home003.gif

2013年06月14日

認知症女性に対して洋服等、月50万強販売…販売した百貨店に返金命令

認知症女性に対して、洋服等、月50万強販売…
販売した百貨店に返金命令

読売新聞  2013年6月14日10時49分

20130614-869793-1-L.jpg
認知症の女性が2008年に商品を購入した記録。毎週のように来店し、
3月だけで約35万円、4月には約50万円の買い物をしたことが分かる

20130614-869754-1-L.jpg
認知症の女性が購入した洋服の一部。同じようなデザインの服が多数ある

認知症の高齢者に対して、百貨店が大量に商品を売って裁判に
なるケースが各地で起きている。

今年4月には、女性客に4年半で約1100万円分の婦人服を
売った東京都内の百貨店に対し、東京地裁が、一部は認知症
発症後の売買契約だったと認めて購入代金約240万円の
返金を命じた。百貨店側は
「特定の病気の人にだけ販売を拒否することはできない」
しているが、売り手の姿勢が問われている。

訴えていたのは世田谷区の独り暮らしの女性(78)。
渋谷区の東急百貨店東横店のブティックで、2006年からの
4年半に280点の婦人服を買っていた。

離れて暮らす弟(70)によると、10年6月、身内の葬儀に
参列した女性の上着とスカートの組み合わせがちぐはぐな
ことに気づき、自宅を訪ねると、「未開封のブラウスやジャケットが
部屋中にあふれていた。ぞっとする光景だった」という。

同年8月に出た病院の診断は「アルツハイマー型認知症で、
発症から5年ほど経過」。弟は同百貨店に事情を説明して
商品を売らないよう頼んだが、同店は女性への販売を続けた。

弟は11年5月からは女性の成年後見人になり、12年2月、
約1100万円の返金を求めて東京地裁に提訴した。

裁判で採用された証拠では、女性は毎週のように同百貨店を訪れ、
ジャケットやコート、ブラウスなどを多いときには月に50万円
以上購入。同じ商品を複数回買ったことも、店員からブティックに
無関係の健康食品を2万円で買ったこともあった。

関連記事です。
16歳少年がキャバクラ豪遊 代金550万円
支払いめぐる訴訟で大半免責 京都地裁

16歳の少年が父親のクレジットカードを盗み出してキャバクラ4店で
豪遊した代金約550万円を、父親側が支払うべきか否かが争われた
訴訟の判決が23日、京都地裁であった。橋詰均裁判長は
「店側は、少年が未成年という疑いが強いのに利用させ、カードの
不正使用に便乗して暴利を得ようとした」などとして、少年に
飲食させた店の落ち度を認定。代金のうち約480万円の支払いを
免責する、父親側の実質勝訴の判決を言い渡した。

「ドンペリ」タワー、一夜255万円…

判決によると、少年は父親の財布からクレジットカードを盗み、
平成22年12月11〜29日に京都市内のキャバクラ4店で利用。
高級シャンパン「ドンペリ」を使ったシャンパンタワーや
高級ブランデー「ルイ13世」を注文し、一晩の支払いが
255万円にのぼったこともあった。

橋詰裁判長は判決理由で、少年がホステスに年齢を「18歳」と
告げていたことに触れ、「未成年の疑いが強いのに酒を
提供しており、健全さを害する行為だった」と判断した。

その上で、店側は「少年が父親のカードを不正使用していたと
認識していたり、不正使用を強く疑う事情があったりした」と指摘。
「不正や少年の思慮不足に便乗して暴利を得ようとしており、
公序良俗に反する」と認定し、約480万円分の免責が
成立するとした。



posted by salsaseoul at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本・社会