home003.gif

2013年05月10日

復興予算1.2兆円、基金化し流用 被災地外にも

復興予算1.2兆円、基金化し流用 被災地外にも
朝日新聞  2013年 5月 9日

復興予算.jpg

【座小田英史、古城博隆】東日本大震災の復興予算のうち
約1・2兆円が公益法人や自治体が管理する「基金」に配られ、
今も被災地以外で使われていることがわかった。
全国で林道を約1900キロもつくるなど、約20基金が復興と
あまり関係のない事業に使っている。政府は昨年、復興予算を
被災地以外で使わないことにしたが、基金の使い道を
チェックしていないため、抜け道になっている。

政府は被災地の公共事業や雇用支援のため、2011〜12年度に
約17兆円の復興予算をつけた。しかし、沖縄県の国道整備や
反捕鯨団体「シー・シェパード」の対策費などに使われていることが
わかり、今年度からは原則として被災地以外では使えないことにした。

ところが、朝日新聞の調べでは、約17兆円からいろいろな基金に
配られた約2兆円のうち、約20基金に配られた約1・2兆円分が
被災地以外でも使えるままになっている。

農林水産省が所管する「森林整備加速化・林業再生基金」には
復興予算から約1400億円がついた。「被災地の住宅再建などの
ために材木が必要になる」という理由だ。

朝日新聞が岩手、宮城、福島の被災3県をのぞく42道府県
東京都神奈川県には配られていない)に使い道を聞いたところ、
12年度末までに約400億円が約1900キロの林道整備などに
使われた。残る920億円でさらに数千キロの林道整備や
間伐(木を間引くこと)を進めるという。

全国で学校を卒業して3年以内の人を雇った企業に補助金を
出す「新卒者就職実現プロジェクト」には、復興予算から
235億円がついた。この事業は、厚生労働省の局長級が
天下りしている中央職業能力開発協会の基金で進めている。

ほかにも、震災後に失業した人などの再就職を支援する「
重点分野雇用創造事業」(厚労省)に2千億円、
「住宅用太陽光発電高度普及促進復興対策基金」
経済産業省)に323億円などがついている。

基金は各省庁や自治体が数年かかる事業を進めるため、
予算などから配られたお金をためておく「財布」として
使っている。毎年の決算がなく、財務省のチェックも
届きにくい。基金を管理する公益法人には、各省庁の
官僚が天下りすることも多い。

このため、財務省も基金に配った復興予算の実態を
把握しておらず、各省庁に説明を求めている。今後、
被災地以外への流用が確認されれば、事業をストップ
したり予算を返すよう求めたりする方針だ。

   ◇

〈「基金」による事業〉 基金は各省庁が所管する公益法人
都道府県などが管理・運営している。いったんお金を
ためておき、何年かかかる事業を進めていく。
必要に応じて事業を進められる一方、毎年の決算がないので
チェックが行き届かない。
また、公益法人には各省庁から官僚が天下りすることも多い。

 

posted by salsaseoul at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 東日本大震災

未承認薬と保険診療併用へ 一部抗がん剤、臨床試験で

未承認薬と保険診療併用へ 一部抗がん剤、臨床試験で
朝日新聞
  2013年 5月10日
がんや難病など重い病気に苦しむ患者が、高額の治療費を
負担せずに国内未承認の薬を使える仕組みが始まる。
医師による臨床試験(治験)の形で未承認薬を使い、
治療費については公的医療保険が使えるようになる。
第1号となる抗がん剤の使用を9日、国立がん研究センター
東病院(千葉)の倫理委員会が承認した。

これまで未承認薬は患者らの個人輸入で使われ、
高額の治療費が大きな負担だった。厚生労働省は今後、
この仕組みを導入する拠点病院を選ぶほか、
患者の安全に配慮しながら進める指針も作る。
第1号は、胃や大腸など消化管の壁にできる
まれながん「消化管間質腫瘍(しゅよう)」の抗がん剤
レゴラフェニブ
による治療。
米国では承認されている。6月にも始まる予定だ。

厚労省は他に治療法がなく、早く治療しないと命にかかわる
がんや難病を対象に仕組みを広める。海外で承認されて
いるなど安全性がある程度、確認された未承認薬が対象。
がん患者団体などから複数の薬の要望が出ており、
具体的に決めていく。

この仕組みでは、医師主導の治験という形をとって、
公的医療保険による保険診療と併用できるようにする。
厚労省は昨年末、医師主導による治験の手続きなどを
大幅に簡略化し、医師の負担を軽くした。
第1号の治験ではバイエル薬品が薬を無償で提供する。
製薬会社による治験と同等の厳しい基準で行う。

今回の治験の責任者、土井俊彦・国立がん研究センター
東病院消化管内科長は「日本でこの仕組みが始まるのは
画期的。ただし、使う未承認薬はまだ少数の患者しか
使っていない、未知の要素を含んだ治療であることを
医師も患者も忘れてはいけない」
と話す。
(医療担当・大岩ゆり)

◆キーワード

<未承認薬> 薬事法による承認を受けていない薬。
製薬会社による治験など以外では、患者や医師が
個人輸入して使うしかなかった。
薬代が月に100万円を超える患者も少なくない。
また、個人輸入で未承認薬を使う場合、自由診療と
保険診療を併用する「混合診療」が認められず、
薬代以外の検査費や入院費なども全額自費になる。
個人輸入で、海外の悪質な代理店から偽薬が
届く被害も報告されている。

 
コメントです。
抗がん剤等の未承認薬保険診療併用
使用可能になる話題です。
確かに、未承認薬の安全性は十分留意する
必要がありますが、それでも、病状によっては
選択肢
非常にくない状況におかれている
がん患者さんにとっては明報ですね。
他の場面で見られる(例:生活保護受給者への
過剰な保険適応。医療機関としても保険請求が
通りやすい)無駄な保険費用に予算を使うより
よほど有意義だと思われます。
少しでも、有効な未承認薬の使用事例が増えると
いいですね。



posted by salsaseoul at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療