home003.gif

2012年11月30日

中国人口問題の時限爆弾、「一人っ子政策」

中国人口問題の時限爆弾、「一人っ子政策」
AFP 2011年10月31日

20111319859774.jpg
【10月31日 AFP】中国でも高齢化が進む中、30年以上続いてきた
「一人っ子政策」が、人口問題の「時限爆弾」になりつつある。 
世界人口は70億人に達し、地球の資源に大きな負荷を
かけつつある。その中で中国政府は、1979年の一人っ子
政策導入以来、女性1人当たりの子どもの数を1.5人まで
減らしてきたと主張することができるだろう。現在の中国人口は
13億4000万人。しかし、世界で類を見ない規模と厳格さで
実施してきた
この政策がなければ、現在、養っていたはずの
人口はさらに数億人ほど多かったはずだ。
しかし一人っ子政策は、強制的な集団避妊手術や妊娠後期に
なってからの堕胎など、さまざまな問題も生んできた。
女児は疎まれて捨てられたり、殺されることもある。一人っ子政策を
拒否する夫婦には、給与数年分にもなる罰金が科されうる上、
投獄されることさえある。
■一人っ子の肩に、両親2人と祖父母4人の老後?
けれども最近、人口統計学者や社会学者、経済学者たちが一斉に
警告している危機がある。
中国は史上唯一、豊かになるのを待たずして、先に高齢化問題に
直面する国になりそうだというのだ。フランスの人口統計学者
クリストフ・ギルモト(Christophe Guilmoto)氏は、欧州の
出生率が前世紀を通してゆっくりと下がっていったのに対し、
中国の危機は「比較にならないほど速い」スピードで迫っているという。
人民日報(People's Daily)オンライン版によると、向こう5年間で
中国の60歳を超える人口は、現在の1億7800万人から
2億2100万人に増え、割合では全人口の13.3%から16%を
占めるようになる。65歳超人口は現在9%だが、2050年までに
4分の1に達すると国家人口計画生育委員会
Commission for Population and Family Planning)は
予測している。一人っ子の肩に、両親2人と祖父母4人の老後がかかる
究極の逆ピラミッド状態は、一方で失業が増え、都会への出稼ぎ移住に
拍車がかかっている中国の政府にとって大きな頭痛の種だ。
家族計画に携わる人口統計学者、梁中堂(Liang Zhongtang)氏は、
1962〜72年にかけて生まれた世代が引退するころの政府負担は
甚大になると言う。毎年平均600〜700万人程度の出生数が、
その時期は年3000万人近かったからだ。
■一人っ子政策緩和を求める声
4世代同居が当たり前だった中国には考えられなかったことだが、
現在60歳以上の半数は1人暮らしだ。高齢者のための医療施設や
老人ホーム、資格をもったケアワーカーなどもすでに欠いている。
政府は2015年までに特別施設の病床数を現在の倍にあたる600万床
まで増やすとしているが、それも現在の不足分を補うだけでしかない。
一方で、中国で国民皆保険・皆年金制度が実施されるようになったのは
つい最近で、地方部人口の3分の2は年金を受けていない。
中国は一人っ子政策をやめるべきなのか、
それともせめて緩和すべきなのか。
「もちろんだ。生殖権は人権のひとつ。夫婦が何人子どもを持つかは
政府とは無関係のことだ」と人口学者のHe Yafu氏は主張する。
世界的に見て、中流家庭では核家族化が進んでいることから、
「中国で一人っ子政策が緩和されても、多すぎるほど子どもを
ほしがる夫婦はそんなにいないと思う」と言う。
他方で前月、一人っ子政策の緩和を決定した
広東(Guangdong)省のような動きもある。
中国で最も人口の多い同省では今後5年間、
この決定に「大きな変更は加えない」と宣言している。
(c)AFP/Pascale TROUILLAUD



コメントです

中国一人っ子政策の話題です。
知人の中国人から聞いた話では、
中国(特に都市部)国内では、

2人目以上のこどもを持つことが、
現在、一番自慢できること、だそうです。


posted by salsaseoul at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国・台湾

2012年11月06日

日本で図書館利用者が増加、高齢化や不況が影響か

日本で図書館利用者が増加、高齢化や不況が影響か
2012 11 1 朝鮮日報日本語版

インターネットやスマートフォン(多機能携帯電話端末)が
紙の本に取って代わる時代といわれるが、日本では
図書館の利用が増え続けている。

日本の文部科学省が1日に発表した社会教育調査の中間報告に
よると、2010年度に公共図書館が貸し出した本は国民1人当たり
5.4冊と、過去最高を記録した。1970年代には、1人当たりの
貸出冊数は年間1.0冊にとどまっていた。10年度の貸出数は
延べ6億6000万冊、本を借りた人は延べ1億8000万人だった。
特に、小学生への貸出数は1人当たり26.0冊で、3年前の
18.8冊に比べ大幅に増えた。

図書館利用者数の増加は、高齢化に伴う高齢者数の増加と
関連があるとみられている。文部科学省は「団塊の世代の
退職が本格化し、空いた時間に図書館で本を読んで過ごす人が
増えたのではないか」と分析している。
実際に、東京・千代田区の図書館は平日も多くの高齢者が訪れ、
空席がほとんどないほど混雑している。

図書館の利用増は不況の産物だとする見方もある。長期的な
景気低迷に伴う所得の低下で、本の買い控えが進んでいると
いうわけだ。日本の出版市場は1996年をピークに縮小しており、
廃業・閉店する出版社や書店の数も増え続けている。
その一方で、「ブックオフ」などの古本販売店は好調を続けている。

図書館数の増加やさまざまなサービスが利用者を増やしたとの
分析もある。日本の図書館数(学校の図書室を除く)は90年の
2172館から昨年には3274館に増えた。財政悪化や高齢化による
人口減少、少子化で学校など公共施設の閉鎖が続いている中でも、
図書館だけは増えている。図書館側も利用者を増やすため、
閉館時間を遅らせるなどサービスの向上に力を入れてきた。

日本経済新聞によると、東京の新宿区立大久保図書館は仕事帰りの
会社員にも利用してもらうため、2010年度から平日の閉館時間を
午後7時から午後9時45分に延長した。その結果、同年度の貸出数は
3年前に比べ9.2%増えたという。このほか、図書館に置いていない本を
別の図書館から取り寄せるサービスなども行われている。



コメントです

図書館の利用状況の話題です
公共施設の利用が活発になるということは、
商業サイドからみればマイナスかもしれませんが、
情報の共有が進むわけですから、廃棄本が減るなど
他のメリットもあります。
それだけ、社会成熟化が進んでるのかもしれませんね。




posted by salsaseoul at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本・社会

2012年11月02日

高級ハイブリッド16台が浸水で爆発 米国

高級ハイブリッド16台が浸水で爆発 米国
2012.11.1 16:03

wir12110116030001-p1.jpg

ハリケーン「サンディ」の襲来を受けたニュージャージー州
ニューアーク港で、少なくとも16台の高級プラグイン・ハイブリッド車
「Karma」が水没後
、炎上して爆発した。画像で紹介。
米国東海岸沿岸部でハリケーン「サンディ」が猛威を振るった
10月30日夜(米国時間)、ニュージャージー州のニューアーク港では、
10数台の高級車「Karma」が水に浸かったと報じられている。
Karmaは1台10ドルするFisker社製のプラグイン・ハイブリッド車だ。

しかし災難はそれにとどまらなかった。自動車カルチャーを伝えるサイト
Jalopnik」が入手した目撃情報によると、Karmaは「その後炎上して、
爆発した」という。火災の原因はまだ解明されていない。

今回のニュージャージー州での報告は以前から続いている
この高級車にまつわる悪いニュースの最新版になる。
これまでにも、Fiske社はKarma 2台の炎上により、
およそ1,400台のKarmaのリコールを余儀なくされている
また、Fisker社にバッテリーを供給するA123 Systems社
(日本語版記事)はこのほど倒産した。

Fisker社はこの件について短い声明を出し、ハリケーン被害により
現在ニューアーク港までのアクセスがない状態だが、火事に関して
人的な被害は無いと述べた。



コメントです

米国で、ハイブリッド車が水没して爆発した話題です
ハイテク器機の負の側面ですね。
今後の原因追及と安全対策が期待されます。

posted by salsaseoul at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境