home003.gif

2013年06月16日

貼り付ける新素材…熱と薬で、がんダブル攻撃

貼り付ける新素材…熱と薬で、がんダブル攻撃
2013年6月15日13時40分  読売新聞

20130615-896577-1-L.jpg
磁場をかけると発熱し、抗がん剤も放出する新素材(物質・材料研究機構提供)

20130615-896586-1-L.jpg
新素材の顕微鏡写真(物質・材料研究機構提供)

がんの患部に貼り付け、熱と抗がん剤のダブル攻撃で治療できる
可能性のある素材を開発したと物質・材料研究機構(茨城県つくば市)が
14日、材料科学の専門誌電子版に発表した。

体の組織は、温度が高くなると血流を増やして放熱する。
がん組織の血管はその機能が不十分で、正常組織より熱に弱い。
加熱しながら抗がん剤などを使うと、効果が高まるとされる。

荏原充宏・同機構主任研究員らは、温度が上がると縮む性質の
ある高分子に、磁場をかけると温度が上がる物質と抗がん剤を
加えて化学反応させ、繊維状に加工した。この繊維に磁場を
かけると発熱し、収縮して抗がん剤が外へしみ出す。

培養した皮膚がんの細胞の上にこの繊維を置き、磁場を
2回(各5分間)かけて45度まで熱したところ、がん細胞は
5日後に27%まで減少した。抗がん剤だけを加えた時は
40%までしか減らず、何もしないと2・4倍に増殖した。

研究チームは、皮膚がんのほか、食道など様々な臓器の
粘膜に発生する「扁平(へんぺい)上皮がん」の治療に

応用できると期待している。



posted by salsaseoul at 03:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療

2013年06月14日

認知症女性に対して洋服等、月50万強販売…販売した百貨店に返金命令

認知症女性に対して、洋服等、月50万強販売…
販売した百貨店に返金命令

読売新聞  2013年6月14日10時49分

20130614-869793-1-L.jpg
認知症の女性が2008年に商品を購入した記録。毎週のように来店し、
3月だけで約35万円、4月には約50万円の買い物をしたことが分かる

20130614-869754-1-L.jpg
認知症の女性が購入した洋服の一部。同じようなデザインの服が多数ある

認知症の高齢者に対して、百貨店が大量に商品を売って裁判に
なるケースが各地で起きている。

今年4月には、女性客に4年半で約1100万円分の婦人服を
売った東京都内の百貨店に対し、東京地裁が、一部は認知症
発症後の売買契約だったと認めて購入代金約240万円の
返金を命じた。百貨店側は
「特定の病気の人にだけ販売を拒否することはできない」
しているが、売り手の姿勢が問われている。

訴えていたのは世田谷区の独り暮らしの女性(78)。
渋谷区の東急百貨店東横店のブティックで、2006年からの
4年半に280点の婦人服を買っていた。

離れて暮らす弟(70)によると、10年6月、身内の葬儀に
参列した女性の上着とスカートの組み合わせがちぐはぐな
ことに気づき、自宅を訪ねると、「未開封のブラウスやジャケットが
部屋中にあふれていた。ぞっとする光景だった」という。

同年8月に出た病院の診断は「アルツハイマー型認知症で、
発症から5年ほど経過」。弟は同百貨店に事情を説明して
商品を売らないよう頼んだが、同店は女性への販売を続けた。

弟は11年5月からは女性の成年後見人になり、12年2月、
約1100万円の返金を求めて東京地裁に提訴した。

裁判で採用された証拠では、女性は毎週のように同百貨店を訪れ、
ジャケットやコート、ブラウスなどを多いときには月に50万円
以上購入。同じ商品を複数回買ったことも、店員からブティックに
無関係の健康食品を2万円で買ったこともあった。

関連記事です。
16歳少年がキャバクラ豪遊 代金550万円
支払いめぐる訴訟で大半免責 京都地裁

16歳の少年が父親のクレジットカードを盗み出してキャバクラ4店で
豪遊した代金約550万円を、父親側が支払うべきか否かが争われた
訴訟の判決が23日、京都地裁であった。橋詰均裁判長は
「店側は、少年が未成年という疑いが強いのに利用させ、カードの
不正使用に便乗して暴利を得ようとした」などとして、少年に
飲食させた店の落ち度を認定。代金のうち約480万円の支払いを
免責する、父親側の実質勝訴の判決を言い渡した。

「ドンペリ」タワー、一夜255万円…

判決によると、少年は父親の財布からクレジットカードを盗み、
平成22年12月11〜29日に京都市内のキャバクラ4店で利用。
高級シャンパン「ドンペリ」を使ったシャンパンタワーや
高級ブランデー「ルイ13世」を注文し、一晩の支払いが
255万円にのぼったこともあった。

橋詰裁判長は判決理由で、少年がホステスに年齢を「18歳」と
告げていたことに触れ、「未成年の疑いが強いのに酒を
提供しており、健全さを害する行為だった」と判断した。

その上で、店側は「少年が父親のカードを不正使用していたと
認識していたり、不正使用を強く疑う事情があったりした」と指摘。
「不正や少年の思慮不足に便乗して暴利を得ようとしており、
公序良俗に反する」と認定し、約480万円分の免責が
成立するとした。



posted by salsaseoul at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本・社会

2013年06月09日

「DJポリス」に警視総監賞授与へ W杯出場決定後の渋谷でユーモア誘導 負傷者、逮捕者ゼロを評価

「DJポリス」に警視総監賞授与へ W杯出場決定後の
渋谷でユーモア誘導 負傷者、逮捕者ゼロを評価

産経新聞  2013.6.7 18:47

TKY201306060386.jpg
サッカー日本代表がW杯出場を決めた後のJR渋谷駅前のスクランブル交差点で、
巧みな話術とともに集結したサポーターらを誘導する機動隊員
4日、東京都渋谷区(大里直也撮影)

サッカー日本代表がW杯出場を決めた4日夜、東京・渋谷の
スクランブル交差点で、お祭り騒ぎのサポーターたちをユーモア
あふれる話術で誘導した20代の機動隊員に、警視庁が
警視総監賞を授与する方向で検討していることが7日、分かった。
ネット上では「DJポリス」の愛称で賛辞を贈られており、若者の
心をつかみ、トラブルを最小限に抑えた結果が評価された。

「日本代表のユニホームを着ている皆さんは、12番目の選手です。
チームワークをお願いします」

4日のW杯出場決定直後、車両上の機動隊員の1人が交差点内で
喜びを爆発させるサポーターに向かい、拡声器で訴えた。

行く手を阻まれた車に寄りかかる若者には「そういう行動は
イエローカードです」とやんわり“警告”。「怖い顔をしたお巡りさんも
心の中ではW杯出場を喜んでいます」と“本音”が漏れると、
周囲は「お巡りさん」コールで沸いた。

隊員は第9機動隊「広報係」に所属。今年1月に庁内のアナウンス
技術の競技会で優勝し、難関の「広報上級検定」にも合格した。
ネット上などで評判となったソフトな口調は一般市民向けの
バージョンで、現場の状況を見極め、アドリブを織り交ぜたという。

思わぬ注目を集めた隊員は「大変驚いている」と恐縮。結果的に
負傷者、逮捕者はゼロだった。警視庁幹部は「パフォーマンス
そのものではなく、トラブルの抑制に貢献したことが表彰に
値する」と話している。



コメントです
今日のような話題は楽しくていいですね
それから、ここでのコメントとしては、
今回機動隊員が行ったマネージメントが、
記憶するかぎりアジア諸国では初めての
スマートで柔軟な「お役所しごと」となった
可能性があります

つまり、欧米では以前からたまに見かけた
スマートさを、意図することなく自然発生的に
公共機関が行った、これは、日本が国家として
好感的に成熟した表れかもしれません。
最近は、経済成長や軍事規模等で中国や韓国
そしてその他のアジア周辺諸国から突き上げが
厳しくて寂しい報道も多い日本ですが、意外な
場面で国家の底力を感じさせるトピックでした。




posted by salsaseoul at 01:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本・社会

2013年06月05日

中絶申請却下の女性が帝王切開、新生児は死亡 エルサルバドル

中絶申請却下の女性が帝王切開、新生児は死亡 エルサルバドル
AFP=時事 6月4日(火)

605.jpg

【AFP=時事】中米エルサルバドルで、慢性疾患により母体に
危険が及ぶ危険性があるとして、申請した中絶の特例措置が
最高裁に退けられたベアトリスさん(仮名、22)が3日、
首都サンサルバドル(San Salvador)市内の病院で
帝王切開手術を受けた。生まれた女児は数時間後に死亡した。
同国では人工妊娠中絶が禁じられている。
マリア・イサベル・ロドリゲス(Maria Isabel Rodriguez)
保健相によると、無脳症で出産直後に死亡する可能性が
高いとされていた女児は、出産から5時間後に死亡した。
ベアトリスさんの健康状態は良好だという。
ベアトリスさんは免疫低下を引き起こす「全身性エリテマトーデス」と
診断されており、胎児も出産後に死亡する可能性が高いと
言われていた。このため母体の安全を守るために特例での
中絶許可を要請していたが、エルサルバドルの最高裁判所は、
胎児より母親の権利が優先されることはないとして、
ベアトリスさんの要請を退けた。ただ、ロドリゲス保健相が
「医療介入は堕胎ではなく分娩介助にあたる」として特別許可を
出し、妊娠26週での帝王切開手術が決まった。
エルサルバドルの保健当局は、ベアトリスさんの件に関して
4日に声明を発表する予定。
この問題は世界的にも大きな注目を集め、コスタリカにある
米州人権裁判所(Inter-American Court of Human
Rights)はエルサルバドル政府に対し、妊娠中だった
ベアトリスさんの母体保護措置をとるよう求めていた。
また国際人権団体のアムネスティ・インターナショナル
(Amnesty International)も、ベアトリスさんの中絶要請を
却下した最高裁判所の判断を残酷で非人道的だと
非難している。【翻訳編集】 AFPBB News


エルサルバドル最高裁、難病女性の中絶認めず
5月31日 AFP】人工妊娠中絶が固く禁じられている
エルサルバドルで、出産直後に死亡する可能性の高い
胎児を妊娠中で、自らも慢性疾患を抱える女性が特例的な
堕胎許可を求めていたことについて、最高裁は29日、
この妊婦の中絶を認めないという判断を示した。
ベアトリス(Beatriz)さん(姓非公開、22)は2歳の男児の
母親で、現在妊娠25週。最近になって、免疫低下を引き起こす
「全身性エリテマトーデス」と診断された。また医師によると、
ベアトリスさんの胎児は無脳症で、脳と頭蓋骨の全部または
一部が欠損しており、出産直後に死亡する可能性が高いという。
このような窮状を訴えたベアトリスさんに対し、最高裁は
中絶厳禁の姿勢を貫き、胎児より母親の権利を優先させる
ことはできず、また逆も同じだという見解を示した。
同国で中絶禁止に違反した場合の刑罰は禁錮50年。
この最高裁判断に先立ち、同国のマリア・イサベル・ロドリゲス
Maria Isabel Rodriguez)保健相は最高裁に対し、
ベアトリスさんの中絶の特例許可と、堕胎手術を行う医師に
対する刑事免責を求めていた。
今回の最高裁判断について女性権利団体は猛烈に批判して
いる一方、カトリック系組織は称賛している。(c)AFP



コメントです
人工中絶が、宗教上の考え方で禁止されていることは
よく耳にしますが、
認識不足のため国家の法律で
全面禁止されて
いることは知りませんでした
よって、ここでも掲載しておきます。


posted by salsaseoul at 01:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 中南米