home003.gif

2012年07月31日

アラファト議長に毒殺説浮上 謎を解く鍵は遺体の調査

アラファト議長に毒殺説浮上 謎を解く鍵は遺体の調査
(CNN)
2012 7 5
2004年に死去したパレスチナ自治政府の
ヤセル・アラファト議長(当時)の遺品から高濃度の
放射性物質ポロニウム210が見つかったが、専門家からは、
これだけではアラファト議長が「毒殺」されたと結論づける
ことは出来ないとの見方が出ている。謎を解く鍵は、遺族が
求めている遺体を掘り起こしての調査となりそうだ。

スイス・ローザンヌの研究所がアラファト氏の遺品から
放射性物質ポロニウムが検出されたことを明らかに
したことを受け、アラファト氏の妻スーハ・アラファトさんは
4日、遺体を掘り起こして調べるよう求めていると述べた。
パレスチナ自治政府も同日、遺族の承諾が得られれば
掘り起こしには反対しないと表明した。

検査はローザンヌの放射線物理学研究所が今年2月か
ら6月にかけ、スーハさんの依頼を受けて実施し、アラファト氏の
歯ブラシ、衣類、同氏のトレードマークだった白黒模様の
スカーフなどを調べた。その結果、高濃度のポロニウム210を
検出。特に衣類などに付着していた汗や血液などの体液から
検出された濃度が高かった。

ただ、同研究所の研究者は今回の結果について、これだけでは
アラファト氏が毒殺されたと結論付けることはできないと指摘する。

研究者は、アラファト氏の診療記録に記された症状がポロニウム
被曝(ひばく)の症状と一致しない部分もあるといい、
「この謎を解く唯一の方法は遺体を調べることだ」と話している。
スーハさんは「どのような結果であれ、真実を知る手がかりとして
重要だ」と語った。

放射性物質の検査は、最初の検査で一般的な毒物が検出
されなかったことから、遺族の要請で行ったという。衣類などは
8年前に遺族に返還されて以来、スポーツバッグに入れたままに
なっていたとされる。

米国の専門家によれば、ポロニウム210を保有しているのは
米国、イスラエル、ロシアなどごく少数の国のみ。アラファト氏が
毒殺されたと考えた場合、「容疑者」は絞られるといい、
「ポロニウムを使うとすれば、犯行を隠すのではなく公言する
意図があったとしか考えられない」という。

「わざわざポロニウムを使う理由が分からない。密かに誰かを
殺害したいのであれば、もっと好都合な薬物はいくらでもある」と
この専門家は話している。

一方、パレスチナ解放機構の幹部は、アラファト氏の暗殺を
疑う見方は以前からあり、パレスチナ人の大部分は暗殺説を
信じていると指摘、「私も個人的にこの説を信じる。
私は同氏と共にいて事態を目の当たりにしたが、確かに
不自然だった」と語った。

パレスチナ自治政府のアッバス議長はアラファト氏の死に
まつわる真実を解明するため、報告の内容を検証し、
アラブ諸国および各国の専門家の助言を求めるよう
調査委員会に指示した。

パレスチナ自治政府の当時の発表によると、アラファト氏は
血液疾患の治療を受けるためにフランスを訪れたが
同国の軍の病院で死去した。75歳だった。

コメントです
アラファト議長・毒殺疑惑の話題です。
8年も時間を経て、なぜ、今頃…
といった感もありますが、逆に言えば、
イスラエル対パレスチナのにらみ合いが
続くかぎり、両者は事あるごとに何かしらの
理由(いちゃもん)をつけて、扮装を再燃
せるのでしょうね。


posted by salsaseoul at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 中東

2012年07月30日

泉佐野市の高校生自殺 いじめでなく「悪質犯罪」の可能性

泉佐野市の高校生自殺 いじめでなく「悪質犯罪」の可能性
J-CASTニュース 7月30日(月)
大阪府泉佐野市在住の定時制高校1年・川岸朋之さん(18)が
2011年10月、貝塚市で自殺した問題で、中学校の元同級生らから
借用書を書かされたり、窃盗を強要されたりという疑惑が浮上した。
インターネット上などでは「いじめではなく犯罪ではないか」という声も
上がっている。
大阪府警と貝塚署は自殺から約9か月後の12年7月末、
ようやく重い腰を上げ、再捜査を開始した。

■15万円借用書、ひったくりや窃盗強要も

川岸さんは11年10月、貝塚市内の商業施設跡地で首を
つって死亡しているのが発見された。
携帯電話には「自殺の動機がこれって大分情けないな。
16日までに38000円は無理や。仕事もしてないのに。
払えたとしても、なんやかんや話だしてきて取られるのが
目に見えてる。悪魔や」「生きるのがほんまに疲れました。
でももっと生きたかったし。もっとみんなと遊びたかったし。
もっと楽しい事したかった。死にたくない。死ぬのは怖い」など、
金銭を要求していたと思われるメモや遺書のようなものが
残されていた。この文書を見た家族は大阪府警貝塚署に
捜査を要請していたが、11年末に証拠不十分として
捜査を打ち切っていた。

しかし12年7月になって、川岸さんの父親が「息子がひったくりを
強要されていた」と申告し、さらに友人がひったくり強要と
「事情聴取の際、加害者の男子高校生から口止めされ、
嘘をついていた」と証言。
府警少年課と貝塚署が26日から再捜査を開始した。

また各紙報道によると、川岸さんが自殺する約10日前の
11年10月15日、加害者とされる少年グループに15万円の
借用書を書かされていた。加害者は10年7月に川岸さんに
現金2万円を貸しており、この2万円プラス月1万円の利子を
13か月分支払うという内容だった。さらに金を払わせるため、
ひったくりを強要されていた、店のレジカウンターから金を
盗まされていたと川岸さんの友人が証言しているという。

■「大津いじめ問題大きくなり再捜査決めたのでは」

この事件について、「いじめで自殺した」などとされているが、
報道の内容が事実とすると、高すぎる金利や窃盗の強要など、
もはやいじめの範囲を超えていると思われる。

まず借用書の内容についてインターネット上では
「出資法違反ではないか」という見方がある。
出資法には「金銭の貸付けを行う者が、年109.5パーセントを
超える割合による利息(債務の不履行について予定される
賠償額を含む)の契約をしたときは、5年以下の懲役若しくは
1000万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する」と
規定されており、借用書にあった月1万円の利子は違法となる。

ひったくりや金を盗むことの強要については、恐喝罪
(10年以下の懲役)や脅迫罪(2年以下の懲役または
30万円以下の罰金)、強要罪(3年以下の懲役)に
問われる可能性がある。

遺族は捜査打ち切り後に何度も警察署を訪れて再捜査を
求めてきたという。再捜査開始後には報道陣の取材に対し
「以前から話しており、対応が遅すぎる」と話している。
インターネット上では「大津市のいじめ自殺問題がここまで
大きくならなければ再捜査もされなかったのでは」と
いぶかしむ声も上がっている。


コメントです

泉佐野市・高校生自殺事件に関する記事です。
上記にあるように、誰が見ても、大津の事件が
クローズアップされたことによって再捜査が
始まったようですが、該当警察署のこのような
お粗末な対応には本当にがっかりさせられます。
まあ、ここに限らず、該当する学校関係者、
教育関係者、警察、そして加害者の保護者は、
まず、「恥」を知るべきですね。

posted by salsaseoul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本・社会

いじめはご法度…学校や市教委“隠蔽体質”の背景

いじめはご法度…学校や市教委“隠蔽体質”の背景
産経新聞 7月20日(金)
20120720-00000522-san-000-7-view.jpg

【今、学校で】大津の中2自殺(中)

「万引したって言えやー。言わへんかったら殴るぞ」。
大津市の陸上競技場のスタンド席にある通路の鉄柵に、
市立中学2年の男子生徒=当時(13)=は鉢巻きで後ろ手に
縛り付けられていた。同級生ら3人は執拗(しつよう)に
男子生徒に迫った。昨年9月29日の体育祭での出来事だ。

男子生徒はこらえていたが、殴られ続け、泣きながら
「万引しました」と言った。3人のうちの1人は、この様子を
携帯電話の動画で撮影し「やった! 撮れた!」とはしゃいだ。
男子生徒が自殺したのはその12日後だった。

 ◆衝撃的回答16件

「自殺の練習をさせられていた」。男子生徒の自殺から9カ月が
経過した今年7月、自殺直後に実施した全校生徒アンケートに、
衝撃的な回答が16件あったことが判明。
市教委はそれまで、「殴られる」などのいじめがあったことは
公表していたが、「自殺練習」については「伝聞情報」として
公表せず、加害生徒側にも確認していなかった。
その上で「自殺といじめの因果関係は確認できなかった」とした。

学校や市教委の“隠蔽(いんぺい)”には、いくつかの背景
があったことがうかがえる。

いじめに関する著書がある評論家の芹沢俊介氏は
「学校は授業が滞りなく行われるのが正常。いじめが
確認されると、その対応で正常が崩されることへの
恐怖感があり、隠蔽の一因になったのではないか」とみる。
「いじめが起きた以上授業や行事を止めてでも向合うことが不可欠だ」

通学区域外の小学校や中学校への進学を認める「学校選択制」の
弊害を指摘する声もあがる。

大津市でも、隣接区域選択制を導入していた。この制度下では、
人気の違いによって、入学者数に差が出る。
それは、保護者や地域からの学校評価にも直結する。

東京都内の元公立中学校長は「どんな学校も、地域に対して
いい学校に見せたいという思いが強い。特に保護者の関心が
高いいじめは“ご法度”。
そこに隠蔽体質が生まれやすい」と打ち明ける。

元中学教員で鳴門(なると)教育大大学院の阪根健二教授は、
教員の心理的な問題も指摘する。「いじめがあることが汚点
になるという思いがあり、失点を減らしたいという考え方が
いじめに向き合う姿勢を後退させているのではないか」

教育委員会の構造的な問題もある。教育委員は教育の
専門家ではない地域住民から選ばれ、月1〜2回の定例会で
教育行政を行うが、実際に業務を行うのは教育長を

中心とした事務局職員で、多くは教員出身。
「委員会は事務局の決定を追認するだけの名誉職」などと
形骸化が指摘されてきた。今回のケースも、自殺後の委員会で
報告があったにもかかわらず、委員からは質問や意見は
一切出なかった。東京学芸大教職大学院の今井文男
特任教授は「大事故が起きたときこそ、情報公開や調査の
あり方などについて、民間人である教育委員の感覚が
教育行政に反映されるべきだった」と指摘する。

 ◆見えない青写真

男子生徒は、小学校の卒業文集に、印象的だった出来事を
運動会と記し、「中学になったら、この経験を生かし、
体育祭で発揮したい」とつづった。多くの生徒に目撃され、
今回のいじめの象徴的な暴行が、その体育祭で行われていた。
あまりに悲しい。

平野博文文部科学相は17日の会見で「いじめが深刻化する
前に全国の教育委員会から早く文科省に報告を上げて
もらいたい」と話し、国と教委、学校で情報を共有し、自殺を
防ぐ仕組みを検討することを表明した。
だが、その仕組みの青写真は、まだ見えない。


コメントです

大津の中2自殺事件に関する記事です。

posted by salsaseoul at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本・社会

2012年07月29日

高齢者を狙った「ハイハイ商法」とは 被害者の平均年齢は79.5歳

高齢者を狙った「ハイハイ商法」とは 被害者の平均年齢は79.5歳

MONEYzine 7月29日(日)

古くからある悪質商法の一つ、催眠商法。最近も被害が
相次いでいるようだ。国民生活センターは7月20日、
ホームページ上で「SF商法『つられて買ってしまったけど』の巻」を
公開した。72歳の女性が言葉巧みに高額商品を購入させられる
事例を紹介し、注意を呼び掛けている。

催眠商法とは、冷静な判断ができない高揚した雰囲気の中で、
高額な商品を売りつけるもの。狭い会場に人を集め、販売員が
巧みな話術で場を盛り上げながら、「ハイ、ハイ」と手を
上げさせることから「ハイハイ商法」と呼ばれたり、最初に
この商法を始めた団体の名から「SF商法」とも呼ばれる。

同センターは、2010年7月14日にもこの商法についての
注意喚起を行ったが、2年越しの再掲載であることから、
現在も被害が続いているとみられる。

販売される商品は布団類、健康器具、健康食品などで、
金額は20〜50万円くらいのものが多く、最近では
数万円程度のものも増えているという。

被害に遭わないためには、
「無料配布や販売会のチラシ、引換券を配っていても受け取らない」
「販売員や近所の人に誘われても、絶対に会場へ行かない」
「タダより高い物はないと心得る」ことが大切とアドバイスしている。

また、空き店舗を利用した期間限定の店舗や臨時の販売会では、
トラブルが発生した際には連絡が取れないことが多く、架空の
連絡先だった場合は、被害の回復が困難になると解説している。

一方、茨城県は6月28日、この「催眠商法」の手口で高額な商品を
売り付けたとして、ある訪問販売業者を、特定商取引法
(販売目的等不明示など)に基づき、3か月間の業務停止を命じた。
この業者は催眠商法によって、ネックレス、ブレスレット、首巻、
腹巻きの4点セットを22万円で販売していたという。茨城県の
消費生活センターには、2011年12〜2012年4月までに計13件の
苦情・相談が寄せられ被害者の平均年齢は79.5歳だった。

国民生活センターは、契約をやめたい場合はクーリング・オフを、
その期間が過ぎていたとしても契約に納得がいかないときは、
あきらめずに自治体の消費生活センターに相談するよう
呼び掛けている。
(加藤 秀行 、 簗瀬 七海)


関連記事です。

密室商法の現場に潜入、そこから学んだこと

先日、筆者はたまたま密室商法
(催眠商法、SF商法、あるいはハイハイ商法とも言われる)に
紛れ込むことができた。最初はバカバカしくて半身に
構えていたが、実は企業営業にとっても多くの学ぶべき点が
あることに気付いた。

妻の買い物に付き合って出掛けたときのこと、駅前で妻が
ビニール袋入りの黄色いビラを受け取った。
「面白いからあなたももらったら」という妻の勧めで筆者も
ビラ配りの若者に近づいたが、ビラの受け渡しを拒否された。
3度ほど要求すると、若者は「あのお母さんと一緒ですか」と
言いながら、渋々ビラを渡してくれた
(ちゅうちょした理由は後で分かる)。

黄色いビラには「砂糖を10円で売ります」と書いてある。
その20〜30メートル先にある、既に閉鎖したはずの
小さな店の前で、机の上に砂糖袋を並べて10円で
売っているのだ。妻が2人分の代金を支払うと、
砂糖と一緒に1枚の白いビラを手渡された。
先ほどの黄色いビラも、この白いビラも
薄汚れているので、何度も使い回しているのだろう。

魅力的な商品を無料で!

白いビラには「トイレットペーパー、ラップを無料で差し上げます」と
書かれている。主婦ならば店の中に入りたくなるような
殺し文句だ。筆者は店の入り口で20人も入れば一杯に
なる店内をのぞいていた。中では老婦人たちが十数人
立っていて、中年男の説明を熱心に聞いている。若者が来て、
筆者に靴を脱いで中に入れと勧める。
「靴を脱いで入らないと商品をもらえませんよ」と若者は言うが、
筆者は外から首だけ突っ込んで話を聞いていた。

中年男は、当社は通信販売の会社だとカタログを見せながら
説明し、ここにある商品を差し上げますなどと面白おかしく
口上を述べている。30分ほど経過したところで
「これからいよいよ商品を差し上げます」と言う。再び若者が
筆者に近寄って来て、靴を脱いで中に入ることを勧める。
「ただ聞いているだけだ」、「中に入らないと品物をもらえませんよ」、
「品物はどうでもいい」と押し問答した途端、若者は
「どうでもいいのなら帰ってよ」とすごんで体を押してきた。
仕方なく、筆者は興味本位で靴を脱いで中に入った。

いざ、現場に潜入

トイレットペーパー、ラップと次々に品物を無料で渡すのだが、
1品ごとに30分ほどの説明が入る。商品の説明はわずかで、
ほとんどは世間話を面白おかしく話している。とにかく笑わせて
くれる中年男のなまりのある話術に、その場にいた全員が
完全にはまってしまっている。

「家にトイレのある人?」という質問に、老婦人たちは大笑い
しながら手を挙げて「ハイ、ハイ」。「このトイレットペーパーを
使ってみたい人?」、「ハイ、ハイ」、「そのお母さんの声が
一番大きいから1個多くあげる」といった具合に、あちこちで
「ハイ、ハイ」との大声。雰囲気から筆者も手を挙げざるを得ない。
まさに「ハイハイ商法」である。テンプラ揚げ鍋とこし網の
セットや包丁など、いかにも値のかさみそうな品物は盛んに

説明するがなかなか配らない。

しばらくすると小さないすが用意され、座るように促される。
全員座ると中年男の説明にはますます熱が入る。とにかく話が
面白い。気が付くと入り口が紅白の幕で仕切られて、
外界から閉ざされている。密室の状態だ。中の人間に一体感が
生まれるには十分な雰囲気だ。そう言えば、最初の段階で
1人がスッと会場から出て行ったとき、中年男はすかさず
こう言ったのだ。「あの人は昨日もここに来て、ただでたくさん
もらって帰った人だ。僕と目が合ってバツが悪くて出て行った」
(後で判明するが、昨日は開催されていない)

しばらくしてさらに1人が抜けた。中年男は「ああいう落ち着きの
ない人は、相手にしない。残った人は選ばれた人だ」と言った。
否が応でも仲間意識が醸成されつつあった。

靴の下敷きが取り出された。「ひざの痛い人?」、「ハイ、ハイ」、
「腰の痛い人?」、「ハイ、ハイ」、「肩の痛い人?」、「ハイ、ハイ」。
皆、品物がほしいから元気に返事をする。

「この商品を敷くと痛みが取れます、1枚1029円なんて安いでしょう」
「安いねえ」
「洗えば何度でも使えます」「お得ですよ」
「ほしい人?」
「ハイ、ハイ」
「よし、今日は特別500円にしておくよ」「安過ぎるよ」

気が付くと、説明をする中年男の両側に若者が2人ついて、
絶妙な相づちを打ちながら、中年男をサポートしている。
彼らは明らかに訓練されているのだ。全員が競うように
下敷きを受け取る。すべて行き渡ると「内緒で今日は
お金はいりません」「無料ですよ」と語り大きな拍手が出る。

「本当に内緒ですよ。お金を受け取らないと法律違反になるから」
「絶対内緒ね」。老婦人たちはかなり得した気分になって
大満足の様子だ。
彼女らはあたかも同志であるかのような感覚になってきたようだ。

顧客のしぼり込み

入店から2時間ほど経過し、筆者は次の用件があるので
退室しようとしたが、若者にとがめられた。事情を話して
ようやく退室を認められたが、紅白の幕をめくって靴を
はこうとしたところ、外をガードしている2人の若者に

押し戻されそうになった。事情を話して何とか開放された。
数人のビラ配り、店の前で砂糖を売る役、中年説明員、
相づちを打つ若者、外界との間でしっかりとガードする若者、
彼らのチームワークは実に見事である。

ほかの用件を済ませて1時間後に帰宅した筆者を、妻が
「わたしも今帰ったばかり」と迎えた。妻が手に入れた品物は
筆者が退場した時点から増えていなかったが、
妻は退屈しなかったと言う。中年説明員から妻を含む3人に
「あなたたちはもう帰っていい」と言われて退場したそうだ。

妻によると、参加者の中でも若い人たちが追い出されたそうだ。
押しに弱そうな高年配女性10人ほどが残されたらしい。
顧客のしぼり込みだ。そうすると、筆者のような男は彼らに
とってお望みでなく、実は退場されてホッとしたのではないか。

過去同じような経験がある妻によると「最後に、断り難い
状況の中で数十万円する布団などを売りつけられる」そうだ。
翌日、駅に行ったついでに店を確認すると、シャッターが
下りて静かな閉鎖店舗に戻っていた。

コメントです

「ハイハイ商法」(催眠商法・SF商法)の話題です。
現場体験をされた方の記事がありましたので、
参考にさせていただきました。

posted by salsaseoul at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本・社会

ガスマスクを受け取る子どもたち、イスラエル

ガスマスクを受け取る子どもたち、イスラエル
AFP=時事 7月28日(土)
20120728-00000014-jij_afp-000-1-view.jpg
イスラエルは、化学兵器や生物兵器から身を守るための道具や
ガスマスクを市民に渡す配布所を国内各地に開設した。(c)AFP

関連記事です。

イスラエル軍、市民にガスマスクの試験配布を開始

304.jpg
【2月28日 AFP】イスラエル軍は28日、化学兵器や生物兵器攻撃に
対する備えとして市民にガスマスクの試験配布を開始した。
AFPの取材に応じた広報担当の軍高官によると、テルアビブ
Tel Aviv)近郊のオル・イェフダ(Or Yehuda)の住民に対し、
郵便局を通じて試験的にガスマスクを配布する。
「今回の配布計画で見つかる課題や政府の決定に従って、
国民全体への配布に拡大する」方針だ。
イスラエル政府は5日、2013年までにイスラエル国民1人に
つき1個のガスマスク、計約800万個を配布することを決定した。

同政府は、イランまたはシリアとの衝突が発生した場合、
自国に対し化学兵器や生物兵器を使用される可能性を
長年懸念しているが、今回の配布は特に差し迫った脅威に
よるものではないとしている。

アラブ国家に囲まれるユダヤ国家であるイスラエルは近年、
いくつかの大規模な防衛演習を行っており、前週もレバノン
またはシリアを想定した仮想軍事演習を行ったばかり。
また前年10月には米軍と共に、ミサイル攻撃を想定した
過去最大の合同防空演習を行った。

イスラエル軍による2006年のレバノン侵攻の際、
レバノンのイスラム教シーア派武装組織ヒズボラ
Hezbollah)は34日間の戦闘で、イスラエル北部に
対し4000個を超えるロケット弾を発射し、イスラエル側の
住民数万人が南部への避難を余儀なくされた。(c)AFP


コメントです
今回のイスラエルのガスマスクの配布
は、
表面上は、中東情勢、特にシリアが不安定な
ことの理由による措置だと思いますが、
真の目的は、国民への危機管理に対しての
啓発を促すものでしょう。
いずれにしても、日本国内在住中の感覚では、
現地の日々の暮らしに関しての危険度を
想像することは無理でしょう。
その観点から見ても、今日の話題は興味深い
内容です。

posted by salsaseoul at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 中東

開会式に謎の女性 インド選手団と行進

開会式に謎の女性 インド選手団と行進
NHK 2012年(平成24年)7月29日
tumblr_m7vt059zBb1r1thtao1_1280.jpg

厳重な警備態勢がとられたロンドンオリンピックの開会式で、
インドの選手団に紛れて関係のない女性が一緒に
行進していたことが分かり、騒ぎとなっています。

日本時間の28日に開幕したロンドンオリンピックの開会式では、
選手団が国や地域のアルファベット順に入場して行進しました。
このうち、インドが入場した際、関係のない女性が一緒に
行進していたことが、選手団の指摘で分かりました。
映像を確認しますと、選手たちと異なる赤色の上着を着て
青色のズボンをはいた女性が、選手団の先頭付近で、
旗手のすぐそばを歩いているのが分かります。
この女性は、観客の歓声に、時折手を振って笑顔でこたえる
しぐさをしていましたが、その後、いなくなったということです。
インド選手団の団長は、女性はわれわれとは全く関係が
ないとしたうえで、「世界的な注目を集める場で恥をかかされた」と
述べ不快感を示し、大会の組織委員会に問題を提起する
考えを示しました。厳重な警備態勢がとられるオリンピックの
開会式で起きた異例の出来事は、インドの新聞が大きく
報じるなど、騒ぎとなっています。


コメントです
いよいよロンドンオリンピックが開催されましたね。
ここでも、CB的な記事を掲載してみました。

posted by salsaseoul at 19:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 英国

2012年07月21日

遺体から皮膚や骨…闇取引 調査報道NPOが取材

遺体から皮膚や骨…闇取引 調査報道NPOが取材
ICIJ (朝日新聞 7月18日)
TKY201207180635.jpg
死体組織の国際取引の流れ
死体から皮膚や骨、腱(けん)などの組織を集め、
歯科インプラントや美容形成、スポーツ医療用製品の
原材料として国際的に取引する動きが活発だ。
高まる需要の中で死体組織の不正な入手も横行し
始めており、米国の国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)は
世界11カ国で8カ月間取材し、取引の不透明な実態に迫った。
人体組織の取引を監視する法律がないため出所のはっきりしない
死体組織をめぐる感染症被害の危険性を指摘する声もある。

人体組織そのものを売り買いすることは禁じられているが、
遺族の同意に基づく「献体」などにより遺体の組織が提供され、

非営利団体の組織バンクなどを通じて医療現場に届くのが
本来の形だ。ところが、「人体組織ビジネス」は急成長を続け、
規制の甘い旧ソ連・東欧が人体組織の「供給源」として
狙われている。中には、公的機関が言葉巧みに遺族から同意を
取り付けて死体の組織を不正に確保するケースも表面化した。

「肋骨(ろっこつ)2本、アキレス腱2本、左右のひじと鼓膜、
歯2本……。気味が悪すぎて最後まで読めなかった」。
てんかん発作のため息子を35歳で亡くした母親は、
ウクライナ警察に遺体から取り除かれた箇所のリストを
見せられた。同警察は今年2月24日、地方法医学局から
この男性らの人体組織をクーラーボックスの中に詰め込んで
白いミニバンで運びだそうとしているところを押収した。

荷札に書かれた運搬先は、米国で昨年1億6900万ドル
(約135億2千万円)を売り上げ、株式上場もしている
医療企業の系列ドイツ工場。母親は、わずかな組織提供を
するとしか聞かされていなかった。

ウクライナ警察は2008年にも別の法医学施設から月に1千を
超える人体組織が違法に盗まれ、第三者経由でこの工場に
運ばれたとして刑事事件化した。しかし、主犯格のウクライナ人
医師が判決前に死亡し、真相は闇の中だ。

米食品医薬品局(FDA)は11年、この工場から米国に輸入
されたウクライナ人の人体組織が、「ドイツ製」と記されている
ことを把握し、輸入元の上場医療企業に是正を求めた。

人体組織の最大の市場である米国では、年間約200万の
人体組織由来の製品が売られているとみられ、この10年で
2倍となった。業界関係者によると、病気のなかった死体は、
1体8万〜20万ドルで取引されるという。角膜移植は盲目の
人に光を与え、腱と靱帯(じんたい)をリサイクルした製品は、
アスリートの復活を可能にする。

皮膚は死体から手際よく長方形に切り取られる。大きければ
約5580平方センチを得られる。細菌感染を防ぐために水分を
取り除いてすりつぶし、精製されてがん患者の乳房再建術に
使われる。ところが、多くの米国などの整形外科医らは、
再建術に使う製品が死体の組織を使っていることを患者に
打ち明けない。

ICIJが情報公開請求によって入手した資料によると、FDAは
02年以降、組織移植後の感染を1352件把握し、40人は
死に至っている。米疾病対策センター(CDC)によると、
人体組織を使う製品には、肝炎やHIVなど感染症のリスクが
避けられない。血液については規制が厳しくなっているが、
死体から作られる製品にはほとんど規制法がないという。
CDCのマット・キーナート博士は「感染を見つけるシステムがない」
として、監視体制の必要性を訴える。

     ◇

朝日新聞社は、米国の国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)と
提携することを決め、初めて記事の提供を受けた。
ICIJは、1989年に創設された米国の非営利調査報道機関
「センター・フォー・パブリック・インテグリティー(CPI)」の
国際報道部門にあたる。CPIはこれまで、米エネルギー大手
ハリバートン社などイラク復興事業参入企業と米政権との癒着を
明らかにするなど数々の実績を上げている。
ICIJは、米ワシントン・ポスト紙やAP通信などとも提携。
世界の主要メディアでは、CPIを含む調査報道NPOから
記事提供を受ける動きが進む。
記事は無償で、ICIJの取材によることを明記することが
掲載条件。提供記事の主要部分を翻訳し、紹介する。

関連記事です。

生活保護者は献体?

富山市で生活保護を受けていた男性(56)の遺体が、本人の
同意がないまま市によって、学生の解剖実習などのため
日本歯科大の新潟生命歯学部(新潟市)に引き渡されて
いたことが分かった。市によると、遺族が引き取りを断り、
大学への引き渡しを了承した。
引き取り手がない遺体の扱いは、生活保護法などで市町村に
よる埋葬を定める一方、死体解剖保存法では大学への提供、
解剖も認めており、市の対応は違法ではないが、識者や
弁護士から「法の不備で遺体の扱いに差がある。本人同意の
ない身体の提供は倫理的に問題」との声が出ている。
富山市などによると、男性は4月22日、市内のアパート自室で
死亡しているのが見つかった。県警は事件性がないと判断し、
警察署に一時安置。市の依頼を受けた大学が24日に引き取った。
市社会福祉課は「受け入れ先が見つかった以上、(市の)
仕事は効率的、経済的にすべきだと判断した」としている。
遺族に生活保護法に基づき葬祭扶助が出るという説明は
しなかったという。
日本歯科大は「これまでも複数回引き受けたが、今後は
やめることを検討している」とした。
これは、臓器移植を
進めるか否か、と同じベクトルの、価値観の問題と言える。
遺体をモノと考えるか、さっきまでは生きていた人間として
尊重するかどうか。
火葬するということは、本人の意思と
あまり関係なく、文化的背景にもとづいて、日本では
火葬されるのだが、その場合は、遺体をいつまでも
「大切に」扱っていたら火葬し損ねてしまう。
しかし解剖用に遺体を使用する献体については、これは誰も
が献体するという文化的な了解があるわけではない
だから火葬と同列で考えてはいけない。
むしろ、死後、
「利用可能な臓器」を「再利用する」、移植治療をどう
考えるかという問題と同じであるように思われる。
献体は、すぐに火葬・葬儀となるわけではなく、その間に
かなり長い時間的スパンを経て存在し、解剖の用に
供されるのである。利用されるのである。本来なら
死後数日を経ずして荼毘に付されるべき死体を、
そのようにはせずして、他の用途に用いて後に、
火葬するのである。死から火葬までの間に、それが
再利用される部分があるのである。
移植治療はどうか。心臓死、脳死のいずれでも、臓器等の
提供のために、死から火葬までの間に、再利用の場面が
組み込まれてくる。目下、臓器移植法案の改正案A
(実質新法といっていい)が衆議院を通過し、今後の
動向が注目されるところではあるが、臓器の利用を
承諾するか否か、やはり故人の意思は全く顧みられない
わけではないのである。
献体もやはり故人の意思は
尊重されてしかるべきであろう。万人に等しく強制
されるものではないはずだ。
今回の件について、
遺族が引き取りを拒んだ場合、それが直接に、献体に
許可が出されたかのような扱いを、亡くなった生活
保護男性は受けたのである。この世にあるときも、
あの世に行ったときも、社会からのあまり温かくはない
対応をされたということになる。

「今後はやめることにしている」というのは、法律上は
責任がなくとも、やはり道義的、倫理的責任を感じて
いるからにほからならないのだ。

 
コメントです
米国の国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)

朝日新聞経由の提携記事です。
やはり、日本の新聞社の記事と比べて、独自の
視点に違いを感じさせる内容ですね


posted by salsaseoul at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 欧州

2012年07月20日

「時効」胆管がん4遺族が労災申請…大阪

「時効」胆管がん4遺族が労災申請…大阪
読売新聞 (2012年7月19日
20120719-100927-1-L.jpg

大阪市内の校正印刷会社で胆管がん発症者が相次いだ問題で、
死亡した元従業員らのうち、通常の労災申請の時効である
「死後5年」が経過した4人の遺族が19日、大阪中央労働
基準監督署に労災を申請した。申請後に記者会見した遺族らは、
今回の問題が発覚した後も、一切説明をしていない同社の
姿勢について、「人の命を何だと思っているのか」と強く反発し、
国にも早急な真相究明を求めた。

労災申請をしたのは、2000〜06年に亡くなった男性4人
(27〜41歳)の父母や妻ら。労災の時効は通常、死亡翌日から
5年とされているが、今回の問題では、厚生労働省が
時効凍結の方針を示している。

申請を終えた遺族らは、同市中央区内で記者会見。2000年に
31歳で亡くなった男性の妻(39)は、「夫の死後、私の時間は
止まったままです」と心情を吐露した。妻自身もかつて、
事務員として同社に勤め、男性とは職場結婚だった。

同社を巡っては、換気不十分な地下作業場で、発症原因と
疑われる化学物質を含んだ洗浄剤を使い、作業が行われて
いたとされる。妻は、同社社長がこの作業場について
「うちの空調は西日本一だ」と誇らしげに語っていたこと
をはっきり覚えている、と証言。

さらに、社長はよく「社員は家族」と言い、幼い頃に
父親を亡くした男性にも「俺を本当のおやじだと思え」と
話していたという。
妻は「夫は本当に社長を信頼し、余命を宣告された後も
『社長に会いたい』と言ったほど。
どうか自ら出てきて事情を説明して」と涙ながらに訴えた。

同社では13人が胆管がんを発症し、7人が死亡。
06年に37歳で亡くなった男性の姉(44)によると、
入院中、同じ病気の若い同僚が見舞いに訪れ、
「きっと良くなるから頑張って」と励ましてくれたが、間もなく
その同僚が死亡。男性は、ショックで泣き続けたという。

姉は「弟は、次は自分だと思い、つらかっただろう。
若い人がこんなに多く発症したのが偶然とは思えない。
職場環境を改善していれば、犠牲は防げたはず」と指摘し、
国には「事実を徹底的に調べて」と訴えた。

また、04年に41歳で亡くなった男性の妻(51)は
今回の労災申請の理由について、「第二、第三の
私たちを作らないためにも、真実を明らかにして
ほしいと思った」と述べた。


コメントです

胆管がんの労災申請についての話題です。
文中にもあるように、労災申請による
救済はもちろん、今後の問題提起として
今回の申請がきっかけになっていけば
いいですね。



posted by salsaseoul at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本・社会

2012年07月18日

アフガンで「名誉殺人」が急増、女性蔑視のタリバン時代に逆行

アフガンで「名誉殺人」が急増、女性蔑視のタリバン時代に逆行
ロイター 7月17日(火)
1s1.reutersmedia.net.jpg

[チャリカール(アフガニスタン) 16日 ロイター]
アフガニスタンの首都カブール北方パルワン州の墓地。
新婚だった娘の墓に頬をあてたサベラさんは、涙にぬれた
顔をぬぐいながら悲痛な叫び声を上げていた。
「私の娘よ。なぜ彼らはあなたをこんなにも残酷に殺したのか」。
娘のタマナさん(15)は、同国で急増する「名誉殺人」の被害者で、
親族に殺害されたという。
名誉殺人という言葉は、家族の名誉を汚したとして、主に
女性や少女が殺害されるケースに用いられる。
アフガニスタン独立人権委員会(AIHRC)によると、同国では
過去4カ月で52人の少女・女性が殺害され、そのうち42人が
名誉殺人の犠牲になった。昨年全体で20件だった
名誉殺人が、今年はハイペースで増加している。

駐留する北大西洋条約機構(NATO)軍の大部分が、2014年末
までの撤退に向けた準備を進める中、活動家や議員の一部からは、
反政府武装勢力タリバンとの和平実現を目指すカルザイ政権が、
タリバン側に加担していると非難する声が聞こえる。

タリバン政権時代の1996─2001年、女性の参政権や教育を
受ける権利は認められず、就労の大半が禁止されたほか、
外出は許可制で男性の付き添いが必要だった。

タリバン政権崩壊で、女性は基本的な権利を取り戻したが、女性の
権利に対する政府の姿勢が後退している兆候がみられている。
カルザイ大統領は今年初め、女性は男性より価値が低く、
殴られても問題ないとする聖職者らの発言を容認している
ように映った。

政府の姿勢について、女性議員のフォージア・クーフィ氏は
「カルザイ氏は変わってしまった。女性の問題は、もはや
彼の優先事項にはない」と批判を強めている。

東部ラグマン州では先週、同州で女性問題を担当していた
ハニファ・サフィさんが、車に爆弾を仕掛けられ死亡する
事件も発生。これらの事案に対し、大統領府
の報道官は、政府は女性問題に取り組んでいるが、
「女性にとって不幸な出来事が起こっている。
政府はできる限りのことを行っている」と強調した。

<強制結婚>

タマナさんは、不倫を疑われた女性が先月公開射殺された
現場からそう遠くない場所で死亡した。この事件では、
国際社会が一斉に非難の声を上げ、州政府もタリバンの
犯行だとしたが、タリバンは関与を否定している。

両親の話によると、タマナさんは今年3月、州都チャリカールに
あるパン店に出掛けた後、戻ってこなかった。ようやく両親が
娘と再会できたのは今から1週間前、病院のベッドに
横たわった娘の遺体を目にした時だった。
葬儀で撮影された映像では、タナマさんの顔には
あざがあり、白いシーツで包まれていた。

サベラさんはロイターに対し、「娘はいつも勉強はやめたくないと
話し、いつか車列を組んで移動するような重要人物になりたいと
語っていた。でも、今は土の中」と、夫に涙を拭いてもらい
ながら娘への思いを打ち明けた。

タマナさんは、いとこからの結婚の申し込みを数カ月にわたって
拒み続けたが、最終的には結婚を強要された。
その後、結婚に不満な態度を隠すことができず、
「反抗的な妻」とみなされ、殺されたという。

チャリカールの警察当局は、タマナさんが故意に毒を盛られた
可能性があるとの見方を示しているが、今月末に検視結果
が出るまでは、はっきりとしたことは言えないとしている。
タマナさん殺害事件では、逮捕者は出ていない。

パルワン州では今年3月以来、タマナさんを含め8人の
女性が殺害されている。

(原文執筆:Amie Ferris-Rotman、Mirwais Harooni記者、
翻訳:野村宏之、編集:本田ももこ)


関連記事です。

アフガン東部で「名誉殺人」、母親と子ども2人が首切られ死亡

[カブール 4日 ロイター] アフガニスタン東部ガズニ州で、
30歳の女性とその8歳と9歳の子ども2人が首をはねられ
殺害された。警察当局は、殺害した犯人は女性の元夫(38)で、
今回の事件は同国で急増する「名誉殺人」とみられると発表した。

名誉殺人という言葉は、家族の名誉を汚したとして、
主に
女性や少女が殺害されるケースに用いられる。

アフガニスタン独立人権委員会(AIHRC)によると、
同国では昨年20件の名誉殺人があったとされ、
今年は3─4月だけで16件記録されたという。

地元警官はロイターに対し、「子どもたちは母親が
殺害されるのを目の前で見た。そのため、子どもたちも
殺されてしまった」と述べた。ガズニ州当局によると、
女性は元夫と1年前に離婚したが、約10年間に
わたり家庭内暴力に苦しんでいた。

警察は男の行方を追っているとしているが、同国では
女性への暴力犯罪が罪に問われないケースが多い。
活動家らは、警察の汚職体質や女性への暴力が
許容される状況を非難するとともに、カルザイ大統領は
女性の人権に対する関心が希薄だと批判している。

コメントです。
あいかわらずこの地域の
男たちの意識の低さには絶句させられます。
少し付け加えますが、女性に暴力を振るったり、
する理由として、精神的に下位にあるために、
少しでも優位に立とうとして女性を拘束したり、

また、最悪の場合虐待に至ります。
つまり、該当地域の男性は基本的に
精神力が弱いようですね。


posted by salsaseoul at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 南アジア・インド周辺国

胆管がん、時効でも労災申請受理を 厚労省指示

胆管がん、時効でも労災申請受理を 厚労省指示
日本経済新聞 2012 7 13
印刷会社の元従業員らが相次いで胆管がんを発症した
問題で、厚生労働省は13日までに、時効を理由に胆管がんに
よる労災申請を門前払いしないよう全国の労働局に指示した。
労働局は現在、労災申請が時効であっても受け付けない対応は

していないが、この徹底を図るよう求めた。
労働者災害補償保険法に基づく遺族補償給付の時効は通常、
死亡の翌日から起算して5年となっている。元従業員が

胆管がんで死亡してから5年を超えているケースも多い。
厚労省は印刷会社で使われた化学物質と発症の関連を調べて

おり、因果関係が判明すれば起算点についても検討する。
小宮山洋子厚労相は13日の閣議後の記者会見で
「従来より時効を理由に労災請求を受け付けないという対応は

していないが、胆管がんでも徹底するよう指示した」と述べた。
この問題は産業医科大(北九州市)の准教授らが大阪市の
印刷会社を調査して発覚。印刷機に付着したインクを落とす
洗浄剤に含まれる化学物質が原因の可能性があると

指摘されている。厚労省によると、5都府県の印刷会社で
計17人が発症し8人が死亡している。


コメントです。
胆官癌に関しても、アスベストによる中皮腫と
同様、労災申請受理の期間が延長された
ようです。
少しでも、該当する故人や遺族の方で救済
される方が増えるといいですね。

posted by salsaseoul at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本・社会

2012年07月12日

中学校と教育委を捜索 大津いじめ自殺で強制捜査

中学校と教育委を捜索 大津いじめ自殺で強制捜査
TV ASAHI  2012 7 11 
大津市でいじめを受けていた中学生が自殺した問題で、
滋賀県警は11日夜、生徒が通っていた中学校に
家宅捜索に入りました。
家宅捜索が入ったのは、亡くなった男子生徒が通っていた
公立中学校と大津市教育委員会が入る大津市役所の2カ所です。
容疑は暴行の疑いということで、家宅捜索はそれぞれ十数人の
捜査員によって行われ、現在も続いています。
滋賀県警は11日、少年事件を担当する捜査員20人を中心に
専従捜査班を立ち上げていますが、いじめの問題で警察が
中学校や教育委員会を強制捜査するのは極めて異例なことです。
亡くなった男子生徒の父親は、これまで3回にわたって
「自殺の練習をしていた」などとするアンケート結果を手に
警察に向かいましたが、いずれも被害届の受理を
拒否されていました。
捜査幹部は、「自殺を未然に防げなかった
原因は何かなど、
徹底的に究明すべきだと考えた」とコメントしています。

関連記事です。

加害生徒の実名・顔写真も いじめ自殺めぐりネット炎上続く
ねとらぼ 2012 7 7
滋賀県大津市で昨年10月、中学2年の男子生徒が
自殺していた問題で、ネットの炎上が続いている。
これまでの経緯をまとめたwikiも作られ、いじめに
関わっていたとされる生徒やその父親、また担任教師の
実名や顔写真も公開されている。

事件が起こったのは昨年10月だが、7月に入りいじめの
実態が各所で報じられるようになると、その内容の
壮絶さから「許せない」とネットで大きな話題に。
加えて警察や担任教師、市教委らのずさんな対応も
次々と明らかになり、ますますネット民の怒りに火を注ぐ形になった。

ike_120706ootsu01.jpg


そんな中、さらなる燃料を投下したのがフジテレビ。
7月6日の放送で被害者生徒の遺書を紹介したところ、
黒塗りが不十分だったために、加害生徒らの名前が
うっすらと映ってしまった。このためFacebookやTwitterから、
関係者の実名や顔写真が次々と特定され、2ちゃんねるは
一時「祭り」状態に。Twitterでは加害生徒の名前が
トレンドワードにも入った。

この炎上は現在も収まる気配を見せておらず、各種ニュースサイト
でも関連する記事が軒並みアクセス上位に並んでいる状態。
TwitterやFacebookなどで事件に言及している人も多く、
ネット民たちの怒りはまだまだ収まりそうにない。



ike_120706ootsu02.jpg


コメントです
大津市「中2いじめ自殺」事件に関する話題です。
これほど公的機関の不自然な対応が公になると、
ちまたで噂されているように、素人でも、何か
「大きな裏の力」で隠蔽工作が行われているのでは
ないかと勘ぐりたくなりますね。

posted by salsaseoul at 01:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本・社会

大津市長「自殺との因果関係ある」 民事裁判和解へ臨時部長会

大津市長「自殺との因果関係ある」 
民事裁判和解へ臨時部長会

産経新聞 2012.7.11
大津市で、市立中学2年の男子生徒=当時(13)=が
飛び降り自殺した問題で、越直美市長(37)は個人的
見解ながら「自殺との因果関係がある」とし、男子生徒の
両親が市や同級生などに損害賠償を求めた民事裁判で、
和解に向けて動き出した。11日は、市や市教委の幹部を
集めて臨時部長会を開催し、和解に理解を求めた。
これに対し、「因果関係は不明」としてきた澤村憲次・市教育長は
否定も肯定も言明せず、複雑な表情をみせた。

越市長は今年1月、女性市長としては史上最年少の36歳で
就任。その直後の2月に両親が「いじめが自殺の原因だった」と
して大津地裁に提訴した。市長は裁判の中で主張を明らかに
するとの意向を示し、5月にあった第1回口頭弁論では、市教委の
主張通り、自殺といじめの因果関係は不明としていた。

ところが、今月6日の定例会見で突然、事実関係の再調査を
行うと明言。さらに市教委が、2回目の生徒アンケートの存在を
明らかにした10日夜には、「完全に市教委の調査はずさん
だったとわかった」と指摘。そのうえで「今から調査することで、
しっかり事実確認できなかった場合は大津市が責任をとって
和解したい」と明言した。

11日の臨時部長会は非公開だったが、市によると、市長は
「これまで事実を隠してしまっていた。(市民らに対して)真摯な
対応をお願いしたい」と要請したという。

一方、澤村教育長は同日、報道陣の取材に、越市長の和解意向に
ついて、賛同するとも反対するとも明言せず、「私たちの調査が
十分でなかったので、市長がそういう判断をしたと思っている」と説明。
越市長が外部委員会を設けて実施するとした再調査について
「より詳しく調査をすると聞いている。私たちはその結果を
受け止めたい」と述べるにとどめた。


関連記事です。
自殺との因果関係判断できぬ 大津市教育長主張変えず

京都新聞 2012 711
大津市で昨年10月、中学2年の男子生徒=当時(13)=が
飛び降り自殺し、いじめとの関連が指摘されている問題で、
越直美市長が因果関係はあるとして訴訟での和解の意
向を示したことに対し、澤村憲次教育長は11日、
「いじめと自殺との因果関係は判断できない」と述べ、従
来の市教委の主張が変わっていないことを強調した。
市と市教委の認識のずれが、あらためて浮き彫りになった。
■市長との認識のずれ浮き彫りに

越市長の意向について、澤村教育長は「(和解の意向は)
直接聞いていない」とし、「市長がそう判断したと受け止める
しかない」と繰り返した。因果関係が判断できない理由は
「他にもいろんな要素が考えられる」としたが、具体的な
内容は明かさなかった。

越市長が10日夜、一連の調査で、教諭らに聞き取りした
議事録を作成していなかったことを指摘した点については、
「録音などが必要という認識はなかった」と釈明。
調査の不備を謝罪した上で、「有識者による外部委員会の
調査結果を待ちたい」と話した。

滋賀県警の捜査には協力する方針で、「子どもに混乱が
起こらないよう配慮がほしい」と要望した。

■父親「真意見極める」、市長和解方針に

大津市の越直美市長がいじめと自殺との因果関係を認め、
訴訟での和解の意向を示したことについて、男子生徒の
父親(47)は11日、「和解の内容も提示されていない時点では
何とも言えない。こちらの要望をどれくらい受け入れて
くれるかなど真意を見極めたい」と話した。

訴訟で市側が「いじめが自殺の原因とは断定できない」と
主張し、市の過失責任や因果関係について争う方針を一転
させたことには「怒りしかない。
市教委と市長で言っていることが違う。市として本当に
足並みがそろっているのか」と不信感をあらわにした。

また市教委が2回目のアンケート内容の一部を見落として
いたことに対しては「一人の命がなくなった重みを感じて
いなかったのではないか」と憤った。

9日にも市教委にアンケート結果の開示を求めたが、
応じなかったという。


コメントです
大津市「中2いじめ自殺」事件に関する話題です。
これほど公的機関の不自然な対応が公になると、
ちまたで噂されているように、素人でも、何か
「大きな裏の力」で隠蔽工作が行われているのでは
ないかと勘ぐりたくなりますね。

posted by salsaseoul at 01:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本・社会

着床前に全染色体を診断 神戸の産婦人科医で19人出産 学会指針に違反

着床前に全染色体を診断
神戸の産婦人科医で19人出産 学会指針に違反

産経新聞 2012.7.11 11

snk20120711116view.jpg
体外受精した受精卵を母体に戻す前にすべての染色体を
検査し、異常の有無を確かめる新型の「着床前診断」を、
神戸市中央区の大谷レディスクリニック(大谷徹郎院長)が
129例実施し、19人が出産したことが11日、分かった。
これまでの着床前診断は染色体の一部しか
調べられなかったが、新型は全染色体の異常がわかる。
同医院は「流産の原因の多くは染色体異常で、この方法は

母体に負担となる流産を減らすことができる」としている。

しかし、染色体異常が見つかった受精卵は患者の同意を
得た上で破棄するため「命の選別」につながるなどとして、
日本産科婦人科学会が着床前診断そのものを会告(指針)で
重い遺伝病を除き認めていない。ただ、法律上の規制はなく、
同医院は今回の診断も学会に申請せずに実施した。

大谷院長は、平成14年から受精卵の細胞の一部を取り出し
23対(46本)ある染色体の一部を調べる着床前診断について、
患者の同意を得て実施。今回の方法は、全染色体を調べる
「比較ゲノムハイブリダイゼーション(アレイCGH)法」と呼ばれ、
ほぼ確実に異常を見つけ出すという。

大谷院長によると、昨年2月から今年5月にかけ、129組の
夫婦に、1回ずつ新型診断を実施。患者の年齢は25〜45歳で、
いずれも受精卵の染色体異常が原因で着床しなかったり、
流産を経験しているという。129組のうち受精卵が順調に育ち、
子宮に戻せたのは70組。50人が妊娠、19人が出産に至った。
3人は流産した。28人が現在妊娠中。この診断で受精卵を
子宮に戻した患者の妊娠率は約7割で、診断を行わない
妊娠率の3倍近いという。

大谷院長は「(新型診断は)流産の主な原因である染色体異常を
取り除くことができる。流産を減らしていくのは医者の責務だ。
学会にはデータを踏まえて診断を認めてほしい」としている。

関連記事です。

「命の選別」批判も…全染色体診断
image.jsp.jpg

すべての染色体を調べる新型着床前診断による妊娠・出産が
明らかになった。生殖医療を巡る新たな議論が求められそうだ。

不妊症には「福音」

着床前診断は、日本産科婦人科学会が、重い遺伝病や、
染色体の一部が別の場所に入れ替わるなどの染色体の
構造異常を除き、認めていない。ダウン症などの染色体の
数の異常が原因の障害を排除し、「命の選別」につながる
のではないかと懸念されるのが理由だ。

特に新型の着床前診断は、すべての染色体を高い精度で
調べることができる。新型が「選別」目的に使われれば、
より重大な問題が生じる恐れがある。

着床前診断はまた、最初の赤ちゃんが生まれたのが1990年と、
歴史が浅い。安全性が十分に確認されているわけではない。

実施にあたっては、診断のもつ意味についての十分な説明と
同意が求められる。カウンセリング体制の充実も欠かせない。
必ずしも妊娠、出産できるわけではないとの、限界も知る必要がある。

一方、新型着床前診断は、特に異常がないのに流産を繰り返して
不妊症に悩む女性、卵子の老化で不妊治療がなかなか成功
しない女性にとっては、妊娠の確率を高める、福音となる技術だ。

女性は高齢になると妊娠が難しくなる。卵子の老化で、
染色体の数の異常が現れる確率が高まるためだ。

重い遺伝病や染色体の構造的な異常とは違い、こうした
染色体の数の異常は、誰にでも起こりうる。頻度も高い。

妊娠率上昇へ 米英などで実施

米国や英国では、高齢の不妊女性などの妊娠率を
上げようと、新型の着床前診断で染色体の数の異常を
調べている。このほか、タイやベルギーなどでも行われている。

日本では着床前診断は厳しく制限されている一方、妊娠中に
胎児の染色体異常の有無を調べる「出生前診断」は広く行われている。

出生前診断で異常が見つかると、人工妊娠中絶が行われる場合も
少なくない。
2009年までの10年間、胎児の異常を診断された後、中絶したと
推定されるケースは約1万1700件で、前の10年に比べ倍増した
ことが、日本産婦人科医会の調査で明らかになっている。

出生前診断のひとつの羊水検査は、流産のリスクが0・5%ある。
また、母体血清マーカーは、結果が確率で示されるため、
とまどう女性が少なくない。

不妊に悩む人は多く、日本では年間21万件の体外受精、人工授精が
行われている。子どもを持ちたくてもなかなか持てない人のために、
医療技術を活用するこ
とは重要だ。技術の精度や安全性など
医学的な問題だけでなく、倫理面など幅広い議論が求められる。
(医療情報部 加納昭彦)

ルールに基づいて

石井美智子・明治大法学部教授の話
「学会の会員として指針を尊重すべきで、指針に問題が
あるなら、変更するよう努力するのが筋だ。
着床前診断を安易に行うのは問題だが、医療的に
必要ならば、認める範囲を明確にして、ルールに
基づいて行うべきだ。法の規制がない中、専門家集団の
取り決めは重要な役割を持っており、きちんと機能するように
する必要がある。患者にも、技術がどういう意味を持って
いるのか十分に説明しなければいけない」

「生命」に当たらず

児玉正幸・鹿屋体育大教授(哲学)の話
「今回実施されたことが明らかになったケースは、
染色体の数の異常が原因と考えられる流産を
防ぐためのもの。受精卵を救うための行為で、
先天的な疾患の回避を目的に命に差異をつける
選別行為ではない。受精卵は法で保護される『生命』に
当たらず、生命の選別とは言えない。
日本は今後、世界の実施状況を調べ、どのような場合に
実施しているのか、その倫理的な問題も含めて早急な
調査をすべきだ」

(2012年7月11日 読売新聞)

コメントです。
以前、出生前診断の話題を、カナダ人の友人と
議論したことがあります。
彼の考えは「賛成」で、理由は、もし、それを
行わなかったことで、将来自分の子供に、

「僕のことを普通に産んだせいで、僕は掃除夫にしかなれない」

と、責められたどうするんだ。とのことでした。

(あくまでも健常者どうしの競争社会がベースです)
まあ、出産や子供を持つことは自己責任ですから
他人が口を出す問題ではありませんが、医療機関の
営業ベースに巻き込まれて、あとで大きな後悔を
残すのも自己責任によるものですね。


posted by salsaseoul at 01:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療

2012年07月10日

ネパールの少女強制労働「カムラリ」、2016年までに撲滅目指す

ネパールの少女強制労働「カムラリ」、2016年までに撲滅目指す
AFP=時事 7月9日(月)

9232286.jpg

【AFP=時事】
シャンタ・チャウダリ(Shanta Chaudhary)さん(32)が、
「事実上の奴隷」として75ドル(約5900円)で両親に売られ、
ネパール南西部の見知らぬ家庭で1日19時間の労働を
させられるようになったのは、8歳のころだった。
いまや活発な人権活動家で元政治家、そしてネパールで最も
影響力のある女性の1人になったチャウダリさんだが、
「カムラリ(kamlari)」として過ごした18年間に目撃した他の
カムラリたちのことを思い返し涙をこぼす。
労働のために朝4時に起床しなくてはならないカムラリたちは、
日常的に暴力を振るわれるだけでなく、性的暴行や虐待まで
受けていたという。
「虐待は覚えている。病気のときも自分(の体重)よりずっと重たい
荷物を持たされた。両親に会うこともできず、母親の愛を経験
したことは一度もなかった。過去を振り返ると心臓が破裂しそうになる。
多くのカムラリたちはレイプされた。私はそれを目撃した」

奴隷制度が廃止されて90年が経過した今もなお、
ネパール南西部に根強く残るカムラリ。幾世代にもわたって、
タルー(Tharu)人の娘たちは早ければ6歳のころから地主や
仲介業者に売られ、何年間も単純労働に従事させられ、
さまざまな虐待を受けてきたとされる。

児童労働反対世界デー(World Day against Child Labour)に
開かれた国連児童基金(ユニセフ、UNICEF)の会議で、
チャウダリさんは次のように語った。

「児童労働に従事する子どもたちは夜寝ることができません。
遊ぶことができません。手は労働で荒れています。
愛情を受けていませんし、
子どもたちにとってはとても不安な状況なのです」

■「私の手が乾いたことはなかった」

チャウダリさんは、小規模農家の多い、乾燥したダン(Dang)地区で
生まれ育った。わらぶき屋根の泥壁の住宅には電力はなく、
家族は毎日の食料を確保することで精一杯だった。

チャウダリさんの両親には9人の子どもがいた。土地を所有して
おらず、仕事がなかった両親は、年間6600ルピー(約5900円)で
チャウダリさんを奉公に出した。

チャウダリさんは朝4時に起床し、労働は夜の11時まで続くことも
頻繁だった。
近くの森で集めた穀物を食べ、殴られることも多かったという。

「ずっと働きっぱなしだったから、手が乾燥することがなかった。
私の子ども時代の全てが、カムラリとして費やされた」と
チャウダリさんは振り返る。

だが強制労働状態から抜け出し、32歳になったチャウダリさんは、
とっておきの笑顔で子ども時代の苦しみを覆い隠す。
今は他の少女たちの支援活動に取り組んでいる。

カムラリを違憲とした2006年の最高裁判決で自由の身に
なったチャウダリさんは、土地の権利を求める運動で
先頭に立った。その活動は首都カトマンズ(Kathmandu)まで
届き、ネパールの統一共産党
(Unified Marxist-Leninist、UML)の目に留まることになった。

■変わる潮流

10年前、およそ1万4000人の少女たちがカムラリ制度により
自由を奪われていた。だがチャウダリさんら活動家の努力もあり、
潮目は変わりつつある。
慈善団体はこれまでに数千人の少女を救った。

ユニセフのウィル・パークス(Will Parks)ネパール副代表は
「これら子どもたちの権利は深刻に侵害されている。守られた
環境の中で成長し、学び、遊ぶことは子どもの権利だ」と語る。

現在、国際労働機関(ILO)は、ネパール政府と協力して、
この最悪の児童労働を2016年までに撲滅するための
基本計画の導入を進めている。【翻訳編集】 AFPBB News


関連記事です。

「魔女狩り」被害に遭う下層民の女性たち、ネパール

2月11日 AFP】ネパールの首都カトマンズから南へ40キロの
ピュタル村で、カリ・ビスウォカルマさん(47)は、「魔女」であることを
白状しろと、近所の人々から2日間にわたり拷問を受けた。
1児の母親であるカリさんは、カースト制度の枠外に置かれる
最下層民「ダリット(
Dalit)」の出身だ。事の発端は、ある教師が
病気になったことだった。家にいたところを35人ほどの村人たちに
連れ去られ、牛小屋に閉じ込められ、「(教師に)魔術を
かけただろう」と責められながら殴る蹴るの暴行を受けた。
さらに、人間の排せつ物を食べることも強制された。
次の日にはナイフで傷つけられた。
「もう拷問には耐えられなかった。命だけは助かろうと、魔女であると
告白しました。自分が貧しいから狙われてしまったんです」(カリさん) 

ネパールでは、毎年数百人のダリット女性が同様の被害に遭って
いると見られる。この国では迷信およびカースト制に基づく差別が
根強く、大半のコミュニティーが厳格な父権社会のままだ。

ヒンズー教に基づいた君主制国家から現代的な世俗国家に
移行するなか、政府は今年を「女性暴力撲滅年」と宣言している。
しかし困難な道であることは政府も認めている。

■「女性」と「下層民」がネックに

女性の権利向上を目指してキャンペーンを展開する地元団体に
よると、女性が魔女の嫌疑をかけられて近所の人から拷問を
受けるという事件はこの2年間で少なくとも82件にのぼっている。
しかし、家族と共同体から見放されることを恐れて名乗り出ない人も
多いため、この数字は氷山の一角と考えられるという。 

ネパールの法律は女性への暴力を禁じているが、この団体に
よると、犠牲者が下層民の場合は法律が適用されることは
ほとんどないという。

専門家らは、魔女に関する迷信は、女性に暴力を振るうための
口実に過ぎないことが多く、標的はほとんど毎回、下層民の
女性に落ち着くと指摘する。

先のカリさんは、カトマンズの避難施設で過ごしたあと、
村に戻ってきた。「魔女」の烙印(らくいん)は消えたわけではない。
「わたしを拷問した何人かがまだ村にいるので恐怖です。
尊厳は失ってしまったけれど、希望を捨てたわけではありません。
正義のために戦います」(c)AFP/Deepesh
Shrestha

コメントです
この国の習慣は
、相変わらず女性蔑視が
根強いですね。
ずっと大昔から時間をかけて作られた
風習でしょうが、これを作った方々、
当時、ものすごく[女性]が怖かったのでしょうね。
だから自己にとって都合のいい解釈で
女性蔑視の生活習慣を作った。
似たような事例を、砂漠の国でも
よく見かけます。


posted by salsaseoul at 02:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 南アジア・インド周辺国

2012年07月07日

尖閣、政府が国有化方針

尖閣、政府が国有化方針
産経新聞 7月7日(土)
plc12070709140007-p1.jpg
沖縄県・尖閣諸島の(手前から)南小島、北小島、魚釣島=2011年6月
■石原知事と会談

政府が沖縄県の尖閣諸島を国有化する方針を固め、
地権者や購入を検討している東京都と調整していることが
7日、分かった。政府関係者が明らかにした。
日本固有の領土として安定的に管理するには、国有化が
望ましいと判断した。ただ、尖閣諸島の領有権を主張する
中国側の反発が予想され、地権者の意向も含め調整が
難航する可能性もある。
政府関係者は6日、尖閣諸島の購入を検討している
東京都の石原慎太郎知事と会談。国有化の方針を伝え、
理解を求めた。地権者と購入に向けた交渉に入る考えも伝えた。

政府が国有化を検討しているのは、尖閣諸島のうち魚釣島と
北小島、南小島。この3島は都も購入に向けて地権者側との
交渉に入っていたが、今後は政府が国有化を前提に島の
具体的な活用の検討に入る。

尖閣諸島は主に5つの無人島からなり、国有化されている
大正島を除く4島は民間人が所有。現在は安定的管理のため
政府が地権者と賃貸借契約を結んでいる。

■中国は反発

石原氏は4月に「東京が尖閣を守る」と宣言し、尖閣諸島の
購入に向け地権者と最終調整していることを明らかにした。
これに中国側は反発。習近平国家副主席は3日、北京で
関西財界の代表団と会談し、「国民感情に損害を与えるような
ことは断固として阻止するべきだ」と述べ、日本側を牽制した。

尖閣諸島は沖縄本島の西約400キロの東シナ海に位置する
小島群。第2次大戦後は米国の施政権下に入り、昭和47年に
沖縄とともに返還された。前後して周辺海域で石油資源埋蔵の
可能性が指摘され、中国と台湾が領有権を主張している。


関連記事です。
尖閣国有化:中国の反発必至 新たな対抗策も

毎日新聞 2012年07月07日 11時46分

【北京・工藤哲】日本政府が尖閣諸島を国有化する方針を
固めたことで、中国が日本に対する批判を強めるのは必至だ。
これまで中国は尖閣諸島について、あくまで東京都の
石原慎太郎知事が主導する地方自治体の動きとみて、
国レベルの対立に発展することを望まない立場だった。
だが、日本政府が国有化に向け動き出したことで、新たな
対抗策を検討するとみられる。国交正常化40周年の
節目の年だが、日中関係は一層複雑化しそうだ。

中国の温家宝首相は5月、訪中した野田佳彦首相に対し、
尖閣諸島などを念頭に「中国側の核心的利益や重大な
関心事項を尊重すべきだ」と発言し、日本を強くけん制した。
これまで中国政府が尖閣諸島について、安全保障上譲歩
できないことを示す「核心的利益」と公式に表現したことは
ないが、日中関係に詳しい中国人識者は「日本側の
対応次第では、核心的利益の内容が変わる可能性もある」と
指摘している。

中国メディアは尖閣諸島を巡る日本の動きを度々大きく
取り上げており、中国側も国内世論に配慮し、対抗姿勢を
強めることは避けられないとみられる。


首相 尖閣国有化へ都と調整も

野田総理大臣は福島市で記者団に対し、野田政権が沖縄の
尖閣諸島を国有化するため、島を買い取りたいとして地権者と
交渉を進めていることに関連して、「さまざまなレベルで
さまざまな接触をし、総合的に検討しているというのが現状だ。
それに尽きる」と述べ、東京都との調整も進めていく考えを
示しました。野田総理大臣は7日午前、福島県いわき市で
記者団に対し、東京都が購入を検討している沖縄の尖閣諸島に
ついて、「平穏かつ安定的に維持管理するにはどうしたらいいかと
いう観点から、所有者の方とも連絡を取りながら、今、総合的に

検討しているところだ」と述べ、沖縄の尖閣諸島を国有化
するため、島を買い取りたいとして地権者と交渉を進めて
いることを明らかにしました。
そのうえで野田総理大臣は、7日夕方、福島市で記者団に対し、
東京都の石原知事が、まず東京都が島を買い取ってから国に
引き渡すという考えを示していることについて、「午前中に
述べたとおり、尖閣諸島の平穏かつ安定的な維持管理を
継続するという観点から、さまざまなレベルで、さまざまな
接触をし、総合的に検討しているというのが現状だ。
それに尽きる」と述べ、東京都との調整も進めていく
考えを示しました。

コメントです。
尖閣諸島の国有化に関しての話題です。
政府や、都、さまざまな方面で思惑が
飛び交っているようですが、それぞれの
意見をよく吟味、調整して、一番良い方法で
実行するべきですね。

まあ、少しだけ付け加えれば、それぞれの
方面の方々が、歴史に名を残す等の「名誉欲」で
判断を誤って、事を仕損じるようなことだけは
やめて欲しいですね。
この問題は、一個人が自我の観点だけで
解決策を推進できるような安易なものでは
ありませんから。


posted by salsaseoul at 19:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本・政治 経済

2012年07月04日

「自殺の練習させられた」飛び降り自殺した男子生徒に関するアンケート 大津市

「自殺の練習させられた」
飛び降り自殺した男子生徒に関するアンケート 大津市

産経新聞 7月4日(水)0時19分配信

大津市のマンションで昨年10月、市立中学2年の男子生徒
当時(13)=が飛び降り自殺した問題で、学校側が生徒を対象に
実施したアンケートに、15人が「死亡した男子生徒が自殺の練習を
させられていた」と答えていたことが3日、関係者への取材でわかった。
市教育委員会はいじめの存在は認めたが、一貫して「いじめと自殺との
因果関係は判断できない」との主張を続けている。
アンケートは自殺直後の昨年10月中旬に任意で実施し、
330人から回答があった。記名にするか無記名にするかは
自由で「男子について(自分が)見たり聞いたりしたこと」を尋ねた。

この結果、1〜3年の15人が伝聞形式で「昼休みに毎日自殺の
練習をさせられていた」「(いじめた生徒が)自殺のやり方を
練習しておくように言っていた」などと記載。
無記名が多かったが、記名で提出した生徒もいた。
一方で具体的な内容を書いた回答はなかったという。

市教委は昨年11月、記名であり生徒が実際に目撃した
アンケート内容のみを公表し、いじめを受けていたとしたが、
いじめと自殺との因果関係は不明としていた。
無記名のものや伝聞とした回答については内容などを
明らかにしなかった。

男子生徒の両親は今年2月、いじめが自殺の原因だっだと
して、いじめ行為をしたとする男子生徒3人とその保護者、
大津市に約7720万円の損害賠償を求め提訴。
大津地裁で係争中で、市側は「自殺に過失責任はない」
として全面的に争っており、原告側が17日の第2回
口頭弁論の準備書面で主張する。

男子生徒の父親(46)は「息子はどんな気持ちで練習を
させられていたのか。市の責任を裁判で明確にしたい」
としている。

 

関連記事です。
「職場のいじめ」は本当に増えているのだろうか?

 全国の労働局に寄せられた個別労働紛争
(労働者個人と会社の間で起きたトラブル)の相談件数は、
2011年度で約25万6000件にのぼり、過去最多となった。
「いじめ・嫌がらせ」が16.6%増えたことが、全体を
押し上げたと見られる。

千葉労働局のまとめでは、職場いじめの例として「上司に
無視され続けて体調を崩し、退職を余儀なくされた」
「上司から罵声を浴びせられ続け、退職せざるを得なくなった」と
いった相談をあげている。

いじめの被害者が「加害者」の場合も

厚生労働省は、「企業を取り巻く環境が厳しくなり余裕が
失われ、職場の雰囲気が悪くなっていることが背景に
あるのでは」とコメントしている。業績の伸び悩みでリストラが
必要になり、嫌がらせで自主退社に追い込むケースもある。

 一方、トラブルの中には、本当に「被害者」だけを救うべきなのかと
首を傾げたくなるものもある。個別労働紛争のあっせん事例を
集めた『日本の雇用終了』(労働政策研究・研修機構編)にも、
「これは本当にいじめなの?」という事例が散見される。

たとえばAさんという女性が、職場トラブルの解決あっせんを
労働局に申請した。工場長からいじめを受け、専務からも
たびたび「会社の悪口を言っている、他の人をいじめている」と
身に覚えのないことで注意されたため、苦痛で体調を崩して
退職せざるをえなくなったという。

 しかし会社側は、同僚であるBさんから「Aさんからひどい
いじめを受けて仕事にならない」と泣きながらの相談を受けていた。
そこで周囲に聴き取りをしたところ、「Bさんが可哀そうなくらい」
という声があがり、「Aさんは新人が入ってくると必ずこういう問題を
起こす」と指摘する人もいたという。

本書ではこのようなケースを「相互被害者意識型」と呼ぶが、
あっせん事例としてはAさんだけが「申請人」(被害者)にカウントされて
しまう。どちらかというと、Aさんがいじめているようにも思えるのだが…。

また、工場長や上司から「お前には他にやれる仕事がないじゃないか」と
叱責され、退職せざるを得なかったと訴える男性に対し、

会社側はこう主張している。「仕事を教えても覚えず、
自己判断でミスが多く、注意しても聞いていない等、
上司や同僚、関係部署から苦情が殺到したが、
『教え方が悪いから覚えない』と反省の意思がなく、
(上司の)主任は精神衰弱で休職に至った」


「被害妄想?」と疑いたくなる事例もある

また本書には、「コミュニケーション不全」ともいうべき
事例も目につく。ある男性は社長から朝礼で「あなたは
小学生以下だよ」等の暴言を受け、出勤できなくなって
退社したと訴えている。

一方、会社側の言い分は、高熱でインフルエンザの疑いも
あるのに出社したので「小学校でも登校禁止だ」と
言ったことを誤解しているというものだ。

「会社は若返りを図り、シルバーを辞めさせようと
している」と訴えるものの、具体的な店長の発言が
示されない事例もあった。本書には「主観的認識の乖離」
「被害妄想的」という言い回しも見られる。

ある社会保険労務士によると、職場いじめのトラブルには、本人が
周囲に一方的に迷惑をかけ注意されると「自分はいじめら
れている!」と訴えるケースも少なくないそうだ。

「ある程度の規模の会社になれば、必ず何人かいるんですよ。
前の会社で同じトラブルを起こして辞めている人もいて、
まさに『ブラック社員』なんです。怪しい社員とのやりとりは記録を残し、
理不尽な言いがかりにも感情的に反応しないのがポイントなんですが…」

悪質なハラスメントは根絶すべきだが、一方的に「悪いのは会社だ」
「不況下で弱い労働者がいじめられている」と訴えても解決しない
問題もあるのではないか。

コメントです。
まず、勘違いされないようにひと言付け加えますが、
けっして、大津の被害者少年が「被害妄想」と言って
いるのではありません。

現代のように「いじめ」が各地で多く見られるなかで、
その判断があいまいで決定しづらいなか、
アンケート調査をちゃんtと
行ったことによって、
きちんと加害者の責任追及、そして被害者の名誉を
守ろうとしたことに好印象を覚えました。


posted by salsaseoul at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本・社会

2012年07月02日

<発電>太陽光、風力の新規参入は原発2.5基分

<発電>太陽光、風力の新規参入は原発2.5基分
毎日新聞 6月30日(土)19時55分
20120630-00000072-mai-000-4-view.jpg
固定価格買い取り制度の仕組み

電力会社による再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度が
1日から始まるのを受けて、太陽光、風力など新たな発電事業の
認定件数が12年度で計250万キロワット超になる見通しで
あることが30日、経済産業省資源エネルギー庁の集計で
分かった。政府が「脱原発依存」実現の切り札として
建設費などのコストを考慮した買い取り価格を設定した
ことで新規参入が相次ぎ、発電能力では初年度で
原発2.5基分が電力供給
に上乗せされることになる。
同庁によると、28日現在で買い取り対象の認定を
受けた事業は44件で総発電量は4万1605キロワット。
近畿地方で1万2000キロワットの水力発電が
1件認可された以外はすべて太陽光発電という。

太陽光発電所は今秋以降に完成が相次ぎ、年度末までに
計250万キロワット超になる見込み。制度導入前の再生エネ
(大型水力を除く)の発電能力は1945万キロワットのため、
新制度導入によって1割強増える計算になる。

1キロワット時当たりの買い取り価格は発電規模によって
異なるが、太陽光は1キロワット時=42円。期間は
出力10キロワット以下の太陽光が10年間、他は20年間。
価格と期間は毎年見直されるが、認定を受けた年度の
価格と期間が固定される。

電力会社は買い取り費用を電気料金に転嫁するため、
7月以降の標準家庭の電気料金は75〜111円(平均87円)上がる。
【丸山進】



コメントです
この記事も先の記事と同様、耳障りのいい
内容ばかりが強調されています。


posted by salsaseoul at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本・政治 経済

再生エネルギー買い取り7月1日スタート 発電事業に企業参入相次ぐ

再生エネルギー買い取り7月1日スタート
発電事業に企業参入相次ぐ

SANKEI BIZ 2012年7月1日
bsg1206300503008-p1.jpg
茨城県神栖市にある風力発電所(ブルームバーグ)

太陽光や風力などで発電した電力を電力会社が買い取る再生可能
エネルギーの全量買い取り制度が7月1日、スタートする。
買い取り価格が高めに設定されたことで、企業の発電事業への
参入が相次いでいる。経済産業省が買い取り対象として
認定した大規模太陽光発電所(メガソーラー)、風力発電などの
発電容量は28日時点で計約4万1600キロワットに上り、
今年度は原発2基分相当の250万キロワットにのぼると試算している。

1キロW時当たりの買い取り価格と期間は太陽光が42円で20年間、
発電容量20キロワット以上の風力が23.1円で20年間、
1万5000キロワット以上の地熱が27.3円で15年間−など。
経産省がすでに認定した施設は全国で計44件で、今年度中に
再生エネ発電容量は現在の計約1950万キロワットから
約2200万キロワットに拡大する見通しだ。

「太陽光発電の普及に向けた歴史的な転換点になる」。
太陽光発電協会の片山幹雄代表理事(シャープ会長)は
29日の会見で、買い取り制度をこう評価した。同協会では、
太陽光発電の累計発電容量は2010年度で350万キロワット
だが、30年度には1億キロワットに拡大、国内電力消費量の
10%を賄うと予測する。

実際、太陽光発電への参入事業者は相次いでいる。
ローソンは29日、14年2月末までに全国の2000店で
導入すると発表したほか、ヤマダ電機も来年3月までに
約300店の店舗の屋上に設置する方針だ。
太陽電池メーカーでも京セラとシャープはそれぞれ鹿児島県や
栃木県などでメガソーラーを自ら建設、発電から売電まで
手がける事業に乗り出す。太陽電池価格の価格下落に
よる収益悪化を発電事業で取り戻したい考え。

三井化学は三井物産などと共同で、出力5万キロワットの
メガソーラーに加え、6000キロワットの風力発電も建設する。
ただ、風力発電は風況などの事前調査が必要なため、
太陽光と比べて出足は遅いようだ。

地熱発電の計画も動き出している。国立・国定公園内での
建設を条件付きで認める政府の規制が緩和されたためだ。
出光興産や三菱商事などの9社連合が福島県で開発調査の
意見交換を開始。北海道でも丸紅や石油資源開発がそれぞれ
地元合意を前提に調査を検討している。天候に左右される
太陽光や風力に比べ地熱は稼働率が7割と高く、安定電源に
期待されるだけに、これまでの海外でのノウハウを国内市場でも
生かしたい考え。ただ、買い取り費用を電気料金に転嫁する
「賦課金」(サーチャージ)は毎年度見直す方針。加えて、
再生エネの発電設備が急増し電気料金が大きく上昇すれば、
買い取り価格そのものも見直す可能性もあり、発電事業の
リスク要因となることもありそうだ。

■再生可能エネルギー事業を展開する主な企業

 ソフトバンク     7月1日から京都府と群馬県で
             メガソーラー稼働

 ローソン       2014年2月末までに全国の店舗
             2000店で太陽光発電導入

 ヤマダ電機     来年3月までに約300店舗に
             300億円を投資し太陽光発電設置

 森トラスト      福島県のゴルフ場に40億円を投資し
             1万キロワット規模のメガソーラー建設

 ミサワホーム    自社施工の戸建て住宅や賃貸住宅の屋根を
             借り太陽光パネルを設置して売電事業を検討

 日本製紙グループ本社    木質チップや廃材などを利用して
                   バイオマス発電

 三井化学      三井物産や東芝など6社と共同で愛知県
             田原市に出力5万キロワットのメガソーラーと
             6000キロワットの風力発電所を建設

 出光興産      三菱商事、住友商事など8社と共同で
             福島県に地熱発電所建設を検討



コメントです
生エネルギーの買い取り制度が、7月1日に
スタートした話題です。
この制度、エネルギーの確保を火力・原子力発電
だけに頼らないという点では肯定できますが、
電力会社の買い取り価格が高いため、結果的に
電力会社は買い取り費用を電気料金に上乗せし、
実質、多くの家庭では負担が増します。
そうなると、いったい誰が利益を上げ、そして
誰が増えた負担を背負うことになるのでしょうか?
本来の目的である再生エネルギーの活用
注意が集中しすぎて、他のつじつまが合わない
問題点がうまく隠蔽されているような記がします。



posted by salsaseoul at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本・政治 経済