は、中南米に生息するカメムシの仲間「サシガメ」が
人の血を吸う際、原虫が人体に入り込んで発症する。
10〜20年は症状がないまま推移するが、心臓が徐々に肥大し、
心臓破裂で死亡することもある。
国内にサシガメは生息していないが、母子感染や輸血、
臓器移植による感染の可能性がある。

「シャーガス病」

久しぶりに献血に行ったらシャーガス病についてのポスターが
あって思わずじっくり見てみたり。正直病名見ただけでは
なんだったか覚えていませんでしたが、調べてみると
習ったような気がするわ・・・という感じです。
中南米の風土病と言っていいのかな。寄生虫感染症です。
人は国の境を越えて動きますので、思わぬ病気が日本でも
見られるようなことというのはこれからも増えるでしょうし、
逆に風疹のように「今日本行くとあぶないぞ」という状況も
今後あるかもしれません。
一応厚生労働省を筆頭に色んな所から注意喚起は送られて
きますが、医療機関にだけ知らされてもなぁ、ということも
多々あります。本来はやはり個々の注意が一番大事なので、
皆に知ってもらうことが必要だと思うのですが、パニックに
なったら困るとかそういうので周知されないんですよね。
それこそ「分かりやすい言葉で正しい理解を」してもらうように
しないとと思います。日本の報道機関はそういう自信がないのか?
まぁ医療側も下手糞ですけどね〜。
日本の気候が暑い方向になってきてることで熱帯・亜熱帯の
病気も広がるのでは? という懸念もされていたりします。
自分の身を最後に守るのは自分ですので、正しい情報の
取得に勤めてわが身を守ってくださいね。


posted by salsaseoul at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本・社会