home003.gif

2012年10月31日

「3人以上の親」認める法案、オランダで検討中

「3人以上の親」認める法案、オランダで検討中
AFP 2012年10月30日
index.jpg
フランスで、2人の娘と一緒に森の中を歩くレズビアンのカップル
(2005年10月19日撮影、資料写真)。(c)AFP/JEAN-PHILIPPE KSIAZEK

【10月30日
AFP】オランダの子供たちはもうすぐ、3人あるいは
4人の親を持つことができるようになるかもしれない──。
オランダ政府は現在、同性カップルが育てる
国内2万5000人の子供たちに関する親権を
「第3の親」にも拡大すべきかどうか
判断するための調査を行っている。
オランダ法務省の報道官がAFPに語ったところによると、
同省は「1家族が3人かそれ以上の親を持つことを認める
可能性について調査を行う予定」だという。この調査は、
同国の左派政党グリーン・レフト(GL)に加え、前月の
総選挙で勝利した自由民主党(VVD)と労働党(PVDA)が
要請したもので、レズビアン(女性同性愛者)の親権に
関する法改正を念頭に置いている。
同性カップルが子どもをもうけることは生物学的に不可能な
ため、第3の親が必然的に関与することになる。
だが現状では、義理の親や精子提供者が子育てに
関わりたいと希望しても、法的な親として認知されない。
グリーン・レフト党のリースベト・ファン・トンヘレン
Liesbeth van Tongeren)下院議員によると、
レズビアンのカップルの場合、生物学上の父親が
子どもの人生に関わっている例は多いという。
同議員は「生物学的なつながりよりも、家族が
今どのように暮らしているかが大事」とも述べている。
オランダでは2001年に世界で初めて同性婚が合法化された。
政府統計によると、2010年末までに1万4813組の同性
カップルが婚姻している。
同性愛者の権利団体「COC」によると、人口1670万人の
同国に暮らす同性愛者の数は約100万人に上る。(c)AFP

コメントです

今度はオランダで同性愛者向けの新しい法律ですか
欧州の人たち考え方が斬新すぎるのか、それとも、
思考が柔軟すぎるのか
いずれにしても、もしこの法案が通れば、またしても
オランダ政府は、国民に対して「何も我慢しないでいい」
政策を取りそうですね。


posted by salsaseoul at 01:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 欧州

フィリピン、巡視船5隻を仏から購入=南シナ海での対中対立にらみ?

フィリピン、巡視船5隻を仏から購入
南シナ海での対中対立にらみ?
時事通信 10月30日(火)
【マニラAFP=時事】フィリピンは、巡視船5隻を約9000万ユーロ
(約92億5000万円)でフランスから購入する。フィリピンの
沿岸警備隊が30日、明らかにした。中国などと領有権をめぐり
対立している南シナ海の島を警備する狙いもあるとみられる。
警備隊によると、2014年までに、全長82メートルの巡視船
1隻と同24メートルの巡視艇4隻を受け取る予定。
同隊は「西フィリピン海(南シナ海)のパトロールでは巨大な波などに
遭うため、より大きな船を使う方がいい」と購入の理由を説明。
領有権争いのための購入ではないとしている。
フィリピンと中国は4〜6月、両国が領有を主張する南シナ海の
スカボロー礁(中国名・黄岩島)付近で、両国の船艇が対峙
(たいじ)するなど激しい対立を繰り広げた。


コメントです

財政状況が厳しいフィリピンですが、今回は思い切って
巡視船購入に踏み切ったようですね。
しかし、100億円ですか…… 。
予期せぬ出費に同情の感を覚えます。


posted by salsaseoul at 01:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 東南アジア

中国人の悪習に嫌気、移民受け入れ政策を転換=寛容だったカナダの方針転換―中国メディア

中国人の悪習に嫌気、移民受け入れ政策を転換
寛容だったカナダの方針転換―中国メディア

Record China 10月30日(火)

imgout.php.jpg

2012年10月29日、網易は記事
「カナダはなぜ中国人移民を拒絶するのか?少ない貢献、
嫌われる悪習」を掲載した。
先日、カナダ市民権・移民省(CIC)は新たな技術移民規定を発表した。
語学力や学歴に高いハードルを設けるもので、中国人にとって
クリアするのは容易ではない。すでに投資移民の縮小も図られており、
移民受入れに寛容だったカナダが方針転換を図ったと嘆く
中国人も少なくない。
なぜカナダは中国人移民受け入れの姿勢を転換したのか。
網易は四つの理由を挙げている。第一に中国人移民がカナダ人の
雇用を奪い、また社会福祉など政府負担を増やすため。第二に
カナダ経済への貢献を期待された投資移民だが、事業を起こすなど
実体経済への投資は少なく、不動産や株式への投資にばかり集中。
貢献は少ないと判断されたため。
第三に初期にカナダに移民した中国人移民の間にこれ以上の
中国人移民を望まない声が上がっていること。新たな中国人移民が
殺到し、中国語だけで生活が成り立つチャイナタウンが増えている。
これに多文化的な生活を求めて移民した初期の移民が反発している。
第四に移民の悪習のため。先日、移民留学生がカーチェイスの
末、パトカーを振り切ったとの自慢をネットに書き込み注目を集めた。
マナーや常識がなく、タン吐き、信号無視、公共空間でタバコを吸い
大声で話す、何でも裏口とコネで解決しようとする…などなど中国人の
悪習に眉をひそめる人は多い。(翻訳・編集/KT)



コメントです

各方面でいろいろと言われている、中国人に対しての
ネガティブな話題です。
しかし、それらは個人的感情や主体的な意見がほとんどで
客観性に欠けます
が、今日の記事はあくまでも一国の
政府が決定したことでので、あくまでも公正な判断だと
思われます。いずれにしても、中国話題は多いので
退屈しません。


posted by salsaseoul at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国・台湾