home003.gif

2013年01月27日

インド極右政党が女性に護身用ナイフを配布

インド極右政党が女性に護身用ナイフを配布
AFP 2013年01月24日
20130124-00000066-jij_afp-000-1-view.jpg
インド・ムンバイ(Mumbai)で、ヒンズー教至上主義を掲げる
シブセナ(Shiv Sena)党が党大会で配布した護身用ナイフを
掲げる女性たち(2013年1月23日撮影)。
(c)AFP/PUNIT PARANJPE
【1月24日 AFP】インドで昨年12月に起きた女子大学生に対する
集団強姦殺人事件を受け、ヒンズー教至上主義を掲げるシブセナ
Shiv Sena)党は23日、ムンバイ(Mumbai)で開いた党大会で
女性たちに護身用のナイフを配布した。
シブセナ党は脅迫や騒乱を重ねてきたことで名高い政党だが、
この日は昨年11月に死去したバール・タッカレー(Bal Thackeray
総裁の生誕日に当たることから、これに合わせて刃渡り7センチの
ナイフが党大会に出席した女性たちに配られた。
ナイフの配布にあたって、シブセナ党ムンバイ支部長の
アジャイ・チョーダリー(Ajay Chowdhary)氏は「野菜を切るように、
あなた方に触れる者があれば、その者の手を切り落として
やりなさい」と女性たちに語りかけ、財布の中にナイフを
入れて常に携帯するよう諭した。
シブセナ党は、党が拠点を置くインド西部マハラシュトラ
Maharashtra)州で計2万1000本のナイフを女性たちに
配布する計画だという。ムンバイはマハラシュトラ州の州都だ。

首都ニューデリー(New Delhi)で前月に起きたバス車内で
女子大学生(23)が男たちから集団で性的暴行を受けた事件で、
インド全土に怒りの輪が広がるとともに、女性の身の安全が
守られない社会に対する抗議行動も呼び起こした。
この女子大学生はシンガポールの病院に搬送されたが
死亡した。                      (c)AFP

関連記事です。
レイプだけでない!嫉妬、報復…女性への凶行やまぬインド

インドでは首都ニューデリーで昨年起きた残忍なレイプ
殺人事件を受けて、性犯罪の防止や女性の人権尊重を
訴える学生らが連日、政府への抗議デモを展開している。
しかし、女性を標的にした悪質な犯罪はレイプだけではない。
嫉妬や報復に狂った男が女性の顔面などに強力な酸をかけ、
人生を破壊しようとする凶悪事件も多発している。被害者らは
取り締まりの甘さに怒り、治療費の捻出に悲鳴を上げている。
(ニューデリー 岩田智雄)

インド南部カルナタカ州バンガロール近郊に住むジャヤラクシュミさん
(35)が酒に酔った夫から顔面に酸を浴びせられたのは
2003年のことだった。

「夫はいつも私に暴力を振るい、カネを無心していた。ある晩、
酒代ほしさに私の宝飾品を差し出すよう要求した。拒絶して、
もう実家に帰るというと、私が再婚するつもりだと邪推した夫は、
私に酸を浴びせて顔をめちゃくちゃにした」

ジャヤラクシュミさんは、電話口でこう当時を振り返った。

左目は光を失った。計8回の形成手術を受け、1回の手術費だけで
4万ルピー(約6万4千円)かかった。それでも痛みは消えず、あと、
最低4回の手術が必要だ。被害を警察に届け、夫は事件から
4年後に逮捕された。懲役10年の刑を受け服役中という。

バンガロールを拠点に、被害女性らを支援する非政府組織
(NGO)「女性への酸攻撃反対運動」を設立したスシマ・バルマさんに
よれば、こうした犯罪は被害女性の顔を醜くし、残りの人生を
破滅させようという動機によって起こされるケースが多い。
交際を断られた男や報復心を燃やす夫、ストーカーらが犯行に及ぶ。

過去、何人もの被害者の治療に当たってきた東部ジャルカンド州の
医師、アナント・シンハさんは、「これまで診た患者の7〜8割は、
病院から遠く離れた村に住んでいたために、治療を受けるまで
24時間以上たっていた。こうした場合、失明したり、耳が聞こえなく
なったりするケースが多い」と酸攻撃の深刻さを指摘する。
また、「都会の私立病院なら、費用は一般的に100万〜150万ルピー
かかり、庶民にはかなりの高額だ」と話した。

インドには酸攻撃を取り締まる特別な法律はなく、正確な被害件数は
分からない。英ロンドンを拠点にする国際酸生存者基金(ASTI)の
ジャフ・シャー氏によれば、酸攻撃を罰する法律がある隣国
パキスタンでは報告されているだけで毎年150件の事件が
起きており、実際の被害は約400件とみられる。人口が約7倍の
インドでの件数は、こうした数字や被害報道から年間500〜1千件と
推測されるという。

被害に遭ったジャヤラクシュミさんにまだ救いだったのは、酸攻撃
反対運動の裁判所への訴えが実り、カルナタカ州政府が被害者に
20万ルピーの支援金を与えることを決めたことだった。

ただし、こうした制度は全国的には広がっていない。ほとんどの

被害者は自前で治療費を工面したり、ボランティアの医師の
好意にすがったりしている。

ソナリ・ムカジーさん(28)もその1人だ。大学生だった10年前、
ジャルカンド州ダーンバードで男3人に酸を浴びせられた。
日ごろから性的いやがらせを受けていたムカジーさんだが、
ある日、これ以上の行動には法的措置を取ると告げると、
就寝中に侵入してきた3人の凶行に遭った。

治療のために滞在しているニューデリー市内で取材に応じた
ムカジーさんは「両眼は光しかみえず、耳も右側は40%しか
聞こえない。頭と首には皮下組織を再生させるための
器具が入っている」と話す。

公的な援助は一切なく、両親は土地や財産を売り払って
これまで22回に及ぶ手術費を工面したが、追いつかない。
手術は少なくともあと6回必要だという。

思い悩んだムカジーさんは昨年11月、インドのテレビ局が
放送するクイズ番組に出演し、賞金250万ルピーが贈られることに
なった。お金は今後の治療費に充てる予定だ。勇気を出して
出演したムカジーさんに、多くのインド人が拍手を送っている。

そんなムカジーさんにとって、いまなお許せないのは、3人の犯人は
最長で4年半拘束されただけで保釈されたことだ。
「たった5千ルピーの賠償金さえ、受け取っていない」と憤る。

酸攻撃反対運動のバルマさんは、犯人の報復を恐れてひっそりと
暮らす被害者もいるとし、「酸攻撃の罰則は現在、最高で10年の
懲役だが、終身刑にし、保釈も認めないようにすべきだ。酸攻撃を
取り締まる法律を一刻も早く成立させてほしい」と訴える。
酸攻撃に使われる清掃やサビ落とし用の液体は誰でも容易に購入
できることも問題で強力な酸の販売を規制する必要性も強調している。

ただし、バルマさんは、重要なのは「法が適正に運用されることだ」とも
指摘する。パキスタンやバングラデシュでは、酸攻撃への処罰が
強化されたものの、捜査が十分に行われておらず、「犯罪抑止には
ほとんど効果を上げていない」としている。

インドでは、レイプ事件も取り締まりの甘さが指摘されている。
インド政府によると、11年に被害届があったレイプ事件は
約2万4千件。この年の同事件の有罪率は26%しかなかった。

経済では、昨年まで高成長を続け、新興国の一角として存在力を
高めているインド。日本など外国企業の進出も加速している。
その陰で、女性の人権を尊重する国民の意識はまだ低く、
貧困層も多い。各地では、レイプだけでなく、酸攻撃や家庭内暴力に
抗議するデモが連日続いている。全インド民主女性協会の
アルビーナ・シャキルさんは「他国と競争していく上で、女性差別だけで
なく、カースト制度、貧富の差などあらゆる分野の差別をなくして
いかなければならない」と話す。ムカジーさんも「レイプや酸攻撃の
被害者は、家に閉じこもっていてはだめ。団結して声を出して、
政府を動かさなければ」と訴えた。

    ◇   ◇

酸攻撃 製品加工、洗浄用などの強力な酸が使われる。
英NGO国際酸生存者基金(ASTI)によれば、インド、パキスタン、
バングラデシュ、カンボジアなど世界では年間約1500件が
報告されており、被害者の8割が女性。4割が18歳未満の子供。
カンボジアでは夫の不倫に怒った女性が加害者となるケースも多い。

 
コメントです

インドで女性に対する差別や暴力への抗議活動記事です
確かに、ナイフ一本で性暴力から未然に身を守ることは
難しいと思われますが、それでも、抗議活動としては、
インパクトあっていいですね。
しかし、上記にあるように、女性に対して卑劣な暴力を
平気で行う国々の男性人は、これだけ情報が瞬く間に
世界中に広がる現代において、それらの低次元で卑劣な
行動がやはり世界中で
嘲笑の対象となっているのに、
少しは
「恥」という感覚持ちあわせてはいないのでしょうか?



posted by salsaseoul at 18:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 南アジア・インド周辺国

飢餓地獄の北朝鮮で人肉食相次ぐ 親が子を釜ゆで 金正恩体制下で大量餓死発生

飢餓地獄の北朝鮮で人肉食相次ぐ
親が子を釜ゆで 金正恩体制下で大量餓死発生

産経新聞 2013.1.27

北朝鮮南西部の穀倉地帯、黄海南北道で昨春来、数万人規模の
餓死者が発生していたことが、北朝鮮の内部情勢を独自報道して
きたアジアプレスの石丸次郎氏が率いる取材チームの調べで
分かった。金正恩第一書記デビューの舞台となった首都平壌
建設や、北朝鮮人民軍の掌握のための食糧調達を、穀倉地帯から
強制収奪した結果の飢餓発生だったもようだ。目撃証言は一家自殺や
人肉食など凄惨(せいさん)な内容で、石丸氏は飢餓の実態と背景に
ついて報告書にまとめ、今月中にも国連など国際機関に提出する。
(久保田るり子)

麗しい首都平壌と穀倉地帯の飢餓地獄

北朝鮮は昨年4月、金日成生誕100年祝賀行事と「祝砲」のミサイル
発射で金正恩氏の新体制を内外に誇示した。ミサイル発射には
世界からの21社170人もの外国メディアを受け入れて指導者
デビューを飾ろうとした。ミサイルは失敗したものの、首都平壌は
高層ビルの建設ラッシュ、その夜空は花火で彩られており
「平壌は発展している」などと報じた外国メディアも少なくなかった。

しかし、石丸氏らの取材は、その平壌の繁栄が虚構であることを
暴き、「人民の生活向上を重視」などと年頭に演説した金正恩
体制の“正体”に迫ろうとしている。

石丸氏によると、取材チームが穀倉地帯の異変をキャッチしたのは
昨年3月ごろ。以来、中朝国境に出てきた黄海道の住人取材や、
チームのメンバーであり石丸氏が養成してきた北朝鮮人記者に
よる潜入取材などを敢行して証言を集めた。

『私の村がもっともひどかったのは昨年4月と5月でした。飢えて
全滅した一家もあれば絶望して全員が自殺した家もあった。
毎日5世帯、6世帯と死人が出た』(黄海南道、農村幹部)

『目を覆いたくなるような状況でした。青丹郡というところでは住民の
何割が死んだかわからないほど。空腹でおかしくなった親が
子を釜ゆでして食べて捕まる事件があった』(黄海道の農村に
党の方針を伝達するため域内を回った党中堅幹部)

石丸氏が衝撃を受けたのは、取材した黄海道住民の全員から
人肉食の証言が出たという凄惨な事態だという。親子殺人や
人肉の密売流通などで、多くは保安部(警察に相当)に通報され
処罰されているため住民の間で公然化していたという。

権力による計画的な食糧収奪と強奪

「国中が疲弊するなかで平壌と軍の安定だけは金正恩体制の
至上課題だった。黄海道から収奪されたのは、首都再開発事業に
全国から動員された学生や青年同盟(金日成社会主義青年同盟)
などを養う食糧と、平壌市民への配給用の『首都米』、軍部隊を
維持するための軍糧米だ。地方幹部や警察など権力側がチームを
組んで農村から強奪していた。一方、軍用は軍糧米の名目で、
収奪は収穫前に田畑に入るケースや収穫後に持ち去るケース、
さらになけなしの食糧を隠している住民も、家宅捜索までされて
強奪された」(石丸氏)

約20年間、国境取材などで北朝鮮をウオッチし、約10年前から

北朝鮮内部に記者を育成、潜入報道を行ってきた石丸氏は、
黄海道が5、6年前から軍による収奪が行われていたことに
注目していたという。

「しかし、昨年から始まった飢餓は明らかに金正恩氏デビューに
伴う莫大(ばくだい)な浪費によるものだ。新しい指導者が出たのに
『軍に配給もない』では体制は保てないため穀倉地帯に負担を
強制したのだ。われわれが取材した証言には、銃を持った軍人が
脱穀所から食糧をすべて奪取した目撃談や、上部からの命令で
ノルマを課され暴力的に奪取する以外に方法がなかったと語る
地方の党幹部などの話が少なくない」(同)

取材チームは、入手した複数証言の分析から餓死者は数万人と
推定した。黄海南北道は中国国境に遠いこともあり、中国への
脱出者が全土で最も少なく情報が外部に出にくいという。

北朝鮮の食糧事情は好転している?

欧州連合(EU)は2012年秋に北朝鮮に調査団を派遣、食糧事情を
調査した結果は「緊急支援は必要なし」とされ、今年のEUによる
対北食糧支援は打ち切られている。また国連の世界食糧計画
(WFP)と食糧農業機関(FAO)が昨年11月に発表した報告書も
2012−2013年の穀物生産予測は前年対比コメ11%増、
トウモロコシ10%増で食糧事情は好転したとしている。

しかし、北朝鮮は政治的な理由から調査を捏造(ねつぞう)データで
ごまかすことが多い。このため慎重なクロスチェックが求められる。
「作柄が好転すれば幸いだが、農村への収奪については国際機関が
本格的に調査する必要がある」(石丸氏)

調査を続ける同取材チームのもとに現地からは、国際機関の報告とは
全く逆の「今年の不作」の予測と生活の不安を訴える声がいまも
相次いでいるという。



コメントです

今日の記事、信憑性について、少し疑問を
感じましたが、大手メディアによる発表ですので、
ここでも転載しました


posted by salsaseoul at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国・北朝鮮